フォト
無料ブログはココログ

輿水酒店ホームページ

« 2017年9月 | トップページ | 2017年11月 »

2017年10月

2017年10月31日 (火)

ホコテンに出店します!

平成29年10月31日()三島市輿水酒店輿水誠司

 

 11月3日の文化の日は毎年大通りがホコテンになります。

恒例で輿水酒店もブースを出店します。

ワインや日本酒の試飲販売を行う予定でいます。

場所はうなぎの桜家さんと常林寺さんの入り口の中間ぐらいの所で行います。

甲州ワインの2017年新酒も出品予定です!

お天気、良くなりますように!

2017年10月30日 (月)

ヴィーノ・ノベッロ解禁!

Img_0562_002

平成291030()三島市輿水酒店輿水誠司

 

 イタリアの新酒のことを「ヴィーノ・ノベッロ」といいます。

本日1030日が解禁日なのです。

ボージョレヌーヴォより一足早く、今年のワインの出来具合を楽しめます。

ボージョレヌーヴォがフランス・ボージョレ地方の新酒なのに対し、ノヴェッロはイタリアの北から南まで各州で色々なタイプのワインがあり地方色豊かです。

輿水酒店が仕入れましたノベッロはアブルッツォ州の名門ファルネーゼです。

イタリアワイン雑誌で常に高評価を得ていて、マンガ「神の雫」にも出てくる人気ワインです。

ぶどうサンジョヴェーゼを使用したフレッシュな赤ワインをお楽しみください!

 

2017年10月29日 (日)

笑顔と魅力!

平成291029()三島市輿水酒店輿水誠司

 

先日の沼津経営塾13周年でも「笑顔と魅力」が一つのテーマでした。

以前「笑顔」についての講演の中で「魅力ある人は、表情豊かで笑顔も素敵!」というお話しがありました。

そして、「では、笑顔の練習をやってみましょう!」ということになり2人ペアを会場でつくりました。

よく写真を撮る際に「はい、笑って~!カシャ」と、ひとつぐらいは笑顔を作れると思います。

しかし、モデルさんやグラビアアイドルさんの撮影では、何百何千の写真を、全部違う表情、全部違うポーズで撮ります。

しかも1.5秒ごとの間隔で。

その講演では、「せめて10個の違うパターンの笑顔を、ペアの方に見せて下さい。1.5秒間隔で!」ということになりました。

これが、やってみると、結構難しいのです。

私などは、笑顔と言えるのは、最初の三つぐらいで、それ以降は笑顔というより変顔()になってしまいました。

瞬時に違うバリエーションの笑顔をつくることが、いかに難しいかが分かりました。

皆さんも是非練習で、1.5秒間隔の笑顔10パターン、やってみてください、意外と難しいです。

(変顔にならないようにご注意を!)

特に日本人はこういうのが苦手らしいです。

逆に平均的アメリカ人なら100パターンぐらいは出来るだろうということでした。

以前、人の講演は、話の内容より見た目の印象、の記憶の割合の多いと聞きました。

気持ち的に、心の中では笑顔でも、表情にその笑顔が出せていなかったとしたら、チョッともったいない気がします。

皆さんの心の中の笑顔を、豊かに表情で表現できたら、きっと相手の方にも喜んでもらえると思います。

1.5秒間隔の笑顔バリエーション、是非トライしてみてください。

変顔にならないようにご注意を!(笑)

 

2017年10月28日 (土)

ワイン会!

Img_0558_002

平成291028()三島市輿水酒店輿水誠司

 

 昨日はVia701さんでの「大人のワイン会」のナビゲーター役をさせて貰いました。

23名の方が参加してくれまして賑やかで楽しい会になりました。

常連のお客様も応援に来てくれて嬉しかったです。

5種類のワインとお食事で、私がそれぞれ説明やウンチクなどを話しながら進めました。

初めて会うお客様も10名ほどいらっしゃいまして、専門的な質問などもあり、大変緊張しました。

最後にクイズをやって盛り上がりのうちに終了することが出来ました。

書いていただいたアンケートも概ね好評だったんで、ホッとしているところです。

参加してくれた皆様、声を掛けてくれたVia701さん、三島商工会さん、皆様に感謝です。

 

2017年10月27日 (金)

スーパーの常温たまご!

