フォト
無料ブログはココログ

輿水酒店ホームページ

2017年9月23日 (土)

September輿水酒店!

(沼津経営塾ブログ当番と同じ内容になります。)

平成29923()三島市輿水酒店輿水誠司

 

おはようございます。

輿水です。

小野さんからタスキを引き継ぎました。

今日から1週間、ブログ当番担当させていただきます。

どうぞ宜しくお願いします。

 

今月の輿水酒店では幾つかイベントや案内の企画をしています。

日本酒関係では、限定日本酒の発売、秋のお酒「ひやおろし」の案内と「ひやおろし試飲会」

ワイン関係では、「フランスに渡ったサムライ醸造家」と「スタジオ・ジブリ」のコラボワイン、「Septemberワイン試飲会」、「ヌーヴォー、新ワインの予約受付」などなどです。

こういう催しを通して、お客様がお酒を購入する機会の創出につながったらイイなと思っています。

 

輿水酒店の特徴の一つでもあります「試飲会」は、重要なイベントのひとつです。

先週の土曜日に、日本酒「ひやおろし試飲会」を行いました。

そして今日夕方からは「Septemberワイン試飲会」を行います。

もし、お時間ありましたら、今日夕方430分から6時まで行っていますので、試飲や見学のご参加をしていただき、ご意見貰えるとありがたいです。

 

今年に入り、日本酒試飲会は4回を数え、ワイン試飲会は2回目になります。

試飲会の目的は、「お酒の販売促進」の意味合いもありますが、同時に「お客様と親しくなるためのコミュニケーションの場」にしていきたいと思っています。

また、アンケートも活用し、お酒の感想や好みの順位をつけてもらい、それを集計してランキングボードや「お客様の声」として店内に掲示させてもらったりしています。

はじめた当初は集客もままならず大変でしたが、継続して行って改善してきたことで徐々に参加者も増えてきまして、今のカタチになってきました。

ただ、至らない点も多々ありますし、マンネリ化しないように新たな工夫も加えていかなければいけません。

徐々にではありますが積み足し、積み足し、良い方向へ進めていきたいと思っています。

そして今までのお客様のご協力や応援を少しでもお返しするべく、それ以上に私自身「お客様を応援する」ことを心がけて行動していくことを肝に命じています。。

また、こうしたイベントは準備から後片付けまで、どうしても労力がかかってしまいます。

今回も2週連続の「試飲会」となり、お店のスタッフにかなりの負担をかけてしまっています。

その分、(やって良かった)という結果を出すことが私の責任でもありますので、これからも心して取組んでおうと思います。

 

もし、お時間ありましたら、今日夕方430分から6時まで行っていますので、試飲でも見学でも参加していただくとありがたいです。

まだまだ至らない点が多々ありますので、その点もご指導、アドバイスのほど宜しくお願いします。

 

2017年9月22日 (金)

沼津経営塾13周年記念イベント!

Img_0517_002

平成29922()()輿水酒店輿水誠司

 

 昨日、友人の小野さんが沼津経営塾13周年記念のチラシを持参してくれました。

 

沼津経営塾13周年記念イベント

1013()19時~21時 沼津ラクーンよしもと劇場

1部参加費3,000円 第2部懇親会参加費 2,500

 

私も友人や知り合いに声をかけて、一人でも多くの人に来て貰いたいです。

さてイベントの内容ですが、MCを「住みます芸人」富士彦さんです。富士彦さんのツッコミには毎回感激モノで、今回もどんな舞台廻しをしてくれるのか楽しみです。

次に漫才を2組、やはり「住みます芸人」のチューリップさんとヌマンズさんがやってくれます。

今は静岡のテレビ等でも活躍していますし、メジャーTV進出にも期待大です。

そしてもう一組は既にメジャーTVにも出演している「A」さんがゲストです。

その「A」さんが誰か?は当日発表ですのでお楽しみに。

某TV番組の24時間マラソンランナーを当日発表というカタチでひっぱっていましたが、二番煎じ?

そしてその後、私達経営塾メンバーも出演する吉本新喜劇です。

緊張しますが気張ってやります!

