フォト
無料ブログはココログ

輿水酒店ホームページ

2018年8月18日 (土)

禁酒令!

平成30818()三島市輿水酒店輿水誠司

 

 禁酒令といえば、アメリカの禁酒法が有名ですが、日本でもかつて禁酒令がありました。

日本でも禁酒令が発令されたことが何回かあります。

大化改新のころや鎌倉時代にあったといわれています。

鎌倉時代の禁酒令は、酒の売り買いやたくさんの酒壺を持つことを禁止した条例で、酒乱や贅沢を戒めるためのものだったとされています。

一方では祝い事がある時や大事な来客があるときは、事前に届け出を出していれば、お咎めなしだったそうです。

2018年8月17日 (金)

酒場放浪記!

平成30817()三島市輿水酒店輿水誠司

 

 毎週月曜日夜9時からBSで放送されているバラエティ番組です。

吉田塁さんが日本各地の酒場を紹介する旅番組です。

個人経営の居酒屋や屋台、角打ちなど全国各地の飲み屋さんを訪問します。

視聴者が、まだ訪れたことのない近所のお店が出ているのを見ると、必ずや次こそは行きたくなる!と感じるほど、魅力的に紹介されると評判です。

吉田類さんの美味しそうにお酒を飲む姿を見ていると、「私も飲みたくなってしまう!」ともっぱら視聴者のご意見です!

 

2018年8月16日 (木)

すず音!

Img_0155_002

平成30816()三島市輿水酒店輿水誠司

 

 スパークリングSAKE部門にて史上初!3年連続最高金賞を受賞しました人気のスパークリング日本酒です。

お米のシャンパンと呼ばれるきめ細かい泡が魅力です。

「ワイングラスでおいしい日本酒」アワードでは常連で、数あるスパークリング日本酒の中でも女性の支持率がダントツに高いです。

蔵元では「乾杯ですず音を!」とアピールしています!

2018年8月15日 (水)

にほんしゅ漫才!

Top_1

平成30815()三島市輿水酒店輿水誠司

 

 「にほんしゅ」という名前の2人の漫才コンビです。

「日本酒学講師」の資格を持っているそうです。

日本酒のイベントに引っ張りダコだそうです。

戦略的にコンビ名を付けたのでしょうか?

広く「酒飲み」とか「酔っぱらい」とかの方が幅が広いですが、あえて絞って特化したのでしょうかね。

それとも単純に日本酒が大好きなのでしょうか。

一度、漫才を聴いてみたいです。

2018年8月14日 (火)

宴もたけなわですが!

平成30814()三島市輿水酒店輿水誠司

 

 宴会の締めくくりの言葉に「宴もたけなわですが…」という締めの挨拶のフレーズがあります。

これは宴会などの物事が盛り上がってピークにある状態の意味に使用されます。

この「たけなわ」を漢字で表すと「酣」。

「酉」偏に「甘」と書きます。

お酒を発酵させている時にだんだんと甘くなってきて、飲むのに良い状況という意味にも使われるそうです。

 

2018年8月13日 (月)

DAIGO!

Daigo_label

平成30813()三島市輿水酒店輿水誠司

 

 ミュージシャンで活躍しているDAIGOさんをご存じでしょうか。

最近は「GCですか!」(ガチですか!)とか、いわゆるDAI語と呼ばれる略語でバラエティーなどで人気を得ていますね。

そのDAIGOさんのおじいさんと言えば、元総理大臣の竹下登さんというのは有名な話です。

そしてもう一つ、あまり知られていませんが、生家は竹下本店といいます酒蔵なんです。

「出雲誉」というお酒が旗印の日本酒です。

ちなみにDAIGOラベルというお酒も何種類かありましてDAIGOさんの写真入りです。

冷酒の裏ラベルには

「ガチに冷やしてお飲みいただければ、マジに楽しめうぃっしゅ!」と書かれています!

2018年8月12日 (日)

愛山!

