フォト
無料ブログはココログ

輿水酒店ホームページ

2021年4月20日 (火)

白詰草!


令和3年4月20日(火)三島市輿水酒店輿水誠司

 立春朝搾りの際と、エイプリルフールの際にクローバーの柄のトイレットペーパーをお客様に配りました。
ラッキーアイテムとして四つ葉の柄が入っています。
さて、そのクローバーの和名は「白詰草(しろつめくさ)」というそうです。
江戸時代にヨーロッパから色々な品物が渡来した際、その荷物のガラスなどのすき間に詰められていたので、「詰草」と呼ばれるようになったそうです。
通常は三つ葉ですが、四つ葉のクローバーは幸福の象徴のように言われています。

2021年4月19日 (月)

飛良泉!

57hiraizumi
令和3年4月19日(月)三島市輿水酒店輿水誠司

 秋田県の老舗蔵、飛良泉本舗さんのお酒です。
特徴あるラベル、マル飛シリーズとして人気があります。
さて飛良泉本舗さんと言えば、伝統的な造りである「山廃仕込み」にこだわりを持っています。
中でもこちらのNO.77は個性を感じさせる多酸性酵母「きょうかい77号酵母」で醸された限定生酒です。
きょうかい77号酵母はリンゴ酸を多く生成する酵母で、日本酒のイメージを一新して白ワインのようなスッキリしたフレッシュな甘みも感じさせてくれて、フルーティーな感じを香りから楽しませてくれます。
日本酒度がマイナス22度の甘口ですが酸味とのバランスが良く、飲み口良いです。
123057

2021年4月18日 (日)

ゴールデンウィークのホコ天!


令和3年4月18日(日)三島市輿水酒店輿水誠司

 先日「広報みしま」4/15号が配られまして、その中にゴールデンウィークの5月5日に「大通り歩行者天国」開催の記事がありました。
昨年は春、秋共に、ホコ天は中止になってしまいましたので、今年はどうなるのだろうかと注目されていました。
輿水酒店も以前と同じように出店する予定です。
内容もワイン、日本酒の試飲即売会を行おうと思っています。
感染予防対策も施さないといけないので、現在話を聞いたりして準備しています。
久しぶりのホコ天の出店、楽しみです。

2021年4月17日 (土)

佐藤可士和展!


(沼津経営塾ブログと同じ内容になります。)
令和3年4月17日(土)三島市輿水酒店輿水誠司

 国立新美術館で佐藤可士和展を見学してきました。
商売を考える上での、(これはヒントになるのではないか?)と思い紹介させていただきます。

佐藤可士和さんは人気デザイナーであり、日本を代表するクリエイティブ・ディレクターでもあり、ユニクロ、楽天、セブンイレブンHなどのブランディングを手掛けてきているそうです。
今回の企画展ではキリンビールやホンダNボックス、SMAPのCDジャケットなど、誰もが知っている多くの著名な企業などの広告戦略なども語られていました。

その中で私が特に興味を持ったのは「くら寿司」と「団地の未来」の企画でした。
くら寿司は第2の創業期と銘打って、くら寿司が今後、海外出店を加速させると共に、訪日する外国人観光客を取り込もうと、浅草に「グローバル旗艦店」を2020年1月にオープンしました。
201104_02
そのブランド戦略を託されたのが佐藤可士和さんでした。
佐藤さんはまずくら寿司社長と長時間話すことで創業時の想いや理念を聞き出し、コンセプトのポイントを決めます。
その社長の想いの一つに「楽しく食べるのが大事!」というのがあり、「食×エンターテイメント」がコンセプトにありました。
そのコンセプトを考える上で、日本本来のお寿司の歴史を調べているうちに行き当たったのが、歌川広重の絵です。
Aflo_20401862
この絵は、当時庶民の流行っていました「お月見」の賑わいです。
月の鑑賞を楽しみながら宴の飲み食いに興じるという江戸っ子の粋な遊びだったのではと思われます。
お祭りのように屋台が並んでいて、その中に「寿し」と書かれた屋台もあります。
これがお寿司屋の原点というか江戸庶民の食文化のひとつでした。

外国人には「SUSHI!」は高級イメージがあると思うのですが、江戸の大衆食文化であり、「安くて美味しい」日本古来のファーストフードであることを伝えたいという思いを店で表現しようという試みです。
そのお祭りのイメージとして店内に「射的」や「輪投げ」があるのです。
これは食べ終わった皿で抽選が出来る「ビッくらポン」で、景品や割引券と共に「射的」や「輪投げ」など縁日スペースで遊べる利用券が当たる仕組みになっているそうです。
外国人や子供だけでなくともワクワクしてくる「食のアミューズメントパーク」だと思いました。