そして最後は我らが講師の杉井先生の講話です。

コチラもユーモアたっぷり笑顔になるお話です。

 

皆さんに笑顔を届けられるよう、私達一同、張り切ってやりたいと思いますので、是非皆さん、笑いに来て下さい!

2017年9月21日 (木)

雪の中で寝かせたお酒!

Img_0514_002

平成29921()三島市輿水酒店輿水誠司

 

 新潟の銘酒、越の誉さんから出た秋限定ひやおろし「雪の中で寝かせたお酒」という素敵なネーミングのお酒です。

実際にお酒を雪室の中で250日も貯蔵していたお酒です。

だから何?と言われそうですが、雪の中で寝かせる効果があるのです。

雪室の中は室温0~3度湿度100%と一定の室温と湿度が保たれ、更に冷蔵庫との違いは、無振動、遮光性、そして空気の対流が無い静寂な空間、という環境があり、穏やかに熟成させるにはもってこいの条件がそろっています。

新潟と言えば雪国。

お米やお水だけでなく、雪をも地元のものを活かす、というコンセプトも素敵ですね。

冬は雪ともに共生してきた、「地元の知恵」いっぱいのアイデアです。

 

2017年9月20日 (水)

試飲会アンケート!

Img_0515_002

平成29920()三島市輿水酒店輿水誠司

 

 先日行いました試飲会のアンケートを集計しました。

アンケートでは感想と、好きなお酒の順位をつけてもらいました。

その順位の集計をした結果がコチラです。

もちろん人それぞれ好みがありますので、(オレは違うぞ!)という人もいらっしゃります。(私も違うぞ!の一人です!)

参考にしてくださったら、嬉しいです。

こうした順位や感想、ご意見が私達にとってとても勉強になります。

ご協力、ありがとうございました。

 

2017年9月19日 (火)

スクウォッシュ!

平成29919()三島市輿水酒店輿水誠司

 

 来月、三島ではまたハロウィンのイベントが各地で計画されているようです。

ハロウィンといえば、カボチャ。

オレンジ色のカボチャがシンボルマークでもあります。

カボチャを英語で言いますとパンプキン。

このパンプキンはかぼちゃはかぼちゃでもオレンジ色のかぼちゃのみ、パンプキンと呼ぶのであって、普段私達が見慣れている緑色のかぼちゃはパンプキンと呼ばれないのだそうです。

緑のかぼちゃは英語で「スクウォッシュ」というそうです。

外国のかぼちゃがもてはやされ過ぎて、日本のかぼちゃ、ちょっとかわいそうです。

 

2017年9月18日 (月)

新酒、ヌーヴォー!

P1090599_convert_20140810094637

平成29918()三島市輿水酒店輿水誠司

 

先日、ワイン輸入商社の担当の方が店に来てくれました。

最近の輸入状況や売れ筋、人気ワインなどの話をしてくれました。

そして、早くもボージョレ・ヌーヴォーの仕入れをしました。

ボージョレ・ヌーヴォーの解禁日は11月の第3木曜日で今年は1116日になります。

まだ3か月先の話ですが、予約の都合上、注文を出します。

どれとどれのヌーヴォーを何ケースぐらい注文をするか、値段も含めて検討しました。

売りきるのは大変ですが、ボージョレの蔵元さんも気合が入っており、造りの思い入れや情熱の主張を聞いたりするのは勉強になります。

今年も美味しいヌーヴォーが出来ますように!

 

2017年9月17日 (日)

ひやおろし試飲会!

Img_0513_002

平成29917()三島市輿水酒店輿水誠司

 

 昨日はこしみずサロンで「ひやおろし試飲会」を行いました。

あいにくの雨でしたが15人ほどのかたが参加してくれました。

足もとの悪い中、ご来場いただきまして誠にありがとうございました。

毎回思うのですが、お酒の品質がドンドン向上していて、年をおうごとに美味しくなっていきます。

お客様もそんなお話をされていて、やっぱりな~と大きく同意してました。

これも藏元さんのご努力や研究のたまものだと思います。

参加の皆様からもご意見やご提案をいただき、私も大変勉強になりました。

今後に活かしてまた反映させていきたいと思います。

 

2017年9月16日 (土)

ボンカレー!