平成291027()三島市輿水酒店輿水誠司

 

 玉子をスーパーで買いますと、パッケージに「お買上げ後は冷蔵庫で保存してください。」と書いてあります。

でも、スーパーでは冷蔵ではなく、常温で置いてますよね。

何か、違和感を持つ方も多かったと思います。

たまたま食品を扱う業者の方から、その謎を教えて貰いました。

菌の繁殖を考えると、低温で保存した方が良いのですが、それよりも温度が上がったり下がったりして結露を起こしてしまう方が、玉子には悪い影響を与えてしまうのだそうです。

つまり玉子は温度変化に弱いということです。

ですから養鶏場から出荷されたものが常温であるならば、家庭の冷蔵庫に入れられるまでは常温のままにしておいたほうが、玉子にとってはより安全ということなんですね!

なるほど!思いますが疑問も一つ新たに浮かびます。

温度変化に弱いのなら、冷蔵庫のドアポケットの玉子置き場は、開閉による温度変化において、保存場所として適切ではないと思うのですが…、神経質過ぎますでしょうか?!

 

2017年10月26日 (木)

ジロのTシャツ!

Img_0557_002_2

平成291026()三島市輿水酒店輿水誠司

 

 イタリアのファルネーゼといいます醸造家のワインを仕入れましたらTシャツをいただきました。

イタリアの自転車レース「ジロ・デ・イタリア」のスポンサー記念にワインと発売したのですが、その際、記念Tシャツも作ったそうです。

今度の景品としてお客様にプレゼントします。

 

2017年10月25日 (水)

網走駅の看板!

1024pxabashiri_station02bs5

平成291025()三島市輿水酒店輿水誠司

 

 先日、高倉健さんの映画つながりで、網走駅の看板のことが記事にでていました。

全国的に横書きの駅名看板が多い中、網走駅前の階段の処の立派な桂板で作られた看板は縦書きで書かれているそうです。

それには理由があったのです。

旧国鉄時代、網走刑務所で刑を終えた元受刑者のほとんどが、この網走駅から列車に乗って故郷へ帰っていきました。

網走の街を去るその際、「この縦書き看板のように、横道にそれることなく、真っ直ぐに歩んで生きていってほしい」との願いが込められていたのでした。

看板のそばには、網走刑務所所長の言葉として、この縦看板の由来が記されているそうです。

おぉ~、由来の理由にビックリ!

 

2017年10月24日 (火)

ボージョレ・ヌーヴォー予約受付中!

平成291024()三島市輿水酒店輿水誠司

 

ボージョレ・ヌーヴォは11月の第3木曜日が解禁日で今年は16日が発売です。

トロフィーリヨンコンクール最高金賞受賞のアントワーヌシャトレのボージョレヌーヴォー。そして注目は、毎年好評をいただいてます「日本人の造るサムライ・ヌーヴォー」です。遠く大海を渡ったサムライ醸造家・仲田晃司さんのル・デュモン・ヌーヴォ。

ラベル背景には「天地人」の文字。遠くフランスにおいても日本人としての心意気を感じずにはいられません。また輿水酒店に毎年クリスマスカードを贈ってくれる誠実で律儀な方です。

そんな素晴らしい仲田さんの頑張りに、輿水酒店も応援していきたいとます! 

2017年10月23日 (月)

こしみず通信!

Img_0556_002

平成291023()三島市輿水酒店輿水誠司

 

 こしみず通信出来ました!

こしみずイチオシの日本酒、「おんな泣かせ」の案内

ボージョレヌーヴォー3種類とノヴェッロや甲州ワインの新酒。

沼津経営塾13周年のラクーン劇場での新喜劇(写真付き)

霜月ワイン試飲会お知らせ

ホコテンの出店

などなど盛りだくさんです。

イベント等でおおくなってきますので、体調にも気をつけたいと思います。

2017年10月22日 (日)

投票!

平成291022()三島市輿水酒店輿水誠司

 

 今朝は投票に行ってきました!

