フォト
無料ブログはココログ

輿水酒店ホームページ

« 2018年9月 | トップページ | 2018年11月 »

2018年10月

2018年10月31日 (水)

ドイツ ぶどうジュース!

Img_0215_002

平成301031()三島市輿水酒店輿水誠司

 

 ドイツのぶどうジュース入荷しました。

ワインボトルみたいですけど、ノンアルコールです。

しかし、実際にワインに使用するブドウを使った、本格的なノンアルコール・ぶどうジュースです。

赤の方のぶどうは、ボルトゥギザー、ドルンフェルダー、シュペートブルグンダーの葡萄を使用しています。

いずれもワインにもよく使用される品種です。

 

白の方のぶどう品種は、ケルナー・ミュラートゥルガウを中心とした、これまた白ワインによく使われる葡萄品種です。

両方とも甘口で口当たりが良いです。

ストレートで飲んでもソーダで割っても楽しめます。

バラ(各 1,620)でも売ってます。

セットですと化粧箱代が入り3,590円になります。

2018年10月30日 (火)

イタリアの新酒ワイン「ノベッロ」新発売!

Img_0212_002

平成301030()三島市輿水酒店輿水誠司

 

 イタリアの新酒ワイン「ノベッロ」が今日居解禁日を迎えました!

昨年も好評でしたファルネーゼ氏のノベッロです。

以前にも申したかもしれませんが、私はファルネーゼのワイナリーのファンで、お気に入りのワインが幾つもあります。

今年もどんなノベッロが届いたのか、とても楽しみです。

 

2018年10月29日 (月)

こしみず通信11月号完成!

Img_0210_002

平成301029()三島市輿水酒店輿水誠司

 

 こしみず通信11月号完成しました。

内容は新商品の案内が主です。

日本酒の「おんな泣かせ」

フランスのボージョレー・ヌーヴォー

イタリアのノヴェッロ

日本の甲州ワイン

など、2018年の新酒のご案内

そして、沼津よしもとラクーン劇場での沼津経営塾14周年の催し

113日のホコテンに出店試飲会!

英王室レセプションにでたワイン!

など、盛沢山です!

2018年10月28日 (日)

嬉しい絵!

Img_0208_002

平成301028()三島市輿水酒店輿水誠司

 

 輿水サロン試飲会などにも常連で参加してくれるお客様の吉野さんが、絵を描いてもってきてくれました。

大変嬉しいことに、輿水酒店や輿水酒店と常連のお客様達をイメージして、描いてくれたのです。

私の家族だけでなく、お客様も描いてくれてあって、情景はお祭りで、お神輿も担がれています。

「輿水」との名前入り酒樽も登場し、近所の皆に振舞われています。

絵はまだ、製作途中でして、これから更に描きこみ、完成しましたら、また持ってきてくれるそうです。

完成しましたら、何かお祝いをして、皆に披露したいと思います。

 

2018年10月27日 (土)

October 試飲会!

Img_0207_002

平成301027()三島市輿水酒店輿水誠司

 

 October ワイン試飲会でした。

赤白7種類のワインを試飲してもらいました。

新しく入荷したワインも3本だしてみました。

中でも新入荷のカリフォルニアワイン、人気ありました!

また、今年ハツモノ2018年ワイン、山梨県産デラウェアワイン2018、ボージョレヌーヴォーより早く、縁起物ということで喜んで貰いました!

皆さんにアンケートを書いて頂いたので、参考にして次回に繋げていこうと思います。

2018年10月26日 (金)

新酒 デラウェア!

Img_0206_002

平成301026()三島市輿水酒店輿水誠司

 

 ボージョレヌーヴォーより、早い山梨ワイン、新酒デラウェアです。

デラウェアのフルーティーな香り!

ジューシーな果汁たっぷり!

甘みと酸味のバランス良いスィートワインです!

2018年の新酒、縁起モンです!

2018年10月25日 (木)

東山魁夷展!