また会社のロゴマークも江戸文字を使ったロゴに一新したそうです。
そのロゴを店員さんの服にはもちろん、社員さんの身の周りにあるクリアファイルや封筒などの事務用品から段ボールにも、こだわって入れたそうです。
それは、くら寿司のブランドを体現するのは社員さんであり、くら寿司の理念やコンセプトを幹として共有していく狙いがあるそうです。

デザインには見た目も勿論大事ですが、それだけでなく、こうした想いやストーリーが含まれていることをこの「佐藤可士和展」に感じました。

「百聞は一見に如かず」といいますから、東京に行った際に浅草のくら寿司、寄ってみたいと思います。
201104_07-2
1週間 拙いブログにお付き合いくださり、本当にありがとうございました。
ブログ当番を高橋さんにお繋ぎします。

2021年4月16日 (金)

記録する効果!


(沼津経営塾ブログと同じ内容になります。)
令和3年4月16日(金)三島市輿水酒店輿水誠司

 皆さんご意見、アドバイスをありがとうございます。
とても参考になりました。最終的には自己責任で判断したいと思います。

 さて、前回のブログ当番の際にも書きましたが、昨年に体重体組成計を買いましてから、ほぼ毎朝記録するのが朝のルーティーンの一つになっています。
年齢と身長を入力しますと、基礎代謝、BMI、体重、体脂肪率、内臓脂肪、骨格筋率、体年齢が測れるようになっています。
ただ普通に体重計に乗っかって、勝手に出てくる数字をメモるだけなので、何の苦労もありません。
上がったり下がったりしながらも、少しずつですが効果も出てきているので、毎朝記録をするのが楽しいです。
食事制限は特に何もしていませんが、「つい食べ過ぎ…」「つい飲み過ぎ…」の回数は確実に減っています。
それも記録することで抑制する意識が働いているのだと思います。
お陰様で体重、体脂肪率、内臓脂肪、体年齢は毎月記録を良い方に更新しています。
身体年齢は1月計測時は実年齢マイナス5歳でしたが、現在マイナス8歳まで若返りました!(笑)
この記録する力は、他の事にも応用できると思いました。
このブログもそうですが、毎日の記録することの効果はとても大きいと思います。
知らず知らずのうちに、少しずつではありますが積み上げていく効果があると思いました。
行動のヒントになることを実感しています。
今度は、記録を更新した場合の「ご褒美」を何か決めておこうかなぁ~と思っています。
これも楽しみのひとつになりそうですし、良い結果に繋がるのではと期待しています。

2021年4月15日 (木)

試飲会Yes or No!


(沼津経営塾ブログと同じ内容になります。)
令和3年4月15日(木)三島市輿水酒店輿水誠司

 輿水サロンでのワインや日本酒の試飲会が輿水酒店のウリの一つだったのですが、ウイルスの影響で密を避けるため1年以上開催していません。
お客様の中には、飲食店さんが取り入れている防止対策と同じようにやれば、出来るのではないかとか、屋外の駐車場のスペースでやったらどう、などの意見を言ってくれる方もいます。

お酒の問屋やワイン輸入代理店などが行う、我々酒屋が仕入れるための、業者用展示会や試飲会もこの1年間ほとんどが中止でしたが、ここ最近、感染防止対策を施した上で、また条件付きながら、開催され始めています。
私も輿水サロンでの試飲会に応用できるヒントはないかと思い、業者用の試飲会に幾つか参加しました。
感染防止対策は一応規定はあるのでしょうが、主催者のサジ加減により、ユルめのところや厳しめのところと様々でした。
多少参考にはなりましたが、もし輿水サロンで試飲会をやって感染者が出た場合のリスクの大きさを考えて、もうしばらくはお休みしようという結論に至りました。
ワクチン接種も始まるということで、焦らず様子を見ることになりました。

しかしです、そんなところに、5月5日の大通りホコテン開催の話が入ってきました。
昨年こそ中止になってしまいましたが、毎年5月5日と11月3日の年2回、大通りホコテンが開催されてきました。
輿水酒店も毎回、出店参加して、路上試飲即売会を実施してきました。
今回こういう状況ですので迷いましたが、前言撤回し、ホコテンでの試飲会を行うつもりです。
屋外だからリスクが下がるというのもありますが、絶対安心というわけでもなく、対策を施した上で覚悟をして行うつもりです。
主催者の方や他の出店する方にも相談したりして、感染防止対策をふまえて出店準備を進めています。

皆様からも、ご意見やアドバイスなどありましたら、是非仰ってください。
場合によっては、またまた前言撤回することもあります!…意思弱!(笑)

2021年4月14日 (水)

受賞のお陰で!

