フォト
無料ブログはココログ

輿水酒店ホームページ

2018年1月23日 (火)

家内喜多留!

182_l

平成30123()三島市輿水酒店輿水誠司

 

 結納を交わす時の目録にある「家内喜多留」をご存知でしょうか。

これは日本酒のことを指します。

嫁が来るという縁起を担いだ当て字でもありますが、「柳樽」の当て字でもあり、「やなぎだる」と読みます。

現在は酒樽は杉で作りますが、昔は板に丸みをつけて削るカンナが無く、杉材では酒が漏れてしまうので、室町時代までは柳の木で酒樽を作っていたそうです。

柳は水で膨張し、樽から水が漏れないという特徴を活かしていたそうです。

 

2018年1月22日 (月)

絵本 すずちゃんののうみそ!

Img_0665_002

平成30122()三島市輿水酒店輿水誠司

 

 輿水酒店のお客様が著者の絵本です。

帯には

「保育園のお友だちの疑問に、すずちゃんママがお手紙で答えました。自閉症のことが、すーっとわかって、ちょっと身近に感じるお話です。」

 

「ねえ、すずちゃんママ、すずちゃんは、どうして年長さんなのに、くつを一人でははけないの?」

大人だと聞きにくい障害のこと。

子どもたちはすずちゃんと仲良くしたい、すずちゃんのことを知りたい、というシンプルな理由で、くったくなく質問してくれます。

そして拍子抜けするほどずーっと受け入れてくれるのです。―「あとがき」より

 

 

2018年1月21日 (日)

ビールの泡!

平成30121()三島市輿水酒店輿水誠司

 

 ビールの泡は見た目に美味しさにも充分貢献していますが、この泡は炭酸のなせる技です。

では、ビールもコーラの泡も同じシュワシュワして炭酸ですが、コーラの泡はすぐに消えていき、ビールの泡が長持ちするのはなぜでしょうか。

それはビールのホップに含まれる苦味の成分と麦芽に含まれるタンパク質が表面の泡に吸着することで、粘り気が強くなるからだそうです。

この粘りがきめ細やかな泡立ちを保ち、泡と泡がクリーム状になって消えにくくなるそうです。

コーラなどの炭酸飲料にはそうした成分が全く含まれていないそうです。

2018年1月20日 (土)

大根の色!

平成30120日(土)三島市輿水酒店輿水誠司

 

 生の大根は白色ですが煮たりおでんの大根は透明に見えます。

大根は白い色素を持っているわけではなく、大根の表面に無数の小さな穴があいており、その中に含まれた空気に光があたって乱反射を起こすことで、人の目に届くまでに白い色として見えるといわれています。

しかし、大根を煮ることで中の空気が外に出されてしまうので、煮ることで本来の透明な色が見られるというわけだそうです。

2018年1月19日 (金)

インタビュー!

平成30119()三島市輿水酒店輿水誠司

 

昨日は地元活性化協会さんの方がインタビューに来店してくれました。

地元活性化協会さんとは文字通り地元を活性化するために地元会社の社長にインタビューして、その記事をホームページやフェイスブックなどで紹介してくれるそうです。

午前9時にご来店されたのですが仕事や趣味などで話しが盛り上がり、2時間以上話しました。

どんな記事になるのか楽しみです。

2018年1月18日 (木)

日本名門酒会!

Img_0664_002

平成30118()三島市輿水酒店輿水誠司

 

 昨日は日本名門酒会の新春新酒顔見会「しぼりたて試飲会」がありまして東京へ出張してきました。

70アイテムの「新酒しぼりたて」を試飲しました。

既にしぼりたてのお酒は10種類ほど仕入れてありますが、半分が完売になり、新たに仕入れ様と思い真剣に味見してきました。

初めて飲むお酒もあったり、また久しぶりに飲むお酒もあったりしてメモやチェックをしながら試飲しました。

チェックしたものや気になったお酒をもう一度試飲したりして、結局2時間ぐらいかけて試飲しました。

3~5種類ぐらい新たに仕入れたりして、今月末の輿水サロン試飲会にも出してみたいと思います。

 

 

2018年1月17日 (水)

にごり酒 天龍!