いつもは期日前投票に行くことが多いのですが、今回はついつい行きそびれてしまいました。

投票場所であります三島西小学校に朝の7時ちょっと前に着きました。

開場7時なのですが、既に10人ぐらいのかたが並んでいました。

その中でご近所のSさんがいらしたので、ご挨拶。

「おはようございます!早いですね。」と。

そうこうしていると、(カランカラ~ン)との鐘の合図で開場です。

いつもの要領で無事、投票を済ませました。

出口の処で出口調査?なるものも行われていました。

雨にも関わらず、私の帰り際にも、続々と投票に来られた方が入場してきます。

投票率も選挙結果に左右されると言われていますが、どうなるのでしょうかね。

夜は、テレビなど選挙特番一色になりそうですね。

 

2017年10月21日 (土)

「おんな泣かせ」入荷しました!

Img_0546_002

平成291021()三島市輿水酒店輿水誠司

 

待ちに待った?大村屋酒造場の銘酒「おんな泣かせ」が」昨日入荷しました。

「おんな泣かせ」は一年に一度だけの仕込みになります。

毎年丁度この季節に、一斉発売し売り切れましたら完売、翌年の10月末まで待つしかありません。

輿水酒店も多めに仕入れたいのですが、それは全国の名門酒会のお酒屋さんも一緒です。

仕入れ数量の調整があります。

それだけ人気があるということですね!

大村屋酒造場さんは新しい設備も導入しましてから、一層の技術力が向上し、一層美味しさも追究し、より一層美味しい味わいになったと評判です。

この「おんな泣かせ」は日本酒が苦手な方や普段あまり口にされない方々にも美味しく飲んでいただきたいという想いから昭和55年に誕生したお酒です。

そして、よく誤解を招いています名前の由来を申し上げますと、

「女性もその美味しさに泣けてしまうようなお酒であって欲しい!」との想いが込められているそうです。

発売以来、大村屋酒造場を代表するお酒として地元はもちろん、全国の皆様に愛飲されています。

上品でふくよかな味わい、飲み口の良い純米大吟醸です!

2017年10月20日 (金)

ハロウィンマンゴーリキュール!

Img_0545_002

平成291020()三島市輿水酒店輿水誠司

 

 ハロウィンマンゴーリキュールです!

アルファンソ種マンゴー100%使用のこだわりリキュールです。

トロリとした甘味のマンゴーの味わいが特徴です。

口に含むと最初は濃厚ですが、余韻は果実のなめらかな味に仕上がっています。

ストレートやロック、またホットウォーターやミルク割りなどもオススメです。

オマケにグラスに貼れるハロウィンシールがついています。

 

 

2017年10月19日 (木)

お燗酒もそろそろ!

平成291019()三島市輿水酒店輿水誠司

 

 雨が多いですね。

日中はいつまでも暑いなぁと思っていたましたが、朝晩をはじめ、一気に涼しくなりましたね。

お店でも、そろそろお燗酒の用意をしようと思っています。

日本酒はお燗の温度によっても味が変化して楽しめます。

以前私も、展示会で5度おきのお燗酒を試しましたが、(コレ同じ日本酒か?!)と驚くほど変化があり楽しめました。

さて、温度によるお燗の呼び方です。

30度 日向燗(ひなたかん)

35度 人肌燗(ひとはだかん)

40度 ぬる燗(ぬるかん)

45度 上燗(じょうかん)

50度 熱燗(あつかん)

55度 飛び切り燗(とびきりかん)

つい、熱燗!と一言で済ませていますが、お燗酒には温度によりこれだけ種類がありますね。

一般的には、お燗に向くお酒は主質がドッシリとしたタイプです。

酸味に特徴のある山廃純米酒なども結構、お燗向きでオススメです。

2017年10月18日 (水)

ゼクト!

P1090807_convert_20141016164300

平成291018()三島市輿水酒店輿水誠司

 

ドイツのスパークリングワイン、「ドクターダインハード リースリング エクストラブリュット ファルツ ゼクト」です。

(ドイツのワインはとにかく名前が長いのが多いです…。)

ドイツにおけるスパークリングワインの総称はシャウムヴァインと言います。

そのドイツのシャウムヴァインの中でもちょっと上級なのがゼクトです。

一般的には「シャウムヴァイン」より「ゼクト」の方が名が通っています。

シャウムヴァインの規定では炭酸ガスを人工的に注入しても良いのに対し、ゼクトでは「炭酸ガスは二次発酵により得られたもの」、という決まりがあります。

また、アルコール度数も10度以上でガス圧の強さも規定があります。

更にその上級には、ドイチャーゼクトb.Aというのがあります。

規定は更に厳しく、ブドウ栽培がドイツの中のご指定の13地域に限られ、地域名を表示する場合はその地域の原料ぶどうを100%使用してワインを醸造します。

この長い名前の「ドクターダインハード リースリング エクストラブリュット ファルツ ゼクト」もドイチャーゼクトb.Aの一つでファルツ地方100%のゼクトになります。