16183406012931618340566611
(沼津経営塾ブログと同じ内容になります。)
令和3年4月14日(水)三島市輿水酒店輿水誠司

 皆さま、コメントありがとうございます。

受賞バブルが続いてます。
昨日はSBSラジオの生出演と三島市役所表敬訪問を行いました。
またお店の方も新聞掲載後、新しいお客様が来店しています。
この後のバブル後も、どれだけのお客にリピーターになって貰えるか、(お店にまた行きたくなる!)と思って貰えるような取組をしていきたいと思います。

ラジオ出演に関してですが、電話による前日打ち合わせがありました。
その中でパーソナリティの2人に「名前のポエム」をサプライズでプレゼントする、ということになりました。
元々同日の、市役所表敬訪問の際にも市長へ「名前のポエム」を贈ろうと思っていましたので、急遽3人分のポエムを翌日までに作成することになりました。
通常「名前のポエム」は注文から作成し完成までの期間として、余裕を見て(1人分)3日間いただいていました。
1日で3人分のポエム木箱(&ボード)を作成するのは初めてでしたが、(やろうと思えば出来る)ということが分かりました。
今まで「押すな、押すな」と自分でブレーキをかけていましたのが、後ろから強く押されたことで可動域の幅を拡げてもらったのだと思いました。
今後の自信にも繋がります。

また、もう一つ、ビックリしたことがありました。
新聞掲載のお陰で多くのお客様からお祝いのお言葉をいただいたのですが、その中の何人かの方から「おめでとう、あんなの(名前のポエム)、やっていたんだね、知らなかったよ。」という趣旨の言葉です。
私にとっては衝撃でした、(知らなかったんだ…)と。
「メッセージ木箱」は現物サンプルと写真を飾ってあるのですが、「名前のポエム」は写真のみでした、しかもあまり目立たないようです。
他のこともそうなのですが、こういうPRの仕方がよく分からないですし下手です。
現在、取り敢えず、掲載された新聞記事のコピーと海野さんのポエムを飾らして貰っています。
今後は目立つように現物の「名前ポエム」を幾つか置いて、アピールしていこうと思いました。
その際に、経営塾の皆様のお名前をお願いしてお借りするかもしれません、その節はどうぞ宜しくお願いします。
せっかくの受賞バブルを活用して、今後に活かしていけるよう取り組んでいきたいと思います。

2021年4月13日 (火)

イリュージョン!


(沼津経営塾ブログと同じ内容になります。)
令和3年4月13日(火)三島市輿水酒店輿水誠司

 先日、元勤務先にお世話になることがあって、お礼の葉書を書きました。
そして、数日後、別の件でまた電話をしました。
一通り話し終えたところで、最後に向こうが付け加えるように
「そうそう、所長がビックリしてましたよ、葉書! しかも字が全くの別人かと思ったって!」というのです。
くわしく聞くと、そもそも(輿水が)葉書出すなんて、そんな気のきいたことする奴じゃなかった(そうです。汗)

それと当時日誌を日々提出していたのですが、字が汚すぎて読めたもんじゃ無かった(そうです。汗)
葉書はもちろん経営塾がキッカケで書くようになった訳ですし、急に気が利くようになった訳ではありません。
字も下手クソなままなのですが、せめて葉書を書く際は相手が読めるように書こうと思うようになったのです。
(錯覚なのだ)と思いました。
中身の人間は同じなのに、ちょっとした事を変えただけで別人のようだと言うのです。

さらに錯覚は続きます。
今回も賞を頂いたことが新聞に掲載され、周りの評価がガラッと変わったのを感じています。
やっていることは10年以上前から同じくやっていることなのに、これも錯覚がなしえる事象なのだと思いました。
また、自分にとって都合が良い方向に、相手が錯覚してくれることはプラスになりますが、反面、リスクもあると思いました。
自分の実力以上の評価を相手が錯覚してみていたとしたら、その錯覚に早く近づけるように、実力をつけなければと思います。

相手に良い意味で錯覚してもらえるように、また錯覚に追いつけるように、実力も磨いていきたいと思います。


追伸
今日SBSラジオで13時25分ぐらい?に生放送で数分出演します、多分…。
サバンナ八木さんと内山絵里加アナウンサーと話します、多分…。
また報告します!