P1100483_convert_20151209093927_2

平成30117()輿水酒店輿水誠司

 

 輿水酒店では「伊豆のにごり酒」の他に「天龍にごり酒」も人気あります。

長野県飯田市の喜久水酒造さんのお酒、「天龍 にごり酒」です。

この冬の時期は、各蔵、続々とにごり酒が出てきます。

酸味のバランスが良く、甘すぎない味わいが人気になっています。

にごり酒といえども、飲み飽きしないスイスイ飲めてしまうタイプの、飲み口のイイにごり酒です。

コンテストにて金賞受賞しています。

2018年1月16日 (火)

越後鶴亀!

Img_0641_002

平成30116()三島市輿水酒店輿水誠司

 

 新潟は柏崎の新酒しぼりたてが入荷しました。

「越後鶴亀 しぼりたて純米吟醸生原酒」です。

大きなタンクではなく、小仕込みで醸した純米吟醸生原酒です。

通常、手間暇の掛かる小仕込みは大吟醸クラスのお酒でやるのですが、贅沢な純米吟醸です。

旨味と酸味が調和し新酒ならではのフレッシュな香りと味わいは堪能できます。

ラベルの中心に小さく鶴と亀が描かれています!縁起良いお酒ですね!

 

 

2018年1月15日 (月)

テーブルナイフの先は丸い!

23_b

平成30115()三島市輿水酒店輿水誠司

 

 包丁などと同様にナイフは先がとがっている方が食材を切りやすいですし食べやすい印象があります。

しかし、テーブルナイフの先は一様に丸みをおびています。

実は昔のテーブルナイフは包丁同様に先はとがっていました。

先が丸くなったのは1630年頃といわれています。

では、なぜ先が丸くなったのか?

当時、公式の食事の場であっても、なかにはマナーの悪い者もいて、食後ツマヨウジ代わりに(シーシー…)、ナイフのとがった先端でやるやからがいたそうです。

一応、来客なので叱るわけにもいかず、ナイフの形を変えるアイデアを採用したそうです。

それを指示したのがフランスのルイ13世だったそうです。

由来にビックリしました。

 

2018年1月14日 (日)

千鳥酢!

P1100594_convert_20160213094758

平成30114()三島市輿水酒店輿水誠司

 

日経新聞にも取り上げられた京都の千鳥酢です。

「ツーンとこないまろやかな京都の米酢」として人気のあります「千鳥酢」は、お酢の苦手な方からの支持も多い逸品です。

酢酸とクエン酸だけではなく、揮発しにくい旨み成分がたっぷり含まれているので、お酢特有のツーンとした香りがなく、とてもまろやかで絶妙な味わいです。

「料理のプロ50人が選ぶ調味料ランキング」でも「基本のさしすせそ」のイチオシ商品として選ばれました。

ちらし寿司にもいかがでしょうか!

 

2018年1月13日 (土)

モルトのロールスロイス!

P1100577_convert_20160125111123

平成30113()三島市輿水酒店輿水誠司

 

 人気のマッカランです。

 百貨店のハロッズが出版している「ウイスキー読本」に

『シングルモルトのロールスロイス!』

と紹介されている記事があります。

ゴージャス感な感じでしょうか。

「舌にからみつくようにまろやかで、シェリーの芳醇な香りがかすかにただよい、じつに心地よい飲み心地だ。」と評されています。

この素晴らしい風味は、原料に最高級の大麦を使用しているのが第1の理由です。

更にシェリー樽の吟味、こだわりの蒸留機でガスの直火焚きから生まれています。

(どのシングルモルトがイイだろうか?)とお悩みの方は、まずこのマッカランをお試しになってはどうでしょうか!

ロールスロイスも一度乗ってみたいです。

2018年1月12日 (金)

加藤清正由来!

Img_0640_002

平成30112()三島市輿水酒店輿水誠司

 

 山形県の銘酒「大山」(おおやま)です。

酒蔵は加藤嘉八郎酒造です。

この酒蔵はあの加藤清正由来の酒蔵です。

清正の嫡子加藤忠広は熊本53万石の大名でしたが、豊臣恩顧の大名と云うことで、江戸時代になり徳川幕府により改易されてしまいます。

そして一族は庄内藩(山形県)に引っ越しを余儀なくされてしまいました。

そしてその子孫が食べていくために始めたのが「造り酒屋」です。

その後、幾つかに分家により引き継がれ、その末裔が加藤嘉八郎酒造です。

由緒ある藏元です。

2018年1月11日 (木)

お試しできます!