Img_0154_002

平成30812()三島市輿水酒店輿水誠司

 

 酒米の品種名で愛山(あいやま)と言います。

かっては幻の酒米と言われたこともあり、原産地は兵庫県です。

山田錦ほど有名ではありませんが、山田錦と並ぶ高級米として名高いお米です。

灘の老舗 剣菱が長く契約栽培で守ってきた秘蔵の酒造米と呼ばれてきました。

一時期生産量も減りましたが、山形の酒「十四代」がこの愛山を使って名を馳せ、再び名声を取り戻しました。

デリケートで造りは難しいのだそうですが、繊細で奥深く優しい味わいに皆が魅了されるといわれています。

このたびその愛山を使った「正雪 愛山 純米吟醸」が醸されました。

(720 1,800) (1.8ℓ 3,600)

2018年8月11日 (土)

豪酒!

平成30811()三島市輿水酒店輿水誠司

 

 オーストラリアでも日本酒が製造され販売されています。

その名も「豪酒」です。

オーストラリアで漢字表記で「豪」なので、そのまま「豪酒(ごうしゅ)」と名付けられました。

元は「白雪」のお酒を製造している兵庫県の蔵元小西酒造さんが、技術提供して清酒の醸造が始まったそうです。

お米からすべて原料はオーストラリア産ということです。

ちなみに「豪酒」という日本語の言葉もあります。

(酒に強いこと。また、その人や、そのさま。大酒)

という意味があるそうです!

2018年8月10日 (金)

竪型精米機!

平成30810()三島市輿水酒店輿水誠司

 

竪型精米機はお酒のお米の精米用として開発された精米機です。

現在は食用のお米用にも利用されていますが、街のお米屋さんによくある精米機は横型精米機で構造も機能も異なります。

お酒のお米は飯米よりかなり削り取るので、それに則した精米機が求められてきました。

精米も歴史があり、初めは足踏みで上下するように設置した杵(きね)で米をついていました。

そして水車の原動力を利用しての精米。

その後、大正末期に横型精米機が開発され、更に竪型精米機が開発されるにいたったのでした。

精米の形も、球形精米といって丸くなっていく精米や、どの部分も等厚に精米する扁平精米があります。

 

2018年8月 9日 (木)

シークヮーサーのお酒!

Img_0153_002

平成3089()三島市輿水酒店輿水誠司

 

 夏向きのリキュールです。

沖縄県産シークヮーサーを泡盛で割ったアルコール6%のお酒です。

シークヮーサーの酸味の効いた柑橘果汁たっぷりの爽やかさに果糖の甘みある甘酸っぱい味わいです。

よ~く冷やしてオンザロックやソーダ割りが、ノドにジワッ~としみわたると思います。

アルコール度数も6%と弱いので、口当たり良く飲み易いですから、女性の方にも美味しくいただけると思います。

2018年8月 8日 (水)

絵本をつくったおかあさんのはなし!

Img_0151_002

平成3088()三島市輿水酒店輿水誠司

 

 三島市民生涯学習センターにて、オススメの特別講座があります!

「絵本をつくったおかあさんのはなし」

(二人のおかあさんが、絵本に込めた想い)

二人のおかあさんが絵本を通してお話してくれます。

一人は前田さんという、子宮頸がん経験者で一児の母。

がん患者同士のサポートをつうじて、がんについて悩みを持つ親子のコミュニケーションのきっかけとして、絵本製作を進めている方です。

もう一人はフリーライターで一児の母。

自閉症をもつ娘すずちゃんのことをお友達にわかるように紙芝居にして、それが編集者の心を打ち、絵本の出版に!

編集・宣伝職の経験をいかし在宅で執筆やデザインを手懸ける。

そしてその竹山さんは広小路町にお住まいで輿水酒店のお客様でもあります。

私も出来る限り応援していきたい思います。

922()午後2時~330

三島市民生涯学習センター3階講義室

入場無料

2018年8月 7日 (火)

大相撲 三島旗揚げ場所!

Img_0150_002

平成3087()三島市輿水酒店輿水誠司

 

 大相撲が三島にやってきます。

823日に三島市民体育館で行われます。

大相撲はゴタゴタがありますが根強い人気があります。

良い方向へ向かう意味でも盛り上がってほしいです。

故障で休場の続いている稀勢の里は出ないかもしれませんが、ケガを万全に直して是非復活してほしいです。

チケットは三島市民文化会館他で販売しています。

 

2018年8月 6日 (月)

みぞれ酒!