2021年4月12日 (月)

マリアージュ!


令和3年4月12日(月)三島市輿水酒店輿水誠司
(沼津経営塾ブログと同じ内容になります。)
 「マリアージュ」とはフランス語で「結婚」を意味します。
相性の良さを表現する意味で「ワインと料理のマリアージュ」などと使ったりします。

さてそのワインと料理のマリアージュ、3月に箱根の豊栄荘さんを訪問させていただきました。
コースの和食にペアリングで合わせるワインの試飲会です。
事前に料理メニューのリストを送ってもらい、お料理に合いそうな15種類のワインをチョイスしました。
豊栄荘さんのメインは何と言っても雉子料理です。
私は正直、雉子料理を食べた経験がありませんでした。
焦った私はネットで調べたり、高級料理本を読んだり、仲間のソムリエに問い合わせたりと大わらわでした。
当日、私も一緒に雉子料理のコースをいただきました。
良質な肉質で、クセがなく滑らかで、滋味深い味わい、和風だしやソースの乗りも良く、大変美味しく堪能させていただきました。
肝心のワインとのマリアージュですが、私のチョイスしたワインはいかに?
相性の良いものもあれば、正直イマイチ?…のも合ったかと思います…。
ただ、参加した皆様のワインに対するご意見が、私にとって何よりで、大変勉強になり次に活きてきます。
まだまだソムリエとして力不足ですが向上心をもって、これからも臨んでいきたいと思います。

さて、その会食の席で杉井さんから大事なことを教わりました。
さかえやさんの例を挙げられました。
さかえやさんでも料理に合わせたペアリングでワインをお出ししています。
さかえやさんでは、お客様に料理をお出しする際、併せてワインをお出しする際の、料理並びにワインの説明の仕方をトレーニングするそうです。
ただ普通に説明するわけではありません。
その説明一つで、料理もワインも味が変わるというのです。
(次の料理には、どんなワインが来るのだろう? どんな説明を聞かしてくれるのだろう?)、そんなワクワク感や期待をお客様に提供するおもてなしが出来るかどうか。
さかえやさんのお料理の評価は、そうしたお客様をワクワクさせる、おもてなしの魔法によって更に価値を上げているのだと思いました。

振り返って考えてみますと、私はただ普通にワインの説明をするのが精一杯で、(お客様に喜んで貰おう、楽しませよう!)という一番大事な視点が足りなかったのだと思いました。

(この人からワインの説明を聞きたい、この人と話したい、この人と接したい!)と言って貰えるような、そんな準備をして普段から臨んでいきたいと思います。

2021年4月11日 (日)

ぬまづ寓話!


令和3年4月11日(日)三島市輿水酒店輿水誠司
(沼津経営塾ブログと同じ内容になります。)

 今日から一週間、ブログ当番担当させていただきます。
どうぞ宜しくお願いします。


『ぬまづ寓話!』

司会「それでは、沼津ミルクボーイの登場でーす。」

A・B「どぅ~もぅ~どもっ、沼津ミルクボーイですぅ、お願いしますぅ。」

A「あっ、あっ~りがとうございますぅ、今、客席のお客様から「複写はがきの控え」を大量に貰いましたぁ~、こんなんナンボあってもイイですからねぇ、ありがとうございますぅ。」

B「あのぅ、話変わっていきなりやけどね、ウチのオカンがね、『沼津経営塾に、とっても素敵な人がおる』と言うんやけど、その人の名前を忘れたらしくて名前がでてけぇへんのよ!」

A「素敵な人の名前を忘れてもうて、オカンどないなってんのよぉ~、ほなっ 俺がオカンの言う沼津経営塾の素敵な人の名前、一緒に考えてあげるから、その人の特徴言うてくれるぅ?」

B「オカンが言うには、先月、豊栄荘さんで行われたマネジメントゲームで大活躍したらしいのよ、特に計数計算が早いのよぉ。しかも、周りでマトリックス表で困っている若い人達に、嫌な顔ひとつせず、親切にそしてユーモアも絡めて教えてくれる、とっても優しい人柄らしいのよぉ。」

A「はぁ~、小野さんやないか! その特徴は完全に小野さんや。豊栄荘さんでのMG優勝者、小野さんやからね。しかもマトリックスで困っている人をほっとけなくて、親切に笑顔で助けてあげてたんや! そらぁ~人情味あるでぇ、小野さんはそういう男や、小野さんに間違いなし! す~ぐ分ったやんか。」