Img_0205_002

平成301025()三島市輿水酒店輿水誠司

 

 昨日は東京に出張です。

展示会と試飲会に参加した後、時間があったので国立新美術館によって、東山魁夷展に行ってきました。

東山魁夷生誕110周年ということで、昨日が展示会初日とあって、平日にも関わらず混んでいました。

中には外国人観光客や高校生の団体も鑑賞に来られていました。

私は絵画は詳しくないのですが、東山魁夷さんの絵は見覚えのある作品が幾つかあります。

また、絵のバックグランドとなった過程や哲学を知ることができて、絵に対する重みが一段と増しました。

落ち着いた木々の絵にはヨーロッパに絵の研鑽の旅が背景にあったこと。

唐招提寺の障壁画には、鑑真への敬意の想いがあること。

などなど、絵は見た目だけでなく、心を写す風景を大いに感じ、感動しました。

 

2018年10月24日 (水)

アルコール依存症!

平成301024()三島市輿水酒店輿水誠司

 

 沼津経営塾のブログでアルコール依存症のことを海野さんが書かれていました。

私達、酒店にも関りが勿論あります。

未成年者飲酒禁止の徹底、犯罪の防止、アルコール健康被害対策など、お酒の販売に関して、社会的役割や道徳的意義、研修でも教わりました。

毎年、アルコール依存症患者は増えています。

そこには販売側の責任も問われている問題も生じてきています。

あるコンビニでは、アルバイト店員が制服を着た高校生に缶ビールを販売し、未成年者飲酒禁止法違反になりました。

またある酒販店では未成年者と知りながら、年齢確認を実施せず販売してしまいました。更にその未成年者達が酒盛りを行い、その中の一人が急性アルコール中毒で病院に搬送された事件が起こり、やはり未成年者飲酒禁止法違反により、罰金と酒販売免許取り消しに処せられました。

また、その他にも、飲酒運転による交通事故。

酒に酔った勢いでの犯罪。

飲酒による健康被害。

などなど、お酒にはネガティブなイメージがあることも事実です。

私を含めお酒業界は、お酒の販売をしながらも、こうした諸問題に気遣っていかなければ、社会に貢献できないと思いました。

お酒を拡売する上では逆行するかもしれませんが、社会的役割を果たすために、未成年者飲酒防止の注意喚起、自動販売機の撤廃、などを組合を通じて自主的に取り組んできました。

お酒にはネガティブなイメージだけでなく、人を幸せにすることや、社会を明るくすることにも充分に貢献できます。

その意味でも、「最低限のモラルをもってお酒を販売しなければならない!」とあらためて意識しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2018年10月23日 (火)

人気の「おんな泣かせ」入荷しました!

Img_0204_002

平成301023()三島市輿水酒店輿水誠司

 

 本日、おんな泣かせ、入荷になりました!

待ってましたー!

大村屋酒造場の銘酒「おんな泣かせ」

「おんな泣かせ」は一年に一度だけの仕込みになります。

毎年丁度この季節に、一斉発売し売り切れましたら完売、翌年の10月末まで待つしかありません。

輿水酒店も多めに仕入れたいのですが、それは全国の名門酒会のお酒屋さんも一緒です。

仕入れ数量の調整があります。

それだけ人気があるということですね!

大村屋酒造場さんは新しい設備も導入しましてから、一層の技術力が向上し、一層美味しさも追究し、より一層美味しい味わいになったと評判です。

この「おんな泣かせ」は日本酒が苦手な方や普段あまり口にされない方々にも美味しく飲んでいただきたいという想いから昭和55年に誕生したお酒です。

そして、よく誤解を招いています名前の由来を申し上げますと、

「女性もその美味しさに泣けてしまうようなお酒であって欲しい!」との想いが込められているそうです。

発売以来、大村屋酒造場を代表するお酒として地元はもちろん、全国の皆様に愛飲されています。

上品でふくよかな味わい、飲み口の良い純米大吟醸です!

2018年10月22日 (月)

タバタ式!

P1090808_convert_20141017172951

平成301022()三島市輿水酒店輿水誠司

 

 ここ何ヶ月か、身体を動かしています。

トレーニングというほどでもありませんが、軽い運動をしています。

そんな時に、友人から「タバタ・プロトコルは効果あり!」との情報を貰いました!

