フォト
無料ブログはココログ

輿水酒店ホームページ

« 2018年8月 | トップページ | 2018年10月 »

2018年9月

2018年9月30日 (日)

元気を!

(沼津経営塾ブログ当番と同じ内容になります。)

平成30930()三島市輿水酒店輿水誠司

 

 皆様からの健康方法、とても勉強になります。

是非参考にさせていただきたいと思っています。

 

それでは2日目、宜しくお願いします。

 

 商店街の早朝掃除を行う中で、何人かの出会う方々と朝のご挨拶を交わすことが、私の毎日のモチベーションにつながっていると思います。

朝の散歩やジョギングの方、仕事に出勤する方、夜勤明けの方、私と同じく掃除をされている方、など様々な方々に挨拶をしています。

その中のひとりに、よくお一人で散歩をされている年配のご婦人の方がいます。

名前も住まいも存じ上げないのですが、その方とは、挨拶を交わすだけでなく、他愛ない世間話や近況の話などもしたりします。

またそのご婦人は、商店街掃除の事を何度も褒めてくださるので、私としてはとても感謝をしています。

その方がある朝、身の上話をしてくれたことがありました。

その方は現在、一人住まいなのですが、お子さんやお孫さんが年に12回会いに来てくれるのがとても楽しみだという話をしてくれました。

また「ただ、普段は、朝散歩して、昼買い物して、後は家でテレビを見ることが多く、一日を通して誰とも喋らないことが結構あるの…」、との言葉に、私はショックを受けました。

続けて「だから、あなたとお話をするのがとても楽しみなの、お時間とらせて御免なさいね。」とおっしゃるのです

私は「私の方こそ、掃除がこうして続けて来られたのは、お母さんの様に朝出合う方々が、私に声を掛けてくれたからです。(おはよう!)のひと言にどれだけ勇気を貰ってるかわかりません、本当にありがとうございます!」と、感謝の気持ちを素直に話しました。

すると、「私でも役に立っているのかしら?そんなこと言われた事無いから嬉しいわ。元気になるわ」とおっしゃってくれたのです。

私側から見たら、(皆からの「おはよう!」に勇気づけられてありがたいなぁ)と思っていたのです。

それが、相手の方も、私の挨拶に元気を貰っている、ということをおっしゃってくれたので、ますます勇気づけられる思いでした。

自分自身が、(人の役に立っている)と思えることは、とてもありがたいです。

今後も、ひとつでも多く、お役に立てたら嬉しいです。

 

 

2018年9月29日 (土)

コンディション!

(沼津経営塾ブログ当番と同じ内容になります。)

平成30929()三島市輿水酒店輿水誠司

 

本日から1週間、ブログ当番を担当させていただきます。

どうぞ宜しくお願いします。

 

ようやく残暑も落ち着き、近頃は過ごしやすい気温になってきました。

皆さんの体調はいかがでしょうか。

 私は今年の6月ぐらいから、食事改善とストレッチを始めました。

キッカケはこのところ、肩や腰のコリが気になり始めたからです。

「痛い」と云うことは無いのですが、肩はこるし腰は重いし、疲れ易いし、(身体のキレが悪くなってきたなぁ~)と思うことが多くなっていたからです。

健康本を購入したり、ネットで調べたりと、みよう見まねで体調管理に乗り出しました。

まずは、体重と血圧を毎日測ること、ストレッチを毎日行うこと、後は睡眠に気を付けることにしました。

そして食事については、私は大食いの方でして、特に量は制限していませんが、まず暴飲暴食をしないこと、野菜とタンパク質をとることと、菓子類などの間食を減らすことを意識しました。

それでもお酒も飲みますし、お菓子やジャンクフードも食べることがあるのですが、それを摂取した時は、後に軽いジョギングや運動をするように決めました。

すると、一か月後ぐらいから早くも変化が出てきました。

元々太り過ぎだったこともあるのですが、体重も血圧も下がり始めました。

ウエストも、ベルトの穴の位置が2~3つ違います。

こうなってくると面白くなってきて、つい、過度にやり過ぎてしまう傾向にあることは、以前の体験で分かっていましたので、運動はほどほどに、食事はストレス無いようによく食べていました。