Img_0639_002

平成30111()三島市輿水酒店輿水誠司

 

 日本盛さんから出ている米ぬか成分を活かした「米ぬかコラーゲンジェル」です。

米ぬかエキス、コメ発酵液による天然保湿成分、と4つのコラーゲンからなる保湿ジェルクリームになります。

洗顔後に適量を手に取り、肌に優しくなじませて下さい。

ぷるぷる保湿効果があるそうです。

また店頭で「お試し!」ができますので、宜しかったらお使い下さい!

ベタつかず、なめらかで、油っぽさが無いのでつけ心地がとっても良いです。

是非お試し下さい!

2018年1月10日 (水)

ミニチュアウイスキー!

P1100578_convert_20160126104045

平成30110()三島市輿水酒店輿水誠司

 

ウイスキーやリキュールなどのミニチュアボトルです。

そんなに沢山売れるモノでもないのですが、ちょこちょこ売れだしています。

コレクションとしてミニチュアボトルを集めている収集家の人達もいます。

また、小粋でちょっとしたプレゼントとしてもオシャレだと思います。

飾りとして並べて置くの絵になると思います。

 

2018年1月 9日 (火)

ルーデュモン!

Img_0638_002

平成3019()三島市輿水酒店輿水誠司

 

 昨晩、NHKのテレビ番組「プロッショナル 仕事の流儀」という番組を見ました。

輿水酒店も仕入れさせてもらっているフランスのブルゴーニュのワイナリーが出ていました。

なぜテレビにドキュメンタリーされたかといいますと、日本人がフランス・ブルゴーニュのワイン造りで成功しているからです。

その方は仲田晃司さんといいまして、元々日本レストランアルバイト勤務していたのですが単身フランスに渡りワインを勉強してワイナリーいたそうです

ったサムライ醸造家として、こうしてしばしば雑誌やテレビなどでも登場しています

仲田さんに東京で一いしただけなのですが律儀でこうして毎年年賀状ってくれます

その誠実さがテレビの画面からも伝わってきました。

地元のお祭りや行事にも参加して、ブルゴーニュの地に根を張った活動は、地元の人たちから愛されている様子が伝わってきました。

仲田さんの情熱と人柄が伝わる素敵な番組でした。

テレビ仲田さんのワインいたくなった是非輿水酒店にご注文を!()

 

 

2018年1月 8日 (月)

わが心、カロンにあり!

P1100591_convert_20160209105227

平成3018()三島市輿水酒店輿水誠司

 

フランスはボルドーの格付けされている著名なワイナリーです。

ハートマークの御馴染み、ボルドーの「シャトーカロンセギュール」の手掛けるセカンドラベル「ル・マルキ・ド・カロン・セギュール」です。

このハートのエチケットには特別な想いが込められています。

18世紀、カロン・セギュールのシャトーと共にラフィットやラトゥールの(超高級&超有名)シャトーを所有していたセギュール侯爵が言い放った言葉

『われラフィットやラトゥールをつくりしが、わが心カロンにあり!』

といいます有名な逸話があります。

超高級シャトーにも負けない愛情がカロンに対してあり、そのセギュール侯爵の思い入れようを表わすのが、エチケットのハートをあしらったラベルです。

結婚式やバレンタインやバースデープレゼント、彼氏彼女へ、想いを伝えたい!

2018年1月 7日 (日)

お参り!

Tokyo_daijingu

平成3017()三島市輿水酒店輿水誠司

 

 東京の飯田橋に東京大神宮といいますパワースポットがあります。

ここは日本で初めて神前結婚式が行われたことから、縁結びのパワースポットとして知られ若い女性達に人気があるそうです。

神様は皇室の原点とされる天照大神が祀られていて、れっきとした伊勢神宮の分祀にあたります。

ですから(伊勢神宮へのお参りは遠いなぁ~)と思う方には「東京大神宮」へどうぞ!とオススメポイントに紹介されていました。

ちなみに六本木ヒルズの麓に縁結びで有名な「出雲大社 東京分祠」があるそうです。

 

2018年1月 6日 (土)

寝正月と老化が!