ぶどう品種はリースリング、エクストラブリュットが辛口と言う意味になります。

このように正確な情報を、名前に全て反映させている、というのがドイツらしいと言えばドイツらしいですね。

 

2017年10月17日 (火)

柿のしぶぬき職人!

Img_0544_002

平成291017()三島市輿水酒店輿水誠司

 

 この季節になりますと活躍します「柿のしぶぬき職人」です。

アルコール度数47度と通常より強めのアルコールになっているので、よ~く渋が抜けます!

渋の抜き方

まず、「しぶぬき職人」を浅い容器に入れ、柿のヘタ部分を浸します。

(または、「しぶぬき職人」を霧吹きでヘタ部分に噴霧します。

その後、柿をビニール袋に入れて密封します。

室温で5日間ほど置くと、渋が抜けます。

 

柿の美味しい季節がやってきました!

2017年10月16日 (月)

いぶりがっこのタルタルソース!

Img_0543_002

平成291016()三島市輿水酒店輿水誠司

 

 「いぶりがっこ」をご存知でしょうか?

秋田県に「いぶりがっこ」という漬物があります。

冬には雪の降る寒い地域の秋田県では、漬物として使う干し大根が凍ってしまうのを防ぐため、大根を囲炉裏の上につるしていぶります。

そして米ぬかで漬け込んだ雪国秋田の伝統的な漬物が、「いぶりがっこ」です。

秋田の方言では漬物が「がっこ」と呼ばれていたため、命名されました。

その「いぶりがっこ」と燻製玉子使用で作られたのが、こちらの「いぶりがっこのタルタルソース 燻KUN」 です。

コレ、先日の名門酒会の展示会で試食しましたら凄く美味しくて仕入れてきました!

 

2017年10月15日 (日)

沼津経営塾13周年!

Img_0536_002

平成291015()三島市輿水酒店輿水誠司

 

 一昨日は沼津経営塾13周年をメンバー達と開催させていただきました。

場所は10周年から4年連続で沼津ラクーン劇場です。

ラクーン劇場はお笑い芸人さん達を沢山抱えている吉本さんの劇場です。

大変嬉しい事に、その吉本芸人さんと4年間も連続でコラボレーションさせていただきました。

催しとしては、芸人の富士彦さんの司会で、我らが沼津経営塾塾長おのちゃんマンのマジックショー!そしてヌマンズさん、チューリップさん、バイク川崎バイクさん、くまだまさしさんの漫才、

さすが芸人さんです! 大いに笑い大いに楽しませていただきました!

そして次に、芸人さん達と一緒に、経営塾メンバーや私も参加した、吉本新喜劇です。

お笑いのセンスなど全く無い私ですが、芸人さんのツッコミやイジリのお陰で、見事にお客さんが笑ってくれました。

そしてシメは、沼津経営塾を13年に渡って指導してくれた杉井先生の講演です。

さすが杉井先生、コチラも見事にユーモアたっぷりの講演でした。

盛会のうちにイベントは終了し、ホッと今一息しているところです。

ひとくちに13周年といいましても本当に多くの学びや体験がありました。

沼津経営塾は、経営の勉強人生の勉強を毎月1回集まって学んできました。

今も私の原点になっています早朝掃除、葉書、100マラソンも、この経営塾で学びました。

また、メンバーの皆で毎年大晦日に行っている街頭募金も、経営塾で学んだからこそです。

13周年を終え、またあらたな気持ちで仕事に人生にチャレンジしていきたいと思います。

 

2017年10月14日 (土)

読書!

Img_0542_002

平成291014()三島市輿水酒店輿水誠司

 

 先日購入した本です。

読書の秋です。

読書は好きですが、なかなか時間がとれないですね。

本を読むことで、内容を読んだり学ぶ以外に、勉強になることが沢山あります。

読解力、文章力、理解力、思考力などなど、脳のトレーニングなると言われています。

更にスピードも身につけれたら嬉しいですね!