身体が絞れてきたことで、体のキレは良くなってきてはいたのですが、肩や腰のコリはあまり改善がみられません。

本やネットを見ながら、肩については肩甲骨周りのストレッチを毎日行うことにしました。

腰については、身体が硬いことが一因であるとのことで、前屈や開脚をやっていたのですが、効果がイマイチ出てきません。

調べていくうちに、柔らかくするには、股関節や骨盤の矯正とヒザ裏、モモ裏のストレッチが大事なことがわかり、取り入れるようになりました。

身体の硬さは一遍に改善とはいきませんが、ストレッチやりながら、調べながら、修正があったらしながら、取り組んでいきたいと思います。

最初は見まねで始めましたが、やり方には、自分の身体との相性や、自分の継続できるペースがありますので、自分に合う方法を見つけることが大事だと思うようになりました。

試行錯誤しながらも、体調管理、」継続していきたいと思います。

 

もし、皆様の知っている方法で、(コレ、やるとイイよ!)というのがありましたら、是非、また教えてください。

 

ちなみに私が参考にしている本

「体内の炎症を抑えると病気にならない」池間敏郎

「最高の体調」鈴木祐

 

2018年9月28日 (金)

地理的表示!

平成30928()三島市輿水酒店輿水誠司

 

 農林水産省の地理的表示保護制度というのがあります。

その土地の風土を活かしたお酒や農産物を対象とし、産地名を知的財産として登録し保護する制度です。

地域ブランドを推進や保護する目的から設けられました。

例えば、「山梨」のワイン。山梨県で収穫されたぶどうのみを用いたワインのみが「山梨」を名乗れます。

当たり前!のように聞こえるかもしれませんが、以前の法律では細かいきめがありませんでした。

法律が定められたのがつい5年前の2013年です。

「日本酒」も、原料は国内産米のみで、国内で醸造されたもののみが「日本酒」と呼べる、と決まったのが201512月です。

それ以前は安いお米やぶどう果汁を輸入して販売して、日本酒や山梨ワインとして販売しているケースもあったのでした。

「壱岐」「球磨」「薩摩」の焼酎や「琉球」の泡盛、「白山」の日本酒などが地理的表示として登録されています。

今後ますます増える傾向にあると思います。

2018年9月27日 (木)

おんな泣かせ、まもなく!

P1100923_convert_20160921085324

平成30927()三島市輿水酒店輿水誠司

 

 来月の1020日ごろ、銘酒「女泣かせ」が入荷します。

春に搾ってすぐに瓶詰め、その後約半年間低温で熟成させまして、この秋に出荷になります。

大村屋酒造場さんの代表人気銘柄でもあります。

大村屋酒造場さんは新しい設備も導入しましてから、一層の技術力が向上し、一層美味しさも追究し、より一層美味しい味わいになったと評判です。

この「おんな泣かせ」は日本酒が苦手な方や普段あまり口にされない方々にも美味しく飲んでいただきたいという想いから昭和55年に誕生したお酒です。

そして、よく誤解を招いています名前の由来を申し上げますと、

「女性もその美味しさに泣けてしまうようなお酒であって欲しい!」との想いが込められているそうです。

発売以来、大村屋酒造場を代表するお酒として地元はもちろん、全国の皆様に愛飲されています。

上品でふくよかな味わい、飲み口の良い純米大吟醸です!純米大吟醸の上品な香りと、すらすら飲める、柔らかで優しい口当たりが多くのファンをつくっています。

今年もいよいよ、まもなくです!

2018年9月26日 (水)

日本酒利き酒!

平成30926()三島市輿水酒店輿水誠司

 

 先日は日本酒の利き酒を行いました。

その中で、

吟醸酒の利き酒

お米の違いの利き酒

吟醸と純米吟醸の利き酒

などを行いました。

 

正直、どれも難しくて、私は上手く答えることが出来ませんでした。

味の違いはあるのですが、それぞれの特徴を区別するまでに至っていません。

お酒をティスティングするため、

鼻をクンクンさせ、

舌の上に転がせるつもりで、

眉間にシワを寄せて…

終わった際には疲労が…。

 

よくテレビなどで食リポといって、芸能人が味の表現を言葉で話していますが、味わいを人に分かるように伝えるには、本当に大変難しいと思いました。

 

お酒のティスティングは、食リポとはまた少し違うのですが、練習して上手くなっていきたいです。

 

2018年9月25日 (火)

こしみず通信10月号!