平成3016()三島市輿水酒店輿水誠司

 

 テレビでやってました寝正月と老化につきての現象をやっていました。

日本筋力トレーニング推進協会によりますと、

1日ゴロゴロと寝正月を過ごすと0.5%の筋力低下が見られます。

それが2日で1%。成人が1年で低下する筋力の平均も1%なので、たった2日で1年分の筋肉量を失われる計算になるのです。」

ということでした。

人は日頃から重力に逆らって手足を動かすことで筋力を使いますが、寝ている特はほとんど筋力を使わないので、どんどん筋力の低下につながってしまうそうです。

う~ん、動こうっと!

2018年1月 5日 (金)

沼津経営塾!

平成3015()三島市輿水酒店輿水誠司

 

 昨日は沼津経営塾の勉強会でした。

まだ、文化センターがお正月休みだったため、沼津電話工事さんの会社で行いました。

新年ということで、皆で今年の目標を話したりしました。

そしてその後、懇親会です。

その際に富士宮のレッドパールの佐野さんが自分の農園のイチゴを持参してくれたのですが、大きさにビックリです。

普通のイチゴの5倍ぐらいあろうかという大きさです。

しかも甘くて美味しいのです。

一気にガブついて頬張ると、ジューシーさがハンパなく、果汁が滴り落ちてきました!
インパクト凄かったですね

直売所をお持ちなのですが、とても繁盛しているそうです。

味と見た目のインパクトでそれも納得でした。

 

2018年1月 4日 (木)

こしみず通信・新年号!

Img_0637_002

平成3014()三島市輿水酒店輿水誠司

 

 こしみず通信・新年号が出来ました。

今月号は「立春朝搾り」のお知らせと予約案内。

かちこし!のお知らせと予約案内。

日本酒はつしぼり、あらばしり試飲会のお知らせ。

街頭募金のご協力のお礼。

NHKでワインの放送のご案内。

などなどです。

お正月気分でまごまごしてますと、あっと言う間に一月終わってしまうので、スタ-トダッシュでいきたいと思います。

張り切っていきます!

2018年1月 3日 (水)

立春に向けて!

平成3013()三島市輿水酒店輿水誠司

 

二月の立春に向けて準備を始めました。

輿水酒店にとって立春朝搾りは一大行事です。

立春朝搾りは毎年恒例の日本酒の行事になっています。

節分の翌日2月4日が立春になります。

そのおめでたい立春の日に「立春朝搾り」という日本酒が限定発売されます。

島田の大村屋酒造場さんが、立春に合わせて丁度美味しく仕上がるように仕込んだお酒です。

私も夜中に三島を出発し、大村屋酒造場さんで早朝よりラベル張りや箱詰めのお手伝いをします。

その立春朝搾りを神社で正式に奉納とお祓いをする大変縁起の良いお酒でもあります。

その後直ぐに車に積んで三島まで持って返ってきて予約頂いた方にお渡ししています。

正に究極の超フレッシュな搾りたての日本酒です。

本当に美味しくてリピーターの多いお酒です。

多くの方に味わってもらいたいオススメのお酒です。

2018年1月 2日 (火)

GRIT!

Img_0634_002

平成30年1月2日(火)三島市輿水酒店輿水誠司

 今日は朝イチ、うなぎの桜家さんへ納品のあと、隣の三石神社で御祈願!

数カ所、お年賀にいってきまして、夕方、もう一件配達でした。

店に戻って「こしみず通信」の記事を途中まで書いてきました。

夕飯食べて、初読書です。 読書は「GRIT やりぬく力」です。

今年は「実践、且つ、やりくる」でいきます! 頑張ります!

2018年1月 1日 (月)

一年の計は元旦にあり!

Img_0633_002

平成3011()三島市輿水酒店輿水誠司

 

 あけましておめでとうございます。

本年もどうぞ宜しくお願いします。

 

今年も新年最初の始動は早朝掃除です。

今年も1年間、早朝掃除を習慣として継続していく決意をあらためて誓いました。

一年の計は元旦にあり、今日はじっくり1年の計画を考えたいと思います。

また、新年初仕事、ありがたいです、樽酒の納品にも行ってきます。

 

2017年12月31日 (日)

街頭募金!