平成29916()三島市輿水酒店輿水誠司

 

 先日テレビでボンカレーのことをやってまして、子供の頃よく食べたので懐かしく思いました。

そこで知ったのですが、ボンカレーの「ボン」の意味知ってましたでしょうか?

なんとなく響きが良くて言いやすいから…ぐらいに思っていましたが違いました。

なんとフランス語から引用したとのことでした。

「ボンジュール」の「こんにちは」を意味もありますが、「良い」とか「美味い」の意味を「ボン」と言い、そこから名付けたそうです。

またボンカレーはレトルトカレーの老舗でもあり、売り出したのが高度成長時代でした。

何となく憧れが、アメリカ、ヨーロッパ、フランスにあり、ちょっとフランス語を使ってみたのかもしれませんね。

 

 

 

2017年9月15日 (金)

沼津経営塾13周年!

平成29915()三島市輿水酒店輿水誠司

 

 昨晩は沼津経営塾の勉強会がありました。

さて、今年も来月、沼津経営塾の13周年記念大会を開催します。

昨年も吉本芸人さんとのコラボが大変好評をいただきましたので、今年も更にパワーアップして吉本芸人さんとコラボすることが決定しました。

吉本新喜劇にもまた参加させてもらえそうです。

杉井さんの講演と小野さんの大マジックショーも予定しています。

楽しい企画になりますので是非ご来場下さい。

 

2017年9月14日 (木)

日本名門酒会全国大会!

Img_0481_002

平成29914()三島市輿水酒店輿水誠司

 

 昨日は東京で日本名門酒会の全国大会がありました。

メーカーが100社及び全国の加盟酒店が大集結し、大盛り上がりの会になりました。

全部周りたいところですが、時間的に厳しいので、まず今現在お付き合い蔵やメーカーさんを周り、次に興味あるメーカーさんを優先的に廻りました。

途中知り合いの酒屋さんや問屋さんにもお会いしたり、エールを交換し合いました。

普段、手もとばかり見ていると視野が狭くなってしまっていますが、こうやって外に出たり、他をみることで、見習ったり、新しいアイデアが湧いたりとします。

とても良い刺激をいただいた一日となりました。

 

2017年9月13日 (水)

毒味役!

平成29913()三島市輿水酒店輿水誠司

 

 ソムリエ臥誕生したのは17世紀だそうです。

当初は君主の普段の生活のお手伝いから雑事までしていて、主に食事や生活品を調達したり運んだりしているうちに、君主に万一のことがあってはいけないと、毒味役だったり試し役が仕事にもなったそうです。

君主の暗殺を未然に防ぐため、君主が口にする食料、飲料のすべてを毒味する任務が課せられていました。

君主にとってはそのソムリエに命を預けることになので、絶対の信頼が必要だったと思われます。

 

2017年9月12日 (火)

臥龍梅 鳳雛 赤ラベル!

Img_0470_002

平成29912()三島市輿水酒店輿水誠司

 

 臥龍梅 鳳雛の無濾過生原酒が発売になりました。

お米は兵庫県産の山田錦です。

情報誌に説明がありました。

「春先に上槽したお酒をサーマルタンク(4)にて、生酒のまま貯蔵・熟成させました。

熟成をして丁度飲み頃になっています。

壜詰めの方法に特別な工夫をし、この時期に(生酒)で出荷することが可能となりました。

兵庫県産山田錦と無濾過生原酒ならではの濃厚な飲み口と、完熟したフルーツの香りに満ち溢れた華やかな香りをお楽しみください。」

とあります。

通称「赤の鳳雛(ほうすう)」として昨年も人気がありました!オススメの逸品です。

2017年9月11日 (月)

色んな二日酔い!

平成29911()三島市輿水酒店輿水誠司

 

お酒の関する本を読んでいましたら各国の二日酔い表現法がでている記事がありました。

二日酔いは次の日の朝までアルコールが残っている、持ち越している状態です。

英語でハングオーヴァー(hungover)持ち越しもの、と使ったり、休日飲んだ明けの二日酔いで憂鬱な月曜日をブルーマンデーと呼ぶそうです。

ドイツ語では、カッツェンヤマーと言いまして、「ネコがぎゃあぎゃあ泣いている」の意味だそうです。

フランス語では二日酔いの状態の事を「アヴォアール・ラ・グール・ド・ボア」、グールとは口、ボアは木。

つまり口の中に木を含んでいる状態と例えています。

イタリアでは「ストナート」といって、音楽の調子っぱずれ、という計画の狂った状態を表す形容詞を使うそうです。

そして最後、スウェーデン語では「ホント・イ・ハレット」といって、(頭髪の根元の痛み)というそうです。

私も二日酔いになった時は、(あんなに飲まなければよかったのに…)と後悔するのですが、次の飲み会のときはもう忘れてしまっています!ゲンキンなものです!