Img_0185

平成30925()三島市輿水酒店輿水誠司

 

 こしみず通信10月号、完成しました。

内容は

1.秋の日本酒「ひやおろし」の案内

2.こしみず夜話

3.日本酒試飲会

4.ワイン試飲会 などなどです。

 

また字がイッパイになってしまいました…。

次は写真やイラストものせていきたいと思います。

 

2018年9月24日 (月)

杜氏渾身の逸品!

Img_0184_002

平成30924()三島市輿水酒店輿水誠司

 

 この秋の私の大好きなお酒、入荷になりました!

 毎年この時期、大村屋酒造場さんから日比野杜氏の思い入れのあるお酒が発売になります。

輿水酒店が懇意にさせていただいています静岡県の銘酒 大村屋酒造場の日比野杜氏渾身の酒 自信をもってオススメします。

平成二三年に若いながら当蔵の杜氏の大役を受け継いだ日比野哲。その重責を見事に担い、蔵の進化に貢献しています。

その日比野杜氏がお酒のラベルに自分の名を入れた、思い入れのある、そして意気込みを感じさせる渾身のお酒です。

若竹・純米吟醸生原酒 特別囲い是非味わっていただきたい逸品です!

 

2018年9月23日 (日)

酒盗!

平成309月23日()三島市輿水酒店輿水誠司

 

 塩辛の事を酒盗(しゅとう)と言いますが、なぜ酒という字が使われているのでしょうか。

酒盗は魚の内臓を原料とする塩辛のことで、塩気がお酒に良く合うことから、

「盗まれるようにお酒が無くなっていく」

「酒が無くなったら盗んでも飲みたくなる」

が語源と言われています。

主にカツオの内臓を洗い、塩漬けにし、さらに熟成させたものです。

高知県、鹿児島県の名物としても知られていますね。

2018年9月22日 (土)

広島県のお酒!

Img01

平成30922()三島市輿水酒店輿水誠司

 

 広島県も日本酒処として名立たる酒蔵が幾つもあります。

昨年に「日本の20世紀遺産20選」にも「西条の酒造施設群」が見事に認定を受けました。

広島県も酒の歴史が色々ありますが、大きく変換するキッカケになったのが、明治期の天才醸造家 三浦仙三郎さんと言われています。

東広島で酒蔵を始めた三浦さんは、熱心に研究を重ね、「広島の軟水に合う、しっかりとした麹造りと低温長期醪による造り方」を編み出したのでした。

この三浦さんの長期低温による酒造りが、吟醸造りのベースになった技術です。

三浦さんが(スゴイ!)のは、この技術を自分だけに囲いこまずに、県内の他の酒蔵に広めたことにより、広島の酒は格段に酒質が向上し、広島杜氏の隆盛にもつながったのでした。

広島杜氏の酒造りは、雄町などの軟質米を使い、麹をしっかりと造って低温で発酵させるという小味の効いたです。

そしてその勢いもかりて1907年、記念すべき第1回全国清酒品評会において、広島酒が上位を独占したのでした。

その後、大正時代には酵母も人気があり、きょうかい3(酔心)4号、5(賀茂鶴)が相次いで広島県内の酒蔵から採取されました。

また東広島の佐竹製作所が明治後期に動力精米機を開発したことから、高精米が可能になり吟醸造りへの力になったのでした。

土壌的にも顕著な特徴がありまして、表土の下に「マサ土」と呼ばれる粗い砂状の土が層をなしています。

これは花崗岩が風化したもので、最大で数十メートルにもなり、この地層を透ってくる地下水は全国的に見てもトップレベルに硬度が低く、広島の酒造りに大きく貢献しています。

お米は「広島と言えば、八反錦1号」です!広島県内酒米生産量1位です。

それに加えて雄町系では「雄町」と「こいおまち」

山田系では山田錦と千本錦(山田錦の改良種)などなど。

伝統ある広島の酒造りにこれからも注目していきたいと思います。

2018年9月21日 (金)

モスコミュール!