Img_0630_002

平成291231()三島市輿水酒店輿水誠司

 

  大晦日恒例の街頭募金を行いました。

友人達10数名が広小路と本町に別れて行いました。

12時から1時まで1時間、途中雨がぱらついたりしまして寒かったですが、お天気何とかもってくれて良かったです。

募金は今年も例年同様に「ガンの子供を守る会」に寄付させていただいてます。

わざわざ足を止めて募金して下さる方々の優しさに、毎度ジ~ンとします。

心から(ありがとうございます。)という感謝の気持ちが湧いてきました。

また、事前に募金を持ってきてくれた友人がいたり、ご近所のお知り合いの方が何人も募金して下さり本当に嬉しかったです。

1年の締めくくりにふさわしく、仲間と素敵な時間を過ごすことができました。

2017年12月30日 (土)

旨安大賞ワイン!

Img_0629_002

平成291230()三島市輿水酒店輿水誠司

 

 南フランスはルーションのワインです。

「ノヴェラム・シャルドネ」1,685

「ぶどう品種シャルドネをヴィオニエのオリとバトナージュすることで予想異常に良い華やかなワインに!」仕上がったそうです。

雑誌「リアルワインガイド」にて「旨安大賞」を受賞したワインです。

ミネラル感たっぷりの味わいは和食にも合います。

 

2017年12月29日 (金)

2018へ!

Img_0627_002

(沼津経営塾ブログ当番と同じ内容になります。)

平成291229()三島市輿水酒店輿水誠司

 

 2018年来年の年賀状が一足早く昨日届きました!

フランスからのエアメールです。

フランスのブルゴーニュでルー・デュモンといいますワイナリーを経営する仲田晃司さんからです。

仲田さんのルーデュモンとは5年前からのお付き合いでブルゴーニュワインを中心にボージョレ・ヌーヴォーや最近ではスタジオジブリとコラボしたワインなどを販売させていただきました。

私は仲田さんに東京で一度お会いしただけなのですが、律儀な方でこうして毎年年賀状を送ってくれます。

元々、日本でレストランにアルバイト勤務していたのですが、単身フランスに渡りワインを勉強してワイナリーを開いたそうです。

海を渡ったサムライ醸造家としてしばしば雑誌やテレビなどでも登場します。

実は今度201818()10時からNHKでも特集されます。

人気番組の「プロフェッショナルー仕事の流儀」という番組です。

ご興味有りましたら是非観てください。

テレビを観て、仲田さんのワインが買いたくなった方は、是非、輿水酒店にご注文を!()

 

と来年のことをのたまっていますが、輿水酒店はまだまだ年末年始、慌ただしいです。

輿水酒店の年末年始の営業は大晦日夜7時まで営業、閉店後に大掃除、それも終わって除夜の鐘を聞きながら年越しそばをいただきます。

元旦はお休みです。

2日から飲食店配達開始、4日から店頭販売開始になります。

そして正月3が日が明けましたら、こしみず通信新年号を発送してスタートダッシュをかけたいと思っていますので同時進行で準備をしている次第です。

 

だいぶ宣伝になってしまいましたが、今年最後まで気を抜かず、乗り切っていこうと思います。

皆様も体調管理など、お身体気遣いながら年末年始をお迎えくださいませ!

1週間にわたり、皆様からとても温かいコメントいただき、誠にありがとうございます。

 

明日から高橋さんが年越しブログ当番をつとめてくれます。

高橋さんどうぞ宜しくお願いします。

 

2017年12月28日 (木)

大晦日の街頭募金!

(沼津経営塾ブログ当番と同じ内容になります。)

平成291228()三島市輿水酒店輿水誠司

 

 今年も残りわずかですね。

沼津経営塾では大晦日に恒例の行事があります。

大晦日のお昼から約1時間街頭募金を行います。

もう10年以上続けて行ってきました。

 

今年も例年通り

1231()12

輿水酒店集合

1時間、本町大通りの静岡中央銀行さんの横でやらせていただく予定です。

銀行さんと商店街の方にも告知と許可を貰って行います。

ご都合の宜しい方は、是非ご参加の程、宜しくお願いします。

 