B「小野さんねぇ~…。俺も最初は小野さんや思うたんやけどな、オカンが言うには、CLを毎日実践しハガキも毎日書いてる、と言うんや。」

A「はぁ~、ほな小野さんと違うかぁ。小野さんから葉書もろたら、『奇跡の1枚!』と言われとるからね。CLに関しては、今の経営塾メンバーの中で杉井さんの次にCLトレーナーに合格した最古参の『伝説の人!』なんやけど、あまりにも昔過ぎて、しかも実践を継続してこなかったから「全然覚えてぇへん」って本人が言うとるから…。ほな小野さんと違うかぁ。もうちょっと特徴くわしく教えてくれるぅ?」

B「趣味が手品で吉本ラクーン劇場にも出演した言うてた、特技としては笑い療法士の資格を持ってるとか…」

A[おのちゃんマンやないか! その特徴は完全におのちゃんマンや。プロと一緒に劇場に出てんねんで、そりゃ凄いよ! それに思い出すのは東日本大震災の際、被災者のために演じた『大マジック・ショー!』、笑いあり涙ありで皆が感動したんやで! またその他にも、笑い療法士の資格を持っていて、ボランティアで病院の患者さんを癒やしているんや! こんな器の大きい優しい奴おる? 小野さんはそういう男や。もう小野さんに決まり! オカンの言う素敵な人は『小野博文!!』

B「おのちゃんマンねぇ~…、俺もそう思ったんやけど、オカンが言うには几帳面で真面目でお酒一滴飲まないらしいんや…」

A「ほな、小野さんとちゃうがな。酒イコール小野さんのようなもんや。酒を飲んでの『だらしないエピソード』語らせたら小野さんの右に出る者おらへんよ! 酒飲んじゃダメな時も『一杯だけだよぉ!』が口癖なんやから…。   もう~これホンマに誰か分らへんなぁ~…。じゃあオマエね、今んところ誰やと思ってんのよ。」

B「う~ん、オトンは鳥居さんとちゃうか?と言うてんねん。」

A「鳥居さんも芸達者やけど、『ひょっこりはんと裸芸』で芸風全然ちゃうやろっ! もうエエわっ!」(手ツッコミ)

A・B「どもっ、ありがとうございましたー!」(ペコリ)


以上、「ぬまづ寓話」でした。

2021年4月10日 (土)

Because シリーズ!

Concept_bottles
令和3年4月10日(土)三島市輿水酒店輿水誠司

 Because シリーズのラインナップです。
案内を見ますとBecause シリーズの説明が書かれていました。

『ワインを知るためのワイン。
気軽に楽しく味わいながら
ワインの知識を深めていくことができるシリーズです。
それぞれのぶどうにとって最適な土地で醸した、
代表的な味わいのワインが、世界中からセレクトされています。
ラベルに書かれたそれぞれの香りや味わいを飲み比べて
お気に入りのブドウ品種や産地を見つけてもらえたら嬉しいです。
もちろん美味しく、そしてリーズナブルな値段なのも自慢です!(後略)』

私も飲みましたが、カラフルなラベルで、目立つだけで無く、コスパもイイです!
人気シリーズなるかも!

2021年4月 9日 (金)

花鎮祭!


令和3年4月9日(金)三島市輿水酒店輿水誠司

 出雲大社をはじめ、各地の神社で4月の中頃に「花鎮祭」という行事が行われたりするそうです。
起源は平安時代で、ちょうど桜の散る頃、たびたび疫病が大流行したそうです。
これを鎮めるために神を奉らせたのが「花鎮祭」です。
神社によっては、神前に桜の枝を捧げ、神楽や狂言などの芸能を演じるところもあります。
同様に「やすらい花(祭)を行う神社もあるそうです。

2021年4月 8日 (木)

日本政策金融公庫総裁賞!

Photo_20210408075601
令和3年4月8日(木)三島市輿水酒店輿水誠司

 新聞の効果は凄いですね。
昨日、静岡新聞さんに掲載していただき、沢山の方からお祝いのお言葉をいただきました。
近所の方からは「見たよ!」と言っていただき、メールや電話もいただきました。
以前勤めていた職場からも電話をいただきビックリです。
本当にお客様あっての授賞なので、皆様に感謝しています。
新聞では「名前のポエム」の写真が出て、そこだけ目立っていますが、機構の賞の評価は一応全体も含めて評価してくださいました。
審査の視点は、
「独創性に富み仕組みとして確立されているか」、
「広く普及できるビジネスモデルか」、
が問われました。

輿水酒店ではワインをプレゼントする木箱に「名前の作詞」を焼き印する「ポエム木箱」、「お祝いメッセージ」などを焼き印する「メッセージ木箱」などが工夫されたアイデアとして独創性を評価されました。