P_moscow_mule

平成30921()三島市輿水酒店輿水誠司

 

 女性にも人気のあるカクテルです。

ウオッカをベースにライムジュースとジンジャーとミントを効かしたカクテルです。

ショウガの辛味がアクセントになって美味しいです。

このカクテル、元々はウオッカメーカーとの社員とジンジャービアーを広めたいレストラン店主によって作られたといわれています。

更にそこに、銅製マグカップの製造にかかわる女友達も加わり「モスコ・ミュール」を広めるキャンペーンを開始して見事に成功をおさめました。

「モスコ・ミュール」名は「モスクワのラバ」という意味だそうです。

雌馬と雄のロバを掛け合わせた「ラバ」は、びっくりすると後ろ足を蹴り上げるクセがあります。

見かけによらない、そのキック力を「モスコ・ミュール」のアルコールの効き具合に重ねて名付けられたそうです。

2018年9月20日 (木)

三島のお寺で座禅と街歩き!

Img_0176

平成30920()三島市輿水酒店輿水誠司

 

 Via701さんの9月30日()にあります特別企画です。

三島のお寺巡りで座禅もできる企画(参加料500円別途昼食代1300円程度)だそうです。

午前中、三島の街をガイドさんの説明を聞きながら歴史散策し、本格的な座禅を体験してもらいます。

お昼に斎坐(さいざ)といいます昼食会が文化財の蔵のあるお店であります。

 

お申込みお問い合わせはVia701(055-976-0038)

 

 

2018年9月19日 (水)

大山ブランド!

08ohyama

平成309月19日()三島市輿水酒店輿水誠司

 

大山 特別純米酒です。

山形県鶴岡市の大山地区にあります「加藤嘉八郎酒造」さんのお酒です。

酒蔵でこの「大山」という名を冠につけているのは意味があります。

ただ単純に地域名を表記しているだけではありません。

そこには誇りと伝統が含まれているということです。

と言います理由を説明するには、江戸時代以前にさかのぼります。

山形県の酒造の歴史は古く、1500年代に創業した酒蔵が3件あり、1600年代初期にも2件創業しています。

米どころでもあり、古くから酒造りが盛んな地でありました。

そのころ、酒蔵の中には、元は京都で暮らす一族でありながら、都が応仁の乱で荒れ果てたため、都落ちして出羽の国にいきついた家があり、この出羽の国で酒造りに励んでいました。

特に大山では北海道から長崎まで海路を利用し「大山酒」という一大ブランドを築いたのでした。

そして大山の地は酒のメッカとして、「東の灘」と称されたそうです。

大山ラベル、その重みを立派に受け継いで、期待に応えてくれています。

 

2018年9月18日 (火)

華鳩 特別純米 華コロンブ 瓶囲い!

52hanahato

平成30918()三島市輿水酒店輿水誠司

 

 広島県の榎酒造さんのひやおろし、「華鳩 特別純米 華コロンブ 瓶囲い」です。

日本酒度+3.5 酸度1.5 酵母熊本酵母 お米は、 こいもみじ、八反錦を使用しました特別純米酒です。

口の中で優しい旨味ときれいな酸が◎、ほっと安らぐ呉の秋の特別純米酒です。

鳩の絵のラベルが目をひきますね。

被害のあった酒蔵ですが、元気に頑張っています!

2018年9月17日 (月)

イギリス・ケンブリッジに酒蔵!

Bbnlkh5

平成30917()三島市輿水酒店輿水誠司

 

 イギリスのケンブリッジに酒蔵が今月誕生しました。

 今までもヨーロッパに清酒醸造所は幾つかありますが、日本の企業が進出して創ったのはヨーロッパ初だそうです。

修道院跡に作ったのですが、敷地内には酒造所の他に和食レストランの他に技術者養成や宿泊施設なども伴っているそうです。

地元ケンブリッジの硬水を機械で軟水に変え、酒米は日本から輸入して今春に試験生産を開始してきまして、ついに101日の「日本酒の日」に合わせて販売を開始するそうです。

開所式では3銘柄が披露されまして、ラベルは特別ラベルで駐英日本大使が揮毫した一千本のビンテージ清酒で、四合瓶で1千ポンド(14万7千円)というから驚きですが、半数が英国や中東ドバイからの注文が既にあるそうです。

日本酒の輸出は右肩上がりで8年連続過去最高の輸出額を更新していまして、ヨーロッパ市場での販売拡大が期待されているとのことです。

2018年9月16日 (日)

利休割り箸!

