フォト
無料ブログはココログ

輿水酒店ホームページ

« 馬肉のことを桜肉! | トップページ | こしみず通信3月号! »

2017年3月13日 (月)

バーコードが2つある本!

Img_0300002_convert_20170314045942

平成29313()三島市輿水酒店輿水誠司

 

 私は月に1度ぐらいの割合で本屋さんに立ち寄り数冊の本を購入します。

お支払いの際、カウンターで店員さんがPOSレジのスキャナーで「ピッ」っとバーコードを読むわけなのですが…、ここが注目です。

本って、バコードが二つ上下に並んでいます。

皆さん、ご自分の持っている本、確認してみてください。

私の店もPOSレジですが、通常、お酒はバーコードひとつです。

なぜ?と思っていましたが先日解明しました。

本にバーコードが2つあるのは日本だけだそうです。

上のバーコードは(国、出版名、書名)などが識別できる世界共通の図書番号だそうです。

そして下のバーコードが日本のPOSレジ対応のための(価格、書名、分類等)が読み込めるコードだそうです。

« 馬肉のことを桜肉! | トップページ | こしみず通信3月号! »

コメント

おはようございます。
ぜんぜん気にしていませんでした。
家にある本を見てみたら…
あります。バーコード二つ。
日本独自は細かい情報なんでしょうね。

おばちゃんさんありがとうございます。
日本らしいというか、ソコ、日本人の特性として、私も学んでいきたいです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 馬肉のことを桜肉! | トップページ | こしみず通信3月号! »