帯に「行動する時間を生み、最速で結果を出す。」とあります。

読書の秋、楽しみです!

2017年10月13日 (金)

静岡発 クラフトチューハイ!

Img_0535_002

平成291013()三島市輿水酒店輿水誠司

 

 地域限定 クラフト・チューハイ新発売です。

静岡産三ヶ日みかん果汁を用いたアルコール7%のクラフトチューハイ。

缶チューハイではなく、瓶を使用するところに目が行きます。

宝酒造から新発売!

三ヶ日みかんも有名になってきました。

 

2017年10月12日 (木)

焼き秋刀魚のアヒージョ!

Img_0531_002

平成291012()三島市輿水酒店輿水誠司

 

 焼き秋刀魚のアヒージョ。

缶詰です。

焼き秋刀魚をエクストラバージンオリーブオイルとニンニク、唐辛子で煮込みました。

隠し味の醤油で仕上げたオリジナルの親しみやいソフトなアヒージョです。

おつまみにも、ご飯のおかずとしてもオススメです。

 

2017年10月11日 (水)

生酛づくり山廃造り!

Img_0529_002

平成2910月11日()三島市輿水酒店輿水誠司

 

 静岡のグランシップへ行ってきました。

酒問屋さんの展示会です。

日本酒、焼酎、ワインなどの藏元さんがブースをだしていて試飲とうさせていただきました。

また、セミナーの勉強会もありました。

内容は、日本酒のつくりかたで「生酛づくり山廃造り」を学びました。

専門的で難しい内容でしたが貴重な藏元さんのご意見が聞けました。

お客様にもわかりやすく伝えていきたいと思います。

 

 

2017年10月10日 (火)

栄光の3日間!

20131010175503_convert_201511090856

平成291010()三島市輿水酒店輿水誠司

 

フランスのブルゴーニュでは、毎年11月に「栄光の3日間」といいますワインのお祭りがあるそうです。

ブルゴーニュと言えば、世界に通じるワインの一流銘醸地ですが、その中でも飛び切り良質のブドウが収穫できる土地があります。

土壌や気候に恵まれたその土地はコート・ドール(黄金の丘陵)と呼ばれています。

その中心にある「ボーヌ」はワインの香りに満ちたワインの首都です。

3日間行われるそのイベント名は、誇りある「黄金の丘陵」の名前をとって「栄光の3日間」と名付けられたそうです。

お祭り期間中、街ではワインのテイスティングはもちろん、パレードや大道芸、超高級ブルゴーニュワインのオークションなどもあり、世界中からワイン関係者がやってくる大きなお祭りです。

私もいつか、行ってみたいですね!

2017年10月 9日 (月)

酒屋の前掛け!

Img_0528_002_2

平成29109()三島市輿水酒店輿水誠司

 

 酒屋の前掛けです。

プレゼント仕様にこんな感じの袋入りセットになっています。

写楽の絵は外国人の方にも買って貰おう!と意識しているのかもしれませんね。

飾り用のディスプレイとしてもどうでしょうか?

見た目うけはイイです!

Img_0526_002_2

2017年10月 8日 (日)

ワイン練習会!

平成29108()三島市輿水酒店輿水誠司

 

 昨晩は輿水サロンでワイン練習会を行いました。

5種類のワインの説明と感想。

そして最後にワインクイズなども行ってみました。

ワインの選定だけでなく、時間の配分や話の順番などをアドバイスいただきました。

アドバイスをもとに修正してまた練習していこうと思います。

自分では中々気がつかないので指摘されたこと、自分がどのように見られているか、

客観的な意見がとても参考になりました。

 

2017年10月 7日 (土)

ほぐしかつお!

Img_0523_002

平成29107()三島市輿水酒店輿水誠司

 

 新入荷のおつまみです。

「ほぐしかつお」かつおが原料ですが、かつおの削り節に発酵調味料や魚醤、お醤油で味付けしちょっぴり三温糖を加えて、まろやかな味に仕上がりました。

化学調味料無添加です。

お酒の肴としてだけでなく、サラダやお豆腐、おやつに、そして以外に感じるかもしれませんが、パンにはさんでも美味しくいただけます。

先日の全国大会で味見して仕入れました。

2017年10月 6日 (金)

平家の伝説保存食!