A17012

平成30916()三島市輿水酒店輿水誠司

 

 割り箸の中で両端が少し細くなっている割り箸ご存知でしょうか。

「利休割り箸」と言われ、高級割り箸の一つと言われて懐石料理用と言われています。

懐石料理に使われる利休箸は千利休が考案したものといわれ、1本ずつ削って作られますが、これを割り箸にしたものです。

赤身の杉で作ったものが香り良く、最高とされています。

両端が細いのは、お祭りの後、直会でお酒をいただくのと同じで、一方は人、一方は神様が使われるという神人一体の思想から来たといわれています。

 

2018年9月15日 (土)

まないた!

平成30915()三島市輿水酒店輿水誠司

 

 まな板の語源ですが、諸説あるうちの一つです。

魚は肴の中で最高の材料とされていて、「真菜(まな)(野菜の材料)と呼ばれたり、「真魚(まな)(魚の材料)とも書かれた文献があるそうです。

この「真菜(まな)」「真魚(まな)」を調理する台だから「まないた」と言われたといいます。

室町時代の「七十一番職人歌合」の五十七番(庖丁師)に真魚箸と庖丁刀を使う庖丁師が絵入りで出典されていました。

2018年9月14日 (金)

扁平精米!

平成30914()三島市輿水酒店輿水誠司

 

 お酒をつくるのに、お米の仕込む際、精米機でお米を精米して雑味の部分を削ります。

以前は普通精米(球形精米)といいまして、お米が丸く削られていました。

この方法ですと、酒造りの妨げになるタンパク質が残ってしまいます。

タンパク質は一見必要に感じるかもしれませんが、酒造りにおいては、蒸米にする際の消化性が悪く、更にはアミノ酸度増して雑味につながり易くなります。

また、色や香味の劣化の原因にもなります。

そのため、精米によって出来るだけ削り取ります。

近年では技術が進歩しまして、そのアミノ酸の部分も削り取れるように、どの部分もお米の表面から等しい厚さに削り取る精米方法ができるようになりました。

お米は扁平になるため、これを「等厚精米」又は「扁平精米」と呼んでいます。

扁平度合いをさらに高めた「超扁平精米」を独自開発した大七酒造さんなどの酒蔵もあります。

 

2018年9月13日 (木)

鬼乙女シリーズ・秋!

70wakatake

平成30913()三島市輿水酒店輿水誠司

 

 島田市の大村屋酒造場さんの鬼乙女シリーズ、秋バージョンの「ひやおろし・幸」です。

秋色の和服女性のラベルが目をひきますね。

お米は静岡県の酒造好適米・誉富士に酵母は静岡酵母と地元色も出ています。

落ち着いた優しい酸味とふくよかな丸みのあるお酒に仕上がっています。

 

 

2018年9月12日 (水)

長野県の日本酒データ!

平成30912()三島市輿水酒店輿水誠司

 

長野県の2014年の日本酒データが掲載されていました。

日本酒生産量は全国第11位です。

特定名称酒の県別順位第10位です。

そして、

酒造好適米生産量でみると全国代3(国内生産量の8%)

長野県の酒蔵の数にいたっては81蔵あり、全国第2位です。

こうした傾向をみますと、蔵元数は多いですが、量より品質に重きを置いている傾向にあると思います。

長野県における酒蔵の歴史は室町時代末期に始まったといわれています。

昭和の時代に、佐久市で発見されたのですが、1689年創業の酒蔵のもので漆で封印された伊万里の壺で保管されており、現存する「日本最古の酒」の酒と評判になりました。

過去の長野県はそれぞれが急峻な山と数多くの峠で隔てられ、町村相互の交通の使い勝手があまりよくありません。そのため日本酒や原料の玄米の運搬にも支障があり、それぞれの村ごとに比較的小さな酒蔵が多数できることになった、という説明がありました。

なるほど!そういう理由から酒蔵全国第2位なんですね。

それでもやっぱり、良いお酒造りがあるからこそ、小さな蔵でも成り立っているのだと思いました。

 

2018年9月11日 (火)

天変地異!

平成30911()三島市輿水酒店輿水誠司

 

 近年は地震や台風など自然の驚異による災害が多い気がします。

この時期まだまだ、台風が幾つかやってくるかと思うと、まだ復旧がなされていない被災地の状況が心配になってしまいます。

昔は台風のことを「野分」と呼んだそうです。

「野の草を分けるように強く吹く荒々しい風」という意味だそうですが、荒々しいの度を越えている気がしますね。

備えるといっても、避難場所や避難ルートを考えるくらいで、いざとなったら、兎にも角にも命を最優先にすることなんでしょうかね。

2018年9月10日 (月)

日本三大杜氏!