平成3086()三島市輿水酒店輿水誠司

 

 猛暑にオススメ、みぞれ酒!

シャリシャリのシャーベット状になったお酒があります。

マイナス12~15℃に温度設定した冷凍庫にお酒を入れてゆっくり冷やします。

そうすると凍らずに液体状態のまま冷たくなります。

これを庫外に出して、冷えたグラス(予め用意)に勢いよく注ぐと、その衝撃で分子が結晶化し、シャーベットのような状態になります。

見た目にも涼しく楽しめるお酒です。

味わいも冷たく爽快なので、夏におススメです!

2018年8月 5日 (日)

おつまみ、あて!

平成3085()三島市輿水酒店輿水誠司

 

 「あて」という言葉をご存知でしょうか。

「おつまみ」のことを「あて」という別名があります。

おもに関西地方では「あて」は馴染みがあり使われています。

語源はというと、

「お酒に(あてがう)食べ物」からきています。

飲み屋さんで「何かアテ頼んで!」(何かおつまみ頼んで!)という風に「あて」「アテ」とひらがなもカタカナも使われています。

ちなみに「おつまみ」の語源は「つまみもの」「つまんで食べる物」からきています。

 

2018年8月 4日 (土)

サンフェルミン祭り!

P1090068_convert_20131117135732

平成3084()三島市輿水酒店輿水誠司

 

 先日テレビでスペインのお祭りをニュースでやっていました。

スペインのサンフェルミン祭りと祭典で、私は生涯に一度、参加してみたいと思っているお祭りです。

牛です!牛追い祭りです。

何度もニュースや特集などされていますし、インパクト強いのでイメージが残るのでしょうかね。

毎年テレビニュースで映像が出るたびに、私の血が騒ぎます?!

スペインのストリートに何頭かの牛が放たれ、

闘技場まで追われる中、

何故か、人間も一緒に走っています。

元々は牛を追って闘技場に追い込むという趣旨だったと思いますが、

どうみても人間が牛に追われているみたいですね。

私は見物客として行くのではなく、

どうせなら写真の人達のように牛と走りたいのです。

そう思って旅行社のツアーを探したのですが、

今のところ見つからないです…。

ワインやシェリーを傾けながらスペインのバルで楽しんでみたいです。

 

2018年8月 3日 (金)

海の精!

P1090091_convert_20131128095907

平成3083()三島市輿水酒店輿水誠司

 

日本では昭和40年代、塩の製法が改正になり、伝統的な海からの塩づくり、塩田が消えてしまいました。

伝統的な製法による塩には海からのエキスが詰まった、身体に良いといわれるミネラルがだくさん含まれていました。

よく塩は高血圧など体に良くないイメージがありましたが、最近は、伝統製法の塩に限って言いますと、身体に良いというデータが幾つも見つかりました。

日本の塩つくりは翻弄されます。

昭和40年代にすべての塩田が廃止され、化学工業的な製塩法に切り替わってしまいました。

しかし、昭和50年代に自然塩の良さを訴える市民グループなどの努力で「試験生産」という名目で製造許可を得て、一部流通につながりました。

そして平成に入り、塩専売法が廃止され、自然海塩も製造販売できるようになりました。

母なる海のエキスでつくられたお塩「海の精」

昔ながらの塩田と平窯の伝統製法で国産塩、伊豆大島産です。

ミネラル豊富な伝統海塩です!

2018年8月 2日 (木)

チャールズ皇太子!

P1100862_convert_20160826071843

平成3082()三島市輿水酒店輿水誠司

 

 ラフロイグといいますスコッチウイスキーです。

アイラ・モルトといいましてスコットランド西岸にあるアイラ島産になります。

ラフロイグはスモーキーでヘビーな独特の味わいで、好みは分かれるところですがクセになる人も多いようです。

蒸留所近くの土地から切り出されるピートには多量の苔が含まれているため、「薬品のよう…」と言われる特有の香りが漂います。

また、熟成にバーボン樽を使っていることもこのウイスキーに深い風味を与え、独特のクセの一因になっているのかもしれません。

世間ではこのクセのあるラフロイグ愛好家いますが、その一人がチャールズ皇太子と言われています。

皇太子はこのラフロイグに、シングルモルトでは初めて、「プリンス・オブ・ウェールズ御用達!」の許可を与えたそうです。

2018年8月 1日 (水)

ピーマン!