タバタ・プロトコルとはトレーニング方法の一つです。

以前から雑誌に良く取り上げられていて、タバタの記事を読むたびに気になっていたんですよね。

タバタ・プロトコルは元々は1990年頃の日本のスピードスケート・ナショナルチーム用として考案されたトレーニングの一つです。

田畑教授の論文が元になったので、こう呼ばれているそうです。

やり方としては、強度の強い運動を20秒行い、その直後10秒休憩、これを1セットとして8セット行うと良いそうです。

運動と休憩も含めて、たった4分という短さも魅力です。

でも実際ユーチューブを見ながらやってみると、この4分がかなりキツイです。

このタバタ・プロトコルにより、持久性体力が飛躍的に向上すると言われています。

そのミソは無酸素性供給と有酸素性供給の組み合わせにあるそうです。

有酸素性と無酸素性供給に対して最大の強度をかけた時に効果が一番大きくなるそうですが、タバタ・プロトコルはその実践として証明なんですね。

やってみると結構キツイですが、短い時間だと思うと、何とか我慢できます。

しばらく続けてみて、効果のほどを試してみます。

2018年10月21日 (日)

かぐや姫!

平成301021()三島市輿水酒店輿水誠司

 

富士山に関する本の中に「かぐや姫」の話題が載っていました。

通常のかぐや姫の話は、竹やぶで拾われたおじいさんとおばあさんに育てられ、やがて帝に見初められるのですが、お月様へ帰ってしまうとういう話ですね。

平安時代から現在に至るまで親しまれている「竹取物語」の話です。

実はこの竹取物語の原作には富士山も登場しているのだそうです。

かぐや姫は、月から来たことを明かし、求愛を受けていた帝へ、自分の忘れ形見として手紙と不死の薬を残していきます。しかし、帝はかぐや姫が去った今、不死などは望まぬとし、家来に、「天に近い山の頂で手紙と薬を燃やすように」と命じます。

そこで、帝の使いである多くの士(武士)は、駿河の国にある天に近い山の頂へ赴き、手紙と不死の薬を燃やします。

こうして沢山の士が登り、「士が富む」ことや不死の薬を燃やしたことから、その山は「ふじの山」富士山となった!ということでした。

幾つかある富士山の語源の一つに、かぐや姫も関わっていたのですね。

富士山縁起の話の中にも多く使われているそうです。

かぐや姫は、月へと帰る言って、富士山に登って行き姿を消した!という説もあります。

更には、かぐや姫は浅間大菩薩になったとして女神像に、姫を育てた翁は愛鷹明神に、媼は犬養明神になったと伝えられ、山梨県忍野村の浅間神社に像が祀られているそうです。

富士山の語源、かぐや姫とのつながり、興味深い話を発掘できました。

2018年10月20日 (土)

笑顔で!

平成301020()三島市輿水酒店輿水誠司

 

 沼津経営塾14周年は、今年も吉本芸人さんとのコラボになりましたが、よしもとラクーン劇場の舞台に立つのは5回目になります。

経営塾で杉井さんからもよく言われますが「笑い」を盛り込むことはとても大切だよ、と話があります。

しかし、頭では分かっても、人を笑わせることは簡単ではありません。

それでも、せめて自分が笑顔でいることは、コントロール出来ることだと教わりました。

以前も別のある講演で「魅力ある人は、表情豊かで笑顔も素敵!」というお話しがありました。

そして、「では、笑顔の練習をやってみましょう!」ということになり2人ペアを会場でつくりました。

よく写真を撮る際に「はい、笑って~!カシャ」と、ひとつぐらいは笑顔を作れると思います。

しかし、モデルさんやグラビアアイドルさんの撮影では、何百何千の写真を、全部違う表情、全部違うポーズで撮ります。

しかも1.5秒ごとの間隔で。

その講演では、「せめて10個の違うパターンの笑顔を、ペアの方に見せて下さい。1.5秒間隔で!」ということになりました。

これが、やってみると、結構難しいのです。

私などは、笑顔と言えるのは、最初の三つぐらいで、それ以降は笑顔というより変顔()になってしまいました。

瞬時に違うバリエーションの笑顔をつくることが、いかに難しいかが分かりました。

皆さんも是非練習で、1.5秒間隔の笑顔10パターン、やってみてください、意外と難しいです。

(変顔にならないようにご注意を!)

特に日本人はこういうのが苦手らしいです。

逆に平均的アメリカ人なら100パターンぐらいは出来るだろうということでした。

以前、人の講演は、話の内容より見た目の印象、の記憶の割合の多いと聞きました。

気持ち的に、心の中では笑顔でも、表情にその笑顔が出せていなかったとしたら、チョッともったいない気がします。

皆さんの心の中の笑顔を、豊かに表情で表現できたら、きっと相手の方にも喜んでもらえると思います。

1.5秒間隔の笑顔バリエーション、トライしてみると面白いですよ!