2017年9月10日 (日)

はちみつ!

Img_0469_002

平成29910()三島市輿水酒店輿水誠司

 

 「あっま~い!」

ニュージランド産はちみつです。

ワインを仕入れている会社から、いただきました。

その前にもワインをいただき、私どもの方で少しの佃煮を送りましたところ、そのお返しにこのニュージランド産はちみつをいただきました。

ワインを沢山仕入れている訳でもないですし、私が送ったのは少しの佃煮だったので、先方に気をつかわせてしまって、返って申し訳なかったです。

その旨のお礼のメールもおくりました。

そうしましたら、先方も私と同じ考えで、恐縮していました。

とてもお優しい方で、頂き物だけでなく、温かい気持ちにさせていただきました。

良い関係でこれからもお付き合いできればいいな、と思います。

 

 

2017年9月 9日 (土)

ヤフー・ヤホー!

平成2999()三島市輿水酒店輿水誠司

 

 インターネットの検索などでお世話によくなる「ヤフー」ですが、ロゴは「YAHOO!となっていて、よく漫才コンビ「ナイツ」のネタで「ヤホー」と呼ばれています。

その「YAHOO!」になった由来を記事でみかけました。

「YAHOO!」となっているくらいですから、ハイキングの際の「ヤッホー」?かと思いきや違いました。

二人の創業者曰く、「実はヤフーとは、僕らのことなんだ!」そうです。

「ガリバー旅行記」の小説に登場する人形のカタチをした獣のヤフー(獣の名前)に由来するそうです。

「ならず者」を意味する言葉なのだそうです。

「ヤッホー」の方が元気がでて、私は好きですが…。

2017年9月 8日 (金)

播州 富久錦!

Img_0467_002

平成2998()三島市輿水酒店輿水誠司

 

 ひやおろし、続々入荷中です。

兵庫県の富久錦(ふくにしき)、入荷になりました。

お米は播州平野の山田錦と兵庫夢錦の地元米を使用しています。

輿水酒店では今回、富久錦ひやおろしを新規に仕入れてみました。

純米吟醸のひやおろしになります。

昔ながらの酒処、充分期待が膨らみます。

試飲会でも初登場、お披露目です。

2017年9月 7日 (木)

ビックサイト!

平成2997()三島市輿水酒店輿水誠司

 

昨日は東京のお台場、ビックサイトに行ってきました。

ギフトショーといいます展示会に行ってきました。

酒蔵で出展しているところもあるのですが、それ以外に食器やラッピングなどなど様々なギフトに関するモノが出ていました。

3時間半ぐらい見て回ったのですが、とても見きれないぐらい沢山のブースが出ていました。

中には知っている人もいたりして、話などしていましたら、あっという間に時間が経ってしまいました。

また、アイデア豊富で、お酒には全く関係ないモノでも、ついつい立ち止まってしまって、見入ったり、聞き入ったり、好奇心をそそられ質問などもさせていただきました。

また、検討してお店にも反映させたいと思います。

 

2017年9月 6日 (水)

杜氏 渾身 特別囲いの酒!

平成2996()三島市輿水酒店輿水誠司

 

 このたび、大村屋酒造場さんから日比野杜氏の思い入れのあるお酒が発売になります。

このお酒は、秋の味覚にもピッタリの季節限定日本酒です。

輿水酒店が懇意にさせていただいています静岡県の銘酒 大村屋酒造場の日比野杜氏渾身の酒 自信をもってオススメします。

平成二三年に若いながら当蔵の杜氏の大役を受け継いだ日比野哲。その重責を見事に担い、蔵の進化に貢献しています。

その日比野杜氏がお酒のラベルに自分の名を入れた、思い入れのある、そして意気込みを感じさせる渾身のお酒です。

若竹・純米吟醸生原酒 特別囲い是非味わっていただきたい逸品です!