P1080674_convert_20130429145316

平成3081()三島市輿水酒店輿水誠司

 

もし、目隠しで鼻に野菜を近づけたら、その香りで、何の野菜か、当てることができますでしょうか。

今日はワインの香り勉強をしました。

よくソムリエの方がワインの表現を表すのに花やフルーツに例えて言うことがあります。

レモンやグレープフルーツなど柑橘系フルーツは白ワインの例えに!

イチゴやラズベリーなどベリー系は赤ワインの例えに!

もちろん自由な表現をしてよいのですが、法則性もある程度あります。

例えば桃の表現は熟成した白ワインの表現に多く使われたり、

カシスはカベルネソーヴィニョンなど濃い系の赤の表現によく使われたりします。

ところでピーマンの香りの表現のワインって分かりますか。

イメージとしてはちょっと青臭いようなかんじでしょうかねぇ。

本のソムリエによりますと、若いボルドーワインのカベルネソービニョンやアルゼンチンのマルベック品種のワインの表現に使用していました。

もちろん全面的にピーマンの香りではなく、「カシスの香りの中に、ほのかに漂うピーマンの香り…」ぐらい言葉になります。

私はまだまだお鼻の修行が足りませんが、嗅ぎ分けられるようになるには、身の周り物何でもクンクン匂いを嗅いでみて、何かに例えてみる練習が良いようです!

これから色々な物にクンクンしていきます! 

 

 

2018年7月31日 (火)

金魚酒!

平成30731()三島市輿水酒店輿水誠司

 

 お祭りの定番の風物詩に「金魚すくい」がありますが、「金魚酒(きんぎょざけ)」と呼ばれているお酒があります。

昔、水で薄めたお酒のことを「金魚酒」と呼んでいました。

「金魚が泳げるくらいアルコール度数が低い」という皮肉を込められていました。

昭和10年代、当時の酒税は造った量に応じてその分税金がかかる「造石税」という仕組みだったため、まず濃いお酒を造り、後から水増しして税金を安くすませる…ということがあったらしいのです。

さらに米不足のため、日本酒の生産量が減少しており、そのかさ増しの目的もあったといわれています。

そんな時代があったのですね~。

2018年7月30日 (月)

NGT48!

平成30730()三島市輿水酒店輿水誠司

 

 AKB48のプロデューサー秋元康氏が仕掛けた新潟を拠点とするアイドルグループがNGT48です。

新潟と言えば酒処です。

新潟の酒蔵・菊水酒造さんとこのNGT48とのコラボレーションが実現し、現在、NGT48×菊水酒造の特設サイトがネット上に設けられています。

キャッチコピーは「日本酒と新しい私へ」

新潟の美しい風景×アイドル×日本酒、という新しいプロモーションを展開しています。

日本酒を体験したNGT48のメンバーが、ひとりの大人の女性として成長していく姿を描いた「グラフィックギャラリー」や、日本酒造りに真摯に向き合う菊水酒造の社員さんと、日本酒の魅力をこれからもっと知っていただきたい若者世代を代表してアイドルのメンバーが対談する「WEBスペシャルムービー」、「CMギャラリー」など、NGT48のメンバーが日本酒造りや日本酒に関わる文化に触れながら日本酒を学んでいく姿が公開されています!

 

2018年7月29日 (日)

メッセージ木箱!

Img_0144_002

平成30729()三島市輿水酒店輿水誠司

 

 昨晩の台風被害は大丈夫でしょうか。

商店街ではペットボトルや缶、葉っぱなどが散乱していて早朝掃除にかなり時間がかかってしまいました。

建物や人には特に被害は無いようで(今のところ)、ホッとしています。

さて、昨日はメッセージ木箱がひとつ完成しました。

ワインの2本入れです。

英語バージョンで、英語の先生にお願いしまして英訳してもらいました。

2本入れですと、スペースも広く、メッセージや文字も多めに書き込めるメリットがあります。

喜んでもらえますように!

 

2018年7月28日 (土)

ヤシオリ作戦!