また、お客様に手書きの葉書を年数百枚書くなど、地道で丁寧な顧客対応が支持される理由でもあり、とりわけ毎年4月1日エイプリルフールに届けられるドッキリハガキはユーモアに富んで顧客とのコミュニケーションにも繋がっている。
ハガキの取り組みは小資本の店でも対応できるモデルとして工夫が評価されました。

店主は日本ソムリエ協会認定ソムリエとSAKE DIPLOMAの資格を有し、地元のお客様への説明はもちろんのこと、箱根町や長野県の旅館のワインリストの監修・販売も行っている。
また地元で友人達と社会福祉の街頭募金などの地域貢献活動も行っている。
などなど、経営塾で学んだことも、新聞には出ていませんが資料を提出し、評価の対象になりました。
今後も経営塾の仲間と切磋琢磨していきたいと思います。
輿水酒店が全国表彰して貰ったのは、ラッキーなことであり、本当にお客様の応援があったからこそのことなので、皆々様に本当に感謝しています。
ありがとうございました。
今後とも輿水酒店を宜しくお願いします。

2021年4月 7日 (水)

静岡新聞に掲載されました!

Photo_20210408045401
令和3年4月7日(水)三島市輿水酒店輿水誠司

 静岡新聞に輿水酒店を掲載していただきました。
とっても嬉しいです、ありがとうございます。
掲載された理由は、優良経営小売店として第30回日本政策金融公庫総裁賞を受賞したことによります。
全国表彰のため、日経MJの全国版にも掲載していただきました。
静岡新聞には一例ですが、「名前のポエム」が掲載されました。
詳しくは静岡新聞WEB版を見てください。
酒の贈り物、ポエム焼き付けた木箱で 三島「輿水酒店」のサービス好評|あなたの静岡新聞 (at-s.com)

2021年4月 6日 (火)

ブリーチーズ!


令和3年4月6日(火)三島市輿水酒店輿水誠司

 ブリーチーズは、白カビチーズの一種で、フランスのイル・ド・フランス地方で作られたといわれています。
チーズを食べ尽くしたフランス人が、
「最後のひとつに選ぶならブリーチーズ!」
というくらい人気があり、馴染みのあるチーズです。
その昔、フランス革命での修道院の焼き打ちで、イギリスに逃れようとした1人の修道僧がノルマンディの農家に身を隠した際に、ブリーチーズの製法を伝え、それがキッカケでカマンベール村でカマンベールチーズが生産されはじめたそうです。

2021年4月 5日 (月)

オーストリアワイン!

828btl
令和3年4月5日(月)三島市輿水酒店輿水誠司

 オーストリアのワインです。
首都ウイーンは有名で、国民人口900万人、ワインも作ってます!
南半球のオーストラリアワインはよく市場に出回っていますが、オーストリアのワインの取り扱いはまだまだ少ないのが現状です。
しかし、品質は高くて美味しいワイン多いです。
特に白ワイン、私大好きです。
品種はグリューナー・フェルトリーナーと言いまして、オーストリア特有のぶどう品種です。
キリッとした酸味がシャープです。
ボトルの形はお隣のドイツと似ていてスマートですし、ラベルもスマートないい感じの仕上がりです。

2021年4月 4日 (日)

ソメイヨシノ!


令和3年4月4日(日)三島市輿水酒店輿水誠司

 桜も街中では葉っぱが目立ってきましたかね。
今日はゴルフ場への配達で山の方に行ってきましたが、やはり暖かさが違うのか、桜満開でとてもキレイでした。
ところで、桜の人気品種でもある「ソメイヨシノ」の由来は、江戸時代末期に染井村(東京の豊島区)の植木職人が改良して作り出したものだったそうです。
しかし、当初は全く人気が無く、買い手もなく困っていたとのこと。
そこで、当時は「桜と言えば吉野(奈良県)」が有名だったため、全く関係のない吉野桜の名称を付けて売り出したところヒットしたそうです。
そもそもコピー商品だったものが、今ではブランドにもなっているわけですから、何がキッカケになるかわからないものです。
桜ももうそろそろ見納めと思うと寂しいです。

2021年4月 3日 (土)

モバイル新プラン!