Img_0522_002

平成29106()三島市輿水酒店輿水誠司

 

 「秘伝 豆酩」(とうべい)、人気のお酒おつまみ!です。

豆腐のもろみ漬けです。

熊本県阿蘇の伏流水と厳選した大豆で造られたもろみ漬け。

天然にがりも用いまして自家製堅豆腐を五ヶ月かけてじっくりとつけ込んでいます。

まさにオリジナルの秘伝技!

平家の落人の保存食だったとも言われています。

ご飯のお供として、酒の肴として美味しくお召し上がりいただけます。

その他にも料理の隠し味としてお使いいただくとコクと旨味が増すそうです。

 

2017年10月 5日 (木)

ワイン試飲商談会 はしご!

平成29105() 三島市輿水酒店輿水誠司

 

 昨日はお店休日でしたが、ワインの展示会に2件、東京へ出張してきました。

既に取引のあるインポーターさんで、年に23回こうした試飲会を開催してくれます。

合計300種類以上のワインのテイスティングを行ってきました。

しかもチェックの入った気になるワインは再度ティスティングします。

口に含んで舌で味をみて、そのあと飲まずには出すので酔っ払いはしないのですが、数が多くなってくると、さすがにアルコールと渋みで、舌がつかれてくる感覚があります。

また、インポーターの方とのお話も大切な情報をいただいたりして大変勉強になりました。

幾つか仕入れますので、また皆さんに紹介したいと思います。

 

 

2017年10月 4日 (水)

富士見酒!

平成29104()三島市輿水酒店輿水誠司

 

 富士見酒という呼び方は江戸時代にさかのぼります。

酒の本場、灘から江戸に送る酒は、最初馬で輸送していましたが、江戸での消費が増えたため船で送るようになりました。

これは江戸に下ると言う意味で下り酒と呼ばれ、天下の美酒として喜ばれたそうです。

これは馬の背でも船でも、富士山を見ながら江戸に向かう行程で酒樽はほどよく揺られて丸くなっていき、しかも吉野杉の木の香りがついて更に美味しいお酒へと進化しました。

また江戸で売れ残ったお酒は再び灘に戻ってきたのですが、出荷前より、丸くなり、木の香りする進化したお酒に「富士を見て帰ってきた酒は美味い!」と評判になり「富士見酒」として人気が出たそうです!

2017年10月 3日 (火)

小夜衣 秋あがり!

Img_0521_002

平成29103()三島市輿水酒店輿水誠司

 

 秋限定、小夜衣(さよごろも) 秋あがり 純米原酒です。

お茶処もでもあります菊川市の森本酒造さんです。

森本社長さん自らが酒造りに取組んでいます。

純米原酒の秋上がりらしい、しっかりとした酒質に旨味がのっています。

小夜衣(さよごろも)に名の由来は、新古今和歌集や源氏物語に登場する「小夜衣」からきているそうです。

四合瓶(1,320)と一升瓶(2,358)をご用意しています。

 

 

2017年10月 2日 (月)

三嶋暦!

Img_0520_002

平成29102()三島市輿水酒店輿水誠司

 

今年も、あと3ヶ月になりました。

そして早くも、来年の三嶋暦も発売となりました。

三嶋暦の会さんから委託を受けて、輿水酒店で販売させてもらっています。

A4サイズの大が500円です。

小サイズ(300)をお求めの方は三嶋暦の館に直接お寄りください。

伝統の三嶋暦をお楽しみください。

2017年10月 1日 (日)

日本酒の日!

平成29101()三島市輿水酒店輿水誠司

 

 101日は「日本酒の日」です。

日本酒造中央会が日本酒の日を101日に定めたのは昭和53年の事です。

その理由としては、おn季節になりますと、お米が新米で収穫されます。

その新米で藏元は日本酒作りを始めるのがこの時期です。

昭和39年度までは酒造年度は「101日から」と定められていて、藏元では「酒造元旦」として祝っていました。

また、お酒を意味する干支の「酉」(とり)という字があります。

この「酉」は十二支の十番目になりますので、10月が日本酒の月になったという説もあるそうです。

« 2017年9月 | トップページ | 2017年11月 »