フォト
無料ブログはココログ

輿水酒店ホームページ

« 泡盛の広まりは家康! | トップページ | バーコードが2つある本! »

2017年3月12日 (日)

馬肉のことを桜肉!

26962573_convert_20170312181959

平成29312()三島市輿水酒店輿水誠司

 

 馬肉のことを「桜肉」と言います。

その理由は諸説あります。

諸説①馬肉が桜色だから。

諸説②桜の咲く頃が美味しいから。

諸説③千葉の佐倉が馬の飼育地だったから。

諸説④江戸時代、桜と馬を謳った童歌が流行ったから。

などなど。

確かにそう言われると、どれも有りそです!

獣系では、イノシシの肉を「牡丹」、鹿の肉を「紅葉」とも呼びますね。

江戸時代は、馬や鹿や猪など獣肉を食べることが禁じられていたのですが、見つからないように食べている人達は、やはり居たようです。

ですので食す際は、獣の名をそのまま呼ぶのがはばかられたので、隠語として「桜」「牡丹」「紅葉」など植物系の名をつけたのかも?と言われています。

« 泡盛の広まりは家康! | トップページ | バーコードが2つある本! »

コメント

お疲れ様です。
昔は大切な蛋白源だったのでしょう。
花札も 紅葉には鹿が 牡丹には亥が描かれていますね。
桜は 幕で馬はいないけれど、幕の裏にいるかもしれませんね(笑)

おばちゃんさんありがとうございます。
確かに花札の紅葉に鹿描かれていますね。
ただ勘違いしがちですが、牡丹には蝶(チョウ)の絵で、イノシシには萩の花が咲いています。

そうか!
蝶々でした。
最近では花札見ないですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 泡盛の広まりは家康! | トップページ | バーコードが2つある本! »