経営塾で募金活動に誘って貰い、続けて行ってきて本当に良かったなぁと思っています。

最初は大きな声を出す恥ずかしさもあるのですが、慣れてくると一所懸命になっている自分がいます。

それは、募金してくれる方々の優しさが伝わってくるからだと思います。

わざわざ足をとめて募金してくれる人達、心に思うことがあって、それを私たちに託してくれます。

大きな荷物を抱えているのに、足を止め荷物を降ろし「大晦日にご苦労様」と声をかけてくれた女性。

「私の子供もガンだったの…」と涙ながらに募金してくれた年配のお母さん。

一旦通り過ぎたのに戻ってきて「気になっちゃって…」とGパンから財布を取り出した若者。

「街頭募金行けないけどコレ頼む」と事前に募金を託してくれた友人。

本当に毎年毎年大晦日に街頭募金の思い出が積まれてきました。

募金もありがたいですが、それ以上に温かい優しい気持ちに触れられることが嬉しいです。

私も温かい優しい気持ちを人に与えられるようになりたいですし、人のお役に立てたら、こんなに嬉しいことはありません。

自分の小さな力でも、誰かにどこかで貢献することができる!と思えたこと、とても勇気をいただきました。

今年も大晦日、どうぞ宜しくお願いします。

 

 

2017年12月27日 (水)

こしみずサロン!

(沼津経営塾ブログ当番と同じ内容になります。)

平成291227()三島市輿水酒店輿水誠司

 

 11月末に今年最後の無料試飲会を輿水サロンで行いました。

今年は輿水サロンにて日本酒試飲会5回、ワイン試飲会3回を開催しました。

参加人数は毎回20~30人ぐらいです。

始めた当初は人数が少なく、続くか心配でしたが、継続することで徐々に人数も増え、現在に至っています。

一番良かったと思うのは、お客様とお話する機会になり、親しくなったり距離が近づいたことが何より嬉しいです。

こしみず通信に時おり掲載する「今月のおすすめ」商品の注文も、試飲会参加者の申込率はかなり高くなってきました。

ただ、この様な形式での無料試飲会は、規模をこれ以上は広げないつもりでいます。

もともと普段お買い上げ頂いているお客様に、好みの味を探してもらうサービスとして、年に数回試飲の機会を提供し、気に入ったお酒を買ってもらおう、という趣旨で始めました。

お客様と親しくなれたことは予想を超えて嬉しかったですし、特に無料ということを強調して変な方向に誘導したくない気持ちがあります。

開催の告知もこしみず通信で通知するのみにしています。

無料試飲会は押し売りもしませんし、試飲したら買う義務もありません。

それでも、ほぼ全員の方が試飲後にお酒を購入してくれることは本当にありがたいです。

特に明確な線引きをしていませんが、こうした微妙な信頼関係のお陰で継続することができていると思っています。

この状態が崩れて、目的に見合わなくなった場合は無料試飲会の止め時でもあると思います。

お客様と親しくなることや、信用してもらうことが、店にとっても私にとってもプラスなことなので、こしみずサロンに人が集まってくれるような企画をこれからも提案していきたいと思います。

お酒以外でも地域の会合として提供したりして、太陽のように明るく皆が集まってくれることを目指していきたいと思います。

 

2017年12月26日 (火)

輿水の文化を店に反映していく!

(沼津経営塾ブログ当番と同じ内容になります。)

平成291226()三島市輿水酒店輿水誠司

 

 この年末はクリスマスやお歳暮、年末年始の贈答品などギフト仕様が当然に多くなっています。

輿水酒店でもギフト仕様の商品の種類や数を増やすと共に包装やラッピングにも気を遣うようになってきました。

ラッピングのバリエーションを写真に撮ってメニュー風に作成しました。

また写真だけでなく、実際にラッピングしてあるボトルも幾つか売り場に並べてアピールするようにしました。

メニュー表は実際に昨年から使用していますが、お客様の反応や意見を聞きながら、多少メニュー変更したり追加削除等したりしています。

面白いのは、お客様はラッピングをチョイスした後もメニュー表を見てくれることです。

私はよくファミリーレストランなどで、自分の食べるのはチキンカツ定食と決めた後に、他のページのハンバーグやシチューの美味しそうな写真を眺めてしまいすが、その感覚に近いのかもしれません。

ですから、選ぶのは一つだとしても華やかさを演出するために、メニューのボリュームを増やしていこうと思います。

また、ラッピングを待っている時間の工夫も大事になってきます。

ラッピングを行っている時間を長く感じさせないためにも、工夫が必要になってきます。

現在は世間話など会話しているか、店内で他のお酒や商品を見回ったりすることが多いです。

今後考えているのは、輿水酒店や私個人を知って貰うような小さくてもコーナーを作ろうかと思っているのがどうでしょうか。

そこには経営塾で行った「よしもと劇場」や「年末街頭募金」の写真や記事。

また輿水酒店で行っている「試飲会」「ワインセミナー」の写真。

また過去の「こしみず通信」や歴代の「エイプリルフール」の写真などを掲載したいです。

この年末年始が終わったら、模様替えして反映させていこうと思います。

その他にも皆さんからご意見やアイデアを募集してしていますので、なんなりとおっしゃってください。

2017年12月25日 (月)

戦場の援護射撃!

