フォト
無料ブログはココログ

輿水酒店ホームページ

« 防災ワークショップ! | トップページ | ハイネケン! »

2018年6月21日 (木)

肝臓を学ぶ!

平成30621()三島市輿水酒店輿水誠司

 

スーパードクターと言われている西原先生がテレビにて肝臓のお話をしていたのでメモリました。

肝臓の働きは大きく分けて2つ。

 食べたものから血や肉の原料を作る化学工場としての働き

 老廃物や体に入った有害なものを分解するゴミ焼却炉の働き

有害なものの代表格がアルコール、といわれてしまいました。

(輿水の個人的意見としては、飲み過ぎると確かにいけませんが、適量なら酒は百薬の長!です。)

「お酒を飲む際に水を飲むとよい」といわれていますが、「確かに体的には楽ですが、アルコール度数が多少薄まるので、吸収速度が遅くなり、肝臓は全力で働かなくて済むという程度で、負担があることには変わりないと話していました。

「肝臓にはレバーが良いと聞きますが?」という問いに対しては、

「成長期には鉄分が必要なので、レバーを含む鉄分の多い食べ物は良いです。しかし、中年を越えてから鉄分を取り過ぎると、酸化ストレスの原因になるので、適量を守ってください。」とのことでした。

「肝臓に良い食べ物は?」の問いには、

「食物繊維のあるもの。さつまいもやキャベツなどの野菜の他、海藻、キノコ類が食物繊維が多くオススメです。」

また、お酒を飲まなくても、NASH(脂肪肝炎)という肝臓が悪くなっている人が200万人いるそうです。

脂肪が多いと肝臓に負担がかかるそうです。

私はお酒も飲むし、だいぶ脂肪もついているので、食物繊維の多い食事を意識していきたいと思います。

 

« 防災ワークショップ! | トップページ | ハイネケン! »

コメント

おはようございます。
身体の中の化学工場ですね。
人の身体が、凄いことをしていると思います。
どんなに良い食べ物も、適量が大事てすね。
食物繊維、昔に比べて取らなくなっているそうです。
意識してみたいと思います。

おばちゃんさんありがとうございます。
食物繊維、大事ですね。
食べ物、意識するようになりました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 防災ワークショップ! | トップページ | ハイネケン! »