令和3年4月3日(土)三島市輿水酒店輿水誠司

 3月にスマホの契約を変えました。
楽天モバイルの新プランです。
スマホ各社の価格競争により、新プランは魅力的な価格です。
私の結んだ楽天モバイル新プランは、取り敢えず1年間無料です。
その代わりと言っては何ですが、多少通信速度が遅いのと、サービスエリアの範囲が大手キャリアに比べると、まだ全国行き届いていない箇所があります。
まぁそれでも金額面の負担が無いのはとても大きいです。
今後も規制緩和などで、生活面や仕事にどんな影響があるのか注目していきたいと思います。


2021年4月 2日 (金)

かちこし!


令和3年4月2日(金)三島市輿水酒店輿水誠司

 昨日はハッピーエイプリルフールと共に、「かちこし!」の発売日でした。
かちこしは立春朝搾りの姉妹品になります。
立春から更に50日間程低温熟成し、より優しい味わいが育まれる、付加価値のついた日本酒です。命名の「かちこし」には、自分の人生も「壁を越え、新たな自分の価値を生み出していきたい!」という想いを込めさせて頂きました!(自分で言うとチョッと恥ずかしいですが…汗)
こちらも限定予約販売になりますが、是非味わって頂きたいお酒です。
「立春朝搾りが美味しかった!」という方には、リピート代わりに是非、呑んで頂きたいお酒でもあります。
限定発売かちこし純米吟醸生原酒720ML 1760円です。

2021年4月 1日 (木)

ハッピー・エイプリルフール!

20210401
令和3年4月1日(木)三島市輿水酒店輿水誠司
 
 ハッピー・エイプリルフール!
今年もこの日も迎えました!
輿水酒店で「ハッピー・エイプリルフール」の葉書を送り続けて今年で10年目になります。
最初はドッキリのつもりで始めましたが、続けてくるとマンネリ化してきて、効果も薄れてきました。(笑)
時候の挨拶ですので、ウケなくても許してくださいね。

2021年3月31日 (水)

年度末!


令和3年3月31日(水)三島市輿水酒店輿水誠司

 今日は「広報みしま」の4月1日号を同じ組の皆様に配布してきました。
一応、日程的には今日は年度末で、1年間、広小路町14組の当番で行ってきた組長のお仕事も終了を迎えました。
昨年の4月、ウイルスの問題が始まった初期の頃でした。
予定の行事も次々と中止、簡素化になりました。
組長としての役割は広報を配るぐらいがほとんどでした。
後は、会計報告を作って、次の当番の方にバトンタッチしたいと思います。
それでも1年の責任を終え、ホッとしています。

2021年3月30日 (火)

ストレッチ!


令和3年3月30日(火)三島市輿水酒店輿水誠司

 だいぶ朝晩はまだ冷えますが、日中は暖かいですね。
身体も動くような気候になってきましたので、ストレッチをやっていこうと思っています。
私は身体硬いのですが、肩甲骨と股関節のストレッチをやっていくつもりです。
体が柔らかくなると、いいことが沢山あるといわれています。
(姿勢がよくなる)
(疲れにくくなる)
(代謝が上がり痩せやすくなる)
(冷え性が緩和される)
(肩こり、腰痛ががなくなる)
(仕事のパフォーマンスが上がる)
(ケガをしにくくなる)
(気持ちよく体をを動かせる)
などなど良いことばかりです。
またストレッチもコツコツが大切です。
コツコツやって健康な身体でいたいですね。

2021年3月29日 (月)

ワイナリー・オブ・ザ・イヤー授賞!

626btl
令和3年3月29日(月)三島市輿水酒店輿水誠司

 賑やかななラベルです。
カリフォルニアの生産者でワイナリー・オブ・ザ・イヤー授賞した注目のワイナリーです。
生産者の名前は「マイケル・デイヴィット」と言います。
ワインの名は「フリークショー・カベルネソーヴィニョン」です。
「フリークショー」が意味するところは、
「周りが何と言おうと我が道を貫く自分たちを表現したワインのひとつ。結果、彼らしく飲み手を楽しませている。」
だそうです。
絵柄といい、何か変わっていて面白いです!

2021年3月28日 (日)

住みやすい街1位 三島広小路!


令和3年3月28日(日)三島市輿水酒店輿水誠司

 今日は嬉しいニュースが静岡新聞の記事に掲載されていました。
住宅ローン専門金融機関が実施した静岡県内の「本当に住みやすい街大賞」で三島広小路エリアがなんと第1位に輝きました。
理由として、
「伊豆箱根鉄道の三島広小路駅の周辺エリアは、首都圏への良好なアクセスと買い物や交通の利便性が評価された。中心市街地でも夏にホタルが飛び交う源兵衛川などが流れ、都市機能と豊かな自然が融合する町並みも人気が高い。」
と掲載されていました。
広小路に住んでいる者としては、嬉しいですし、幸せな環境にあることを感謝しました。

2021年3月27日 (土)

桜鯛!