2017年9月 5日 (火)

こしみず通信9月号!

Img_0459_002

平成2995()三島市輿水酒店輿水誠司

 

 こしみず通信9月号です。

今月の内容は、日本酒の試飲会、ワインの試飲会のご案内。

そして、ひやおろしや季節限定酒のPR

ワイン会のご案内 などなどです。

味覚の秋といいますが、食べ物もお酒も、続々と出てきますので、食いしん坊の私としては、とても楽しみです。

お客様にも、お酒情報、伝えていきたいと思います。

 

 

2017年9月 4日 (月)

リニューアル 一ノ蔵 ひやおろし!

Img_0458_002

平成299月4日()三島市輿水酒店輿水誠司

 

 ひやおろし第2弾が入荷です。

「一ノ蔵 ひやおろし」です。

一ノ蔵は毎年定番で、仕入れていますが、今年はとっても楽しみなことがあります。

藏元からの発表で、「造りを全て刷新! 新生ひやおろし!」との発表がありました。

実力のある蔵ですので、(どんな味わいに進化したのか!)、今シーズンの注目の的でもあります。

今までの一ノ蔵ファンの方々から、新生一ノ蔵の味の感想なども聞きたいですね。

 

2017年9月 3日 (日)

金魚!

平成2993()三島市輿水酒店輿水誠司

 

 各地で行われた夏のお祭りも、9月に入り一段落ですね。

私の幼少時代、お祭りというとほぼ毎年金魚すくいをやっていたイメージがあります。

お祭り以外の時はさほど金魚に関心が在る訳でもなく、金魚すくいというゲーム性をたのしんでいたのでしょうね。

そんなお祭りの風物詩のひとつでもある金魚ですが、実は金魚は思わぬところで、私達の生活を支えてくれている、という事を知りました。

それは、普段私達が使用する水道水に、実は「金魚」も関係があったのです。

公共機関では、水道水の安全性を確認するために、生物を用いて毒性を調査する「バイオアッセイ(生物検定)」を行っています。

様々な毒性に対する検査を行い、そして最後に金魚がいる水槽に水を通して、その水が生き物や人間に害が出るか観察するチェックがあるそうです。

この金魚による水質検査が有名になったのは地下鉄サリン事件をおこしたオウム真理教の強制捜査の際です。

強制捜査で施設に踏み込む警察の方が、毒ガス検査にはカナリア、水質毒検査には金魚を持ち込んだことが話題となりました。

2017年9月 2日 (土)

越後鶴亀 ひやおろし!

Img_0457_002

平成2992()三島市輿水酒店輿水誠司

 

 新潟の「越後鶴亀」さんという酒蔵です。

何とも縁起の良いお名前です。

米どころ、酒どころのこの新潟の地で、明治23年創業で脈々と伝統の伝統の酒造りの技を今日まで繋いできた老舗の名門蔵です。

この縁起良い「越後鶴亀」の銘も創業当時から引き継いできています。

越後鶴亀さんのひやおろしは、輿水酒店、初お目見えです。

飲み口のよいやや辛口の純米吟醸で、この金額(1,295)はリーズナブルでお得感あります。

ひやおろし第1弾は酒どころ新潟の地から届きました。

 

2017年9月 1日 (金)

出陣!

平成2991()三島市輿水酒店輿水誠司

 

 歴史物を読むと、武士達が出陣の際に皆で杯で酒をグッとやり、その杯を地面に叩きつけて、「いざ出陣!」みたいなシーンがありますよね。

勢いづけのイメージが強いのですが、ちゃんとした儀式としての作法があるそうです。

ザックリ説明しますと、お酒は三献(三回にわけて飲む)で、三回ともその都度、肴も三回その都度口に含むそうです。

順番も決まっていて、「一に打ち鮑(あわび)、二に勝栗、三に昆布」だそうです。

「敵に打ち、勝ち、よろこぶ!」として縁起を担いだそうです。

 

2017年8月31日 (木)

展示会!