平成30910()三島市輿水酒店輿水誠司

 

 全国各地の土地の水、米を使って造り続けてきた日本酒は、その造り方も地域ごとに独自に発展し、杜氏集団を形成してきました。

日本の三大杜氏と言われているのが、

南部杜氏、越後杜氏、丹波杜氏です。

 

南部杜氏―岩手県石鳥谷町が発祥の地といわれ、現在日本最大の杜氏集団となっています。

 

越後杜氏―新潟県三島郡寺泊野積が有名です。

 

丹波杜氏―兵庫県篠山市出身者がそのほとんどを占めています。

 

杜氏という呼び名は、お婆さんの尊称「刀自」からきています。

昔、女性がお酒を造っていた名残りですね。

 

2018年9月 9日 (日)

タルムード!

平成3099()三島市輿水酒店輿水誠司

 

 タルムードとは、ヘブライ語で書かれたモーゼの教えでユダヤ教の聖典とされています。

口伝で伝えられたものをまとめたもので、ユダヤの格言集ともいわれています。

その中の一つにお酒の言葉も入っています。

「酒が入ると秘密が出ていく」

現在にも通ずることが、こんな昔から格言として言われていたのですね。

官僚や政治家の失言も、お酒の席での言葉を録音されていたり流出したりしていることが、幾つもニュースにありました。

タルムードの教え、教訓になります。

2018年9月 8日 (土)

とりあえずビール!

平成3098()三島市輿水酒店輿水誠司

 

 居酒屋で最初に飲み物を注文する際、「とりあえずビール!」と言う表現があります。

外国人の方がそれを聞いて「とりあえずビール」という名のメーカーが、(アサヒビールやキリンビールと同じように)あると思ったという笑い話があります。

先日、飲みに行った際に、そんな話をしていたら、広島では「とりあえず」を方言で「たちまち」と言うのです。

つまり広島では「たちまちビール!」と頼むと話していました。

それをきっかけに、「とりあえず」の他の似た言葉でビールを頼もう!ということになりました。

皆一生懸命考え始めました。

そして出てきたのが、

「とにかくビール!」

「ひとまずビール!」

「さしあたってビール!」

「一旦ビール!」

「ちょっくらビール!」

「何はさておきビール!」

「とりもなおさずビール!」

「まずもってビール!」

などなど、色々な表現で店員さんに頼むと面白くて皆でウケていました!

言葉のゲームとして流行るかもしれません!

 

2018年9月 7日 (金)

一ノ蔵 ひやおろし!

02ichinokura

平成3097()三島市輿水酒店輿水誠司

 

 一ノ蔵のひやおろし、入荷しました!

宮城県大崎の酒蔵 酒米は蔵の華の特別純米 酵母はきょうかい1701号です。

宮城県は「山田錦」が栽培できる最北端といわれていますが、「みやぎ・純米酒の県」としてアピールすると同時に特定名称酒にも力をいれています。

県単位による特定名称酒比率の全国平均が約38%なのに対して、宮城県の特定名称比率は94%と、圧倒的な全国1位です。

ザックリいいますと、原料や品質の高いお酒の割合が高く、原料の安い低めのお酒の生産量はあまり作っておらず、比率は低いとうことです。

蔵の華は宮城県の酒造好適米の中でも一番生産量が多い品種です。

一ノ蔵はバランスの良い飲み口には伝統的に定評があり、安心して飲めます!

 

2018年9月 6日 (木)

ギフトショー!

Img_0164_002

平成3096()三島市輿水酒店輿水誠司

 

 昨日は休日を利用して東京ビックサイトで開催されているギフトショーといいます展示会に行ってきました。

新しい技術や商品の展示会でもあり、興味深いブースが沢山あり、見ていて楽しかったです。

今回はラッピングの商材に気になるものがあったので、あらためて検討したいと思います。

こうして新しいアイデアを見学するのは、今までの固定観念にリフレッシュな刺激をいただいた気分です。

2018年9月 5日 (水)

馬の耳9月号!