平成30728()三島市輿水酒店輿水誠司

 

 古事記や日本書紀に出てくる「八塩折りの酒」というお酒があります。

スサノオノミコトがヤマタノオロチを退治する際に飲ませて酔わせたのが、この「八塩折りの酒」(やしおりのさけ)です。

実はこのヤシオリ、映画の「シンゴジラ」にも登場するのです。

日本がゴジラを倒すためにために考えられた作戦名が「ヤシオリ作戦」と名づけられました。

映画ではとくにヤマタノオロチのくだりには触れていませんが、八岐大蛇(ヤマタノオロチ)をゴジラにみたてて、名づけられたものといわれています。

説明してくれないので、ほぼ伝わっていないと思いますが…、またテレビで再放送すると思いますが、八岐大蛇(ヤマタノオロチ)の伝説を思い出して誰かに伝えたいです!

 

2018年7月27日 (金)

藤田嗣治氏!

P1080662_convert_20130420091108

平成30727()三島市輿水酒店輿水誠司

 

マム・コルドンルージュといいますシャンパンです。

このマム社と画家の藤田嗣治氏と所縁があります。

藤田嗣治氏とは、(ウィキペディア参照)東京都出身の画家で既にお亡くなりになってはいるのですが、現在でもなおフランスにおいて最も有名な日本人画家です。猫と女性を得意な画題として日本画の技法を油彩画に取り入れつつ、独自の「乳白色の肌」と呼ばれた裸婦像などは西洋画壇の絶賛を浴びました。ピカソとも交流があったそうです。

私も以前その藤田氏の美術展に行ったりしたことがあります。

実はこの藤田氏、パリで有名人だっただけにワインともつながりがあるのです。

このシャンパンメーカーのマム社ととても懇意にしていました。

マム社所有のランスの礼拝堂には藤田氏の描いたフレスコ壁画があり、礼拝堂の名前は「チャペル・フジタ」です。

マム社のシャンパンとは写真の「マム コルドン・ルージュ」が有名です。

「赤いリボン」と訳されているのですが、良く恋人同士のことを「赤い糸で結ばれている」と言いますが。そういう意味からも、結婚祝いや彼氏彼女へのプレゼントにも喜ばれています。

また、名作映画「カサブランカ」の主演ハンフリーボガードの名セリフ「君の瞳に乾杯!」でイングリッドバークマンと乾杯しているが、この「マム コルドン ルージュ」です。

2018年7月26日 (木)

三嶋大祭り!

Img_0140_002

平成30726()三島市輿水酒店輿水誠司

 

 三嶋大祭りのうちわです。

今年ももうすぐお祭りがやってきます!

そして三島のお祭りと言えば名物の頼朝行列。

毎年芸能人が頼朝役で参加するので、多くの見物客がやってきます。

今年の頼朝役は「つるの剛士」さんです。

テレビでもご活躍されているので、今年も多くの人が見に来て賑わうことでしょう!

8月15、1617日の三日間 三嶋大祭り

お天気に恵まれますように!

2018年7月25日 (水)

法則、人は見た目が何割!

P1090560_convert_20140713153147

平成30725()三島市輿水酒店輿水誠司

 

 以前にもお話しましたが、経営塾でも教わったメラビアンの法則、ワインにも関係あって面白かったです。

ワインのティスティング、鼻や脳の訓練になるといわれたことがあります。

ソムリエがワインを表現する際に、味だけでなく、香りの表現も大変重要になってきます。

ガサツな私も、ワインを勉強しだして最近は花の香りに例えたりが出来るようになってきました。

そこで、メラビアンの法則というのがあります。

メラビアンさんが実験で、人が他人から受け取る情報(感情、態度など)の割合を数値化しました。

顔の表情55% 

声の質(高低)、大きさ、テンポ38

話す言葉の内容 7

だそうです。

話しの内容はたったの7%だけです。残りの9割が見た目や声の質という結果が出ました。

普段から、顔の表情、身だしなみ、姿勢など、気をつけなくてはいけませんね。

そうしましたら、先日、嗅覚の情報はどうなのか、という話がありました。

見た目ほどの瞬間的なインパクトはないですが、驚いたことに、

「嗅覚からの記憶は、なかなか消えない。」だそうです。

ちょっとドキッとしませんか。

香水のCMに、このメッセージ使われたら、ちょっと考えちゃいますね。

2018年7月24日 (火)

日本のワインで奇跡を起こす!