375pxsacura_margaritacea
令和3年3月27日(土)三島市輿水酒店輿水誠司

 「桜鯛(さくらだい)」という名の鯛がいます。
春の季節の真鯛を指します。
赤味を増した桜色をしています。
桜の咲く頃に、内海の浅瀬に群がって来るので、こう呼ばれたとも言われています。
その春先の真鯛である桜鯛はまだ小魚であるため、市場にはほとんど流通せず、主にカマボコの原料になったりしているそうです。
ちなみに秋は「紅葉鯛(もみじだい)」、冬は「寒鯛(かんだい)」もいます。


2021年3月26日 (金)

ウサギさん絵柄のワイン!

I25102
令和3年3月26日(金)三島市輿水酒店輿水誠司

 イタリアはマルケ州のワインです。
うさぎさんの絵柄でお馴染み、ヴェレノージさんのロングセラーワインです。
「ヴェレノージ家の歴史はこのワインから始まった!」
と評される大事なワインです。
なんと、このたびこのワインがサクラアワード2021にてダイヤモンドトロフィーを受賞しました。
おめでとうございます!
モンテプルチャーノとサンジョヴェーゼのブレンド。
柔らかいタンニンが心地よいワインです。
これを機会に一度味わって戴きたいワインです。

2021年3月25日 (木)

駅にオープン!

1616671280297
令和3年3月25日(木)三島市輿水酒店輿水誠司

 今朝、広小路駅隣接にファミリーマートがオープンしました。
駅前で昨年から長い期間、工事が続いていました。
ローソンが出来ると噂が流れていましたが、ファミマでしたね。
よく考えてみれば伊豆箱根鉄道が西武系ですから、冷静に考えればコンビニならファミマ一択でした。
広小路駅は通勤や通学の乗降客も多く、コンビニは結構流行るのではないでしょうか。
今日はオープン記念と言うことで、割引サービスになっていまして、父がお弁当を買ってきてくれてご馳走になりました。

2021年3月24日 (水)

ワラビ!


令和3年3月24日(水)三島市輿水酒店輿水誠司

 ワラビは春の代表的な山菜のひとつでもあります。
若芽は「早蕨(さわらび)」と呼ばれ、古くから食用とされてきました。
ちょっと苦味もありますが、おひたしや漬物、味噌汁の具などに良いですね。
私は天ぷらやかき揚げにして食べるのが一番好きで、程好い苦味が日本酒によく合います。
ワラビ中毒といって、アク抜きしないと人でも中毒症状になることがあるそうなので、しっかりとアク抜きして食べたいですね。
ちなみに埼玉県にある蕨市の名前の由来は、源義経が立ち上る煙を見て「藁火村」と名付けたという説があり、食べるワラビとは関係がないようです。


2021年3月23日 (火)

食事とワインのペアリング!


令和3年3月23日(火)三島市輿水酒店輿水誠司

 昨日は箱根の旅館さんにお仕事で行ってきました。
和食のコース料理に合わせたワインのペアリング試飲会です。

前菜、お造り、鍋物、焼き物、蒸し物、酢の物などに各2~3種類、計15種類のワインを提案させていただきました。
2週間前にお料理メニューをいただきまして、合いそうなワインを考えながら、迷いながら(笑)、リストアップさせていただきました。
テイスティング会ですので、大いに皆さんからご意見を聞かせていただきました。
お料理に合うワイン、合わないワイン、それぞれありました。
その一人一人のご意見が、私にはとっても勉強になり、経験としてプラスになり、次に活かせます。
私はまだまだ実力不足で、説明をもっと分りやすく、そして何よりもお客様をワクワク楽しませるお話をしなければいけない、と痛感しました。
話し方の工夫をもっとしていきたいと思います。

勉強させていただいただけでなく、とっても美味しいお料理をいただき、旅館さんに大感謝です。

2021年3月22日 (月)

いかなご!


令和3年3月22日(月)三島市輿水酒店輿水誠司

 いかなごのくぎ煮をご飯のおかずや日本酒の肴で食べています。
いかなごは、夏になると突然姿を消すので、「如何(いか)な魚」と不思議がったことから、「いかなご」になったという説があります。
冬眠という言葉がありますが、いかなごは「夏眠」するといわれいます。
いかなごの稚魚を東日本地域では「小女子(こうなご)」と呼ばれています。
コウナゴの佃煮もスーパーで見かけます。

«オレンジワイン!