Img_0163_002

平成3095()三島市輿水酒店

 

 友人であり沼津経営塾塾長でもある小野さんから馬の耳通信が送られてきました。

毎月、ありがとうございます。

表のお題が二つあって、24時間テレビでトライアスロンをやった「みやぞん」さんのことと、明石家さんまさんのことが記事にありました。

今まであまり詳しく「みやぞんさん」のことを知らなかったのですが、今回彼の優しい人柄を知り、一気にファンになってしまいました。

苦しい時を経験しても、人に厳しいなるのと優しくなるのとでは大きな違いがあると思いました。

私も普段の生活からも学び、自分を改善していきたいと思いました。

ちなみに今月のお馬様のお言葉は、

「痛いの痛いの屯田兵」でした!

 

 

2018年9月 4日 (火)

入荷しました、ひやおろし!

56hiraizumi

平成3094()三島市輿水酒店輿水誠司

 

今季初物、ひやおろし入荷しました。

秋田の銘酒「平良泉 山廃純米 ひやおろし」です。

日本酒の季節限定「秋のお酒」といいますと、「ひやおろし」が一番に挙げられます。

日本名門酒会が提案する「ひやおろし」とは、定義があります。

その昔、江戸時代、新酒が劣化しないよう春先に加熱殺菌(火入れ)したうえで大桶に貯蔵し、ひと夏越して外気と貯蔵庫の中の温度が同じくらいになった頃、大桶から「冷や」のまま(二度目の加熱殺菌せず)樽に「卸して(移して)」出荷したからこう呼ばれていました。

日本名門酒会では、「ひやおろし」は昔と同様、二度目の加熱殺菌をせずに出荷されるため、冷蔵保管が必要になりますが、その分、味わいの成分がよく融け合った香味のバランスが絶妙な味覚の神髄が味わえます。

輿水酒店としましては「季節ごとのお酒」を大事にしていこうという気持ちがありますので、お客様にも気持ちをこめてオススメしていきたいと思います。

なんだかんだで「ひやおろし」10種類前後入荷予定ですのでお楽しみに!

2018年9月 3日 (月)

受賞ワイン!

Img_0161_002

平成309月3日()三島市輿水酒店輿水誠司

 

 東京に出張でワインの受賞パーティーに行ってきました。

仕入れ先のワインも数多く受賞していました。

今回は時間があまりなかったのですが、それでも100種類以上のワインを試飲してきました。

飲まずに、口に含んでティステイングするのですが、それでも多少飲んでしまいます。

また、赤ワインのタンニンの渋みが、歯ぐきや舌に絡んできますので、水で口をゆすいだり、ホテル側で用意してくれましたフランスパンを食べたりしていました。

気になったワインも幾つかありましたので、仕入れを検討してみたいと思います。

 

2018年9月 2日 (日)

ゾノさん!

平成3092()三島市輿水酒店輿水誠司

 

日曜日のテレビ番組に元サッカー選手の前園さんがチョイ役のコメンテーターとして出演しています。

ダウンタウンの松本さんが司会をしている人気番組で、イイ具合にイジられ役でウケてるそうですね。

実は前園さんとお酒は深い関係があります。

数年前に泥酔してタクシーの運転手に暴行した事件がありました。

普通ならこの事件で、業界からは姿を消してもおかしくありません。

しかし、それ以来、彼は断酒をして心を入れ替え、周囲の人にも誠実な態度を示してきたそうです。

番組でもたまに松本さんがお酒の件でイジって笑いのネタにしています。

過去の失敗を笑い話に変えてくれた松本さんにも大感謝です。

今では逆に、飲酒運転撲滅の警察のポスターに掲載されるまでになったそうです。

失敗から見事に立ち上がりました。

今は断酒しているそうですが、いつの日か、お酒を飲めるイイ日が来ますように!

2018年9月 1日 (土)

体幹トレ!

Img_0158_002

平成3091()三島市輿水酒店輿水誠司

 

 2ヶ月ぐらい前から、自宅で軽くですがストレッチと体幹トレを始めました。

身体が固いので、肩回りと腰をほぐしています。

体重も多少減量できまして調子よいです。

先日、箱根駅伝で活躍している青山学院大学のトレーニング本があったので購入しました。

テレビ出演などで原監督を見ていて尊敬してしまいました!

 

 

« 2018年8月 | トップページ | 2018年10月 »