Img_0137_002

平成30724()三島市輿水酒店輿水誠司

 

 輿水酒店で販売しています「グリド甲州」の蔵元ワイナリー「グレイスワイン」でお馴染みの三澤茂計氏、三澤彩奈氏親子が共著で出版しました。

本のタイトルが「日本のワインで奇跡を起こす」です。

山梨の小さなワイナリー「グレイスワイン」は国際コンクールで金賞受賞するなど、成功を収めている世界レベルのワインです。

その歩みと父娘の「努力と絆」を描いた作品です。

ワインとともに本も広まってほしいです。

 

2018年7月23日 (月)

検証結果!

平成30723()三島市輿水酒店輿水誠司

 

 先日、読んだ記事の中にスイスのベルン大学で行った研究の検証結果に少しショックでした。

それは、約4000人を対象に行った質の高いデータだそうです。

それは、関節の軟骨部に含まれている成分をサプリメントとして口から飲んで効果がどのくらいあるか検証した実験です。

大学のピーター・ジュニ教授いわく、「成分Aも成分Bも、関節の痛みを減らすことも、関節の状態を改善する効果も認められなかった…」と。

実は、この成分A、テレビで宣伝されているのを見て、関節痛の母がせっせと飲んでいたのです。

伝えるべきか、黙っておいたほうがいいのか…、やっぱり伝えることにしました。

効くヤツに変更すればいいのですものね。

2018年7月22日 (日)

祝!

平成30722()三島市輿水酒店輿水誠司

 

 祝(いわい)といいます京都生まれ酒米があります。

「野条穂」というお米から分離され「祝」というお米が誕生しました。

しかし、収量が少ない「祝」は戦後、食料増産計画に向かないため、生産されなくなってしまいました。

そして1955(昭和30)復活。

しかし、稲の丈が高く倒伏し易いことから、またまた1974(昭和49)生産中止。

そして、伏見酒造組合の働きかけにより1990(平成2)栽培再開。

1992(平成4)お酒の酒米として製品化に至りました。

酒造特性が非常に高く、吟醸酒向きのお米とされています。

京都伏見の酒蔵を中心に「祝」のお酒が造られています。

縁起の良いお米、縁起の良いお酒です。

2018年7月21日 (土)

チャンピオン・サケあだたら吟醸!

Img_0136_002

平成30721()三島市輿水酒店輿水誠司

 

 710日にイギリスのロンドンで開かれました「インターナショナル ワイン チャレンジ(IWC)2018」のアワードセレモニーが開催されました。

そこで「奥の松 あだたら吟醸」が「チャンピオン・サケ」の栄冠に輝きました。

IWCのSAKE部門び出品されました全1639銘柄の中から選ばれました各カテゴリーのトロフィー受賞酒のうち、最も優れた出品酒に与えられる「NO.1」イコール「世界一!」の称号です。

「奥の松 あだたら吟醸」720 1,080

ふくよかな香り、なめらかなノドごし! そしてお手頃価格!

パフォーマンスの良い逸品です!

ちなみに「あだたら」とは、福島県が誇る安達太良山(あだたらやま)のことです。

日本百名山、新日本百名山、花の百名山、うつくしま百名山に認定されています。

2018年7月20日 (金)

がんばれ呉!

Img_0135_002

平成30720()三島市輿水酒店輿水誠司

 

 大雨により被災しました広島県呉市に蔵をかまえる日本名門酒会の仲間の榎酒造さんを応援しよう!ということで、夏限定の貴醸酒を仕入れました。

貴醸酒とは、通常、お酒は仕込み水を使うところを、酒を仕込んで酒を造るという特殊な方法で上品な甘口の味に特徴があるお酒です。

華鳩「夏の貴醸酒にごり」1,440

上品な甘口の微炭酸にごり酒で、ロック、ソーダ割り、牛乳割りなどが楽しめるお酒です。

華鳩「華コロンブ さわやか貴醸酒 白麹混合仕込」2,160

クエン酸豊富な甘酸っぱい貴醸酒です。ストレート又はオンザロックが爽やかでオススメ!

«飛良泉 純米大吟醸 1801酵母!