Img_0455_002

平成29831()三島市輿水酒店輿水誠司

 

 昨日はワイン、日本酒の展示会をハシゴしてきました。

またこれから9月、10月は毎週のように試飲会や展示会があり、多い時季になります。

ハシゴは大変ですけど楽しみでもあり、勉強になります。

昨日も酒器のブースで、色々と説明を聞いていたのですが、初めて知る内容が多かったです。

またそれをこしみず試飲会などに活かしていきたいです。

 

2017年8月30日 (水)

こなから!

平成29830()三島市輿水酒店輿水誠司

 

 こなから(小半)と読みます。

半分の半分、4分の1のことをいいます。

「酒はこなから…」は1升の半分の半分で、2合半になります。

少量を意味することもあります。

昔はお酒やお米を売るのに枡で量っていました。

一升枡の他に一生の半分である5合入る枡を半枡(なからます)、そして更にその半分の2合半入る枡を小半枡(こなからます)と呼んでいました。

「こなから酒一升」といい、「こなからぐらい飲んだら一升飲んだと思いなさい」という戒めの言葉としても使われていたそうです。

2017年8月29日 (火)

イデコ!

平成29829()三島市輿水酒店輿水誠司

 

 iDeCo( イデコ)といいます制度があります。

国民年金や厚生年金にプラスする私的年金のひとつです。

特徴としては、掛ける積み立て金の運用を自分の選択で株式、投資信託、定期預金など選べます。

そしてメリットとしては、掛け金が所得控除の対象になり支払い税金が少なくなります。

また運用益に掛かる20%の税金も非課税です。

また実際年金を貰う際にも所得の面で優遇措置があります。

私も今年から掛けてみることにしました。

コツコツ積み立てしておきたいと思います。

 

2017年8月28日 (月)

24時間テレビ!

平成29828()三島市輿水酒店輿水誠司

 

 昨日、一昨日と24時間テレビ「愛は地球を救う」の番組を見ました。

数年ぶりに見たのですが、感動しましたね。

障害のある子供達がマリンバの演奏を一生懸命練習して披露しているのに感動し、それを見守る親御さん達の涙に、もらい泣きをして…。

お母さんを亡くした女の子がお母さんとの約束を守り、作る味噌汁…。

事故で義足になりながらも、槍ヶ岳登山に挑戦し…。

そして、ブルゾンちえみさんの24時間マラソンのゴールを最後に見届け、番組は終了。

障害者や子供達から沢山の感動や勇気をもらいました。

(私もがんばろう!)

パワーもらいました。

番組とは違う施設ですが、募金もさせていただきたいと思います。

2017年8月27日 (日)

さかみづき!

平成29827()三島市輿水酒店輿水誠司

 

 万葉集では「佐加弥豆岐」とか「酒目附」と書いて「さかみづき」と言う言葉が使われていたそうです。

現代の字にあてると「酒水漬(さけみずつけ)」の意味から(酒びたり)となり、更に変化して「酒の宴」を意味していたそうです。

ちなみに古事記では、酒宴のことを(さかほがい)と言い、字は「酒寿」「酒楽」と記述されています。

昔から宴にお酒は欠かせなかったのですね。

 

2017年8月26日 (土)

上戸の額(ひたい) 盆の前!

平成29826()三島市輿水酒店輿水誠司

 

 江戸時代の酒に関する言い回しで

「上戸の額 盆の前」という言葉が書いてありました。

お酒を飲んだ人の額はカッカとしていて熱いものです。

盂蘭盆会(うらぼんえ)の前も1年の中で一番暑い時季です。

「熱い」と「暑い」を掛け詞であついことのたとえを言ったそうです。

 

2017年8月25日 (金)

御酒!

Img_0454_002

平成29825()三島市輿水酒店輿水誠司

 

 御酒、(うさき)と読みます。

沖縄の泡盛です。

太平洋戦争により消滅したと思われた沖縄のこうじ菌でしたが、実は戦前に東大の博士が瑞泉酒造さんの酒蔵で瑞泉菌を採取し60年保存されていたことが確認されました。

瑞泉酒造さんでこの菌による戦前の味の復刻をめざし、新たな工夫も加え、以前、商品化に成功しました泡盛です。

以前、モデルとなってマンガ雑誌に連載もされていたことがありました。

まろやかさと芳醇さを兼ね備えた味わいです。

«お墓参り!