(沼津経営塾ブログ当番と同じ内容になります。)

平成291225()三島市輿水酒店輿水誠司

 

 昨日書いた「大人のワイン会」ですが、アクシデントが幾つかありました。

 当日キャンセル1名。

 連絡ミスで開始直前に2名増える。

 遅れて来る方の分のワインが足りなくなる。

 酔った方の話し声が大きめ。

 

普段慣れている輿水サロンなら、いくらでも修正や誤魔化しもきくかもしれませんが、慣れていないアウェイであり、待ったなしの戦場です。

 1名キャンセルは想定の出来たことなので、残念ではありますが、大きな問題はありません。

 急遽2名増は想定外です。2名の申込が漏れていて、開始直前に気付いたそうです。

ワインとグラスについては予備がありましたが、食事がありません。

予算の都合もあり、予備を用意しませんでした。

1名キャンセルで2名増員なので、1名分の食事が足りません。

会の始まる直前に分かったことで、食事の追加も間に合いません。

私はこれは誤魔化しきかないので、「事情を説明して、テーブルの仲間の方々にお料理シェアして貰ったらどうでしょうか?」と提案しました。

しかし、それはそれで諸問題があるようで、主催者が提案してきたのは「参加費をお返しするので、その方にお食事を我慢お願いできないでしょうか? 輿水さんのお知り合いの中で誰か頼めませんか?」というものでした。

(困ったなぁ…)というのが正直な気持ちです。

と、言いますのも、事前に、今回の「大人のワイン会」、参加者数10名未満の場合は開催されませんと聞いていたので、私はお客様や知人友人達に「是非、来てぇ~」と必死に頼んで来て貰ったのです。

申込24名中12人が輿水酒店のお客様や知人友人なのです。

せっかく来て貰った方に「悪いけど…」と切り出すのは本当に忍びないです。

しかし、他のよい選択肢もありません。

覚悟を決めて誰か一人にお願いすることにしました。

私が勝手に白羽の矢を立てたのは、小野ちゃんまんです。

小野さんは私が「大人のワイン会」やることに率先して応援してくれて、しかも奥様も連れての今日の参加です。

しかもあろうことか、この日はなんと小野さんの誕生日だったのです。

大変な失礼を承知で、私は小野さんに事情を話し「食事無し!」をお願いしました。

「ゴメン、小野さん!」と…。

 

すると、どうでしょう…。

あの温厚な小野さんの顔面が見る見るうちに紅潮し!

眉と目は鬼のようにつり上がり!

そして持っていたカバンを最上段から床に叩きつけ!

「ふざっけんなー、この野郎-!」

と、大声で怒鳴りまくる…

 

と、いう様な事も全く無く、いつもの笑顔で、

「い~よい~よ、わかったぁ!」

と快諾してくれたのでした。

(ありがとう 小野さん)

お言葉に甘えさせていただきました。

そして③遅れてきた2名の方のワインについては、予備のワインを追加することでこと足りました。

そして④一部の方の私語の話し声が少し大きめなのです。

私も会場の良い雰囲気を保つことと自分のペースを崩さないようにそれ以上に大きな声で話します。

しかし(私の話に耳を傾けてくれないのだな…)と思うとテンションが徐々に下がってきます。

とその時、ふと気になって、視線の方向を変えると、大きくうなずきながら(話しを聴いてるぞ~)とサインを送る小野さんが目に入りました。

私の心情を察してくれてのありがたいサインです。

苦しい時の仲間からの援護射撃、いやぁ~本当に助ったぁ~!

あの戦場で、小野さんが仏様イエス様に見えました!

宗教違うけど戦場の援護射撃!

メリークリスマス! ミスター・オーノ!

«大人のワイン会!