 

 

2018年10月19日 (金)

栗焼酎 三然古酒!

Img_0202_002

平成301019()三島市輿水酒店輿水誠司

 

 丹波の栗を原料に樫樽に漬け込んだ3年古酒の栗焼酎です。

ラベルも風変わりで面白いデザインです。

デザインは芸術作家の綿貫宏介氏によるものです。

「三然古酒」にも意味があります。

(ぜん) 「しかり」~である。

本然(ほんぜん) これ本物である。

陶然(とうぜん) これでうっとりする。

栗然(くりぜん) 栗焼酎そのままである。

という説明が添えられています。

丹波の栗焼酎、オススメの逸品です。

2018年10月18日 (木)

沼津経営塾14周年!

Img_0201_002

平成301018()三島市輿水酒店輿水誠司

 

 小野さんが「沼津経営塾14周年」のチラシを持ってきてくれました。

今年も吉本芸人さんとのコラボで、とても楽しみです。

吉本さんとのコラボは今年で5年目になりますが、私達経営塾メンバーも新喜劇に参加させていただき、笑いを含めたコミュニケーションの大切さを実感しています。

司会を富士彦さんがつとめ、漫才をヌマンズさん、ちゅーりっぷさん、インディアンスさんと連続で観覧できます。

続いて、我ら経営塾メンバーも参加する新喜劇!

そして、締めは杉井先生の面白セミナーです!

盛り沢山のイベントに是非、皆さんご来場ください!

日時 112()19時~21

会費3,000(中高生は半額、小学生以下無料)

場所 沼津ラクーンよしもと劇場

 

2018年10月17日 (水)

寄付!

平成301017()三島市輿水酒店輿水誠司

 

 先日、少額ですが寄付のお金を振り込んできました。

毎年恒例になっていますが、幾つか少額の寄付を継続しています。

以前、日本人の一人当たりの1年の寄付の平均が3,000円と聞いたことがあります。

それに対してアメリカ人の一人あたり平均は13万円と聞き、ビックリしました。

金額の多い少ないを比較する訳ではありませんが、文化の違いがあるのかもしれません。

私も友人の小野さんに誘われて、こうした寄付や募金をするようになりましたが、以前は街頭募金の方がいても、あやしく思って遠ざかったりしていました。

今こうした習慣が身に付き、小野さんや友人に感謝しています。

財布からお金を寄付をするのに、(お金無いし…いくらにしようかな…)と悩みますが()、寄付し終えた後は、すがすがしくて、とっても気持ち良いです。

これからも友人たちと協力したりして、継続していきたいと思います。

2018年10月16日 (火)

アヒージョ!

Img_0199_002

平成301016()三島市輿水酒店輿水誠司

 

焼サバのアヒージョと焼イワシのアヒージョです。

焼サンマのアヒージョはただいま、品切れ中で、申し訳ありません。

アヒージョシリーズは、どれも人気の商品です。

おつまみにもご飯のおかずにも良く合います。

「アヒージョ」とはスペイン語で「小さなニンニク」と言う意味です。

実際には刻みニンニクが入っています。

味の良いアクセントになって、ご飯もお酒もすすむこと、請け合いです!

 

2018年10月15日 (月)

お燗もいいですよ!

平成301015()三島市輿水酒店輿水誠司

 

朝晩をはじめ、一気に涼しくなりましたね。

このぐらいの陽気になってきますと、(そろそろ…お燗も!)

と思う季節になってきました。

日本酒はお燗の温度によっても味が変化して楽しめます。

以前私も、展示会で5度おきのお燗酒を試しましたが、(コレ同じ日本酒か?!)と驚くほど変化があり楽しめました。

さて、温度によるお燗の呼び方です。

30度 日向燗(ひなたかん)

35度 人肌燗(ひとはだかん)

40度 ぬる燗(ぬるかん)

45度 上燗(じょうかん)

50度 熱燗(あつかん)

55度 飛び切り燗(とびきりかん)

つい、熱燗!と一言で済ませていますが、お燗酒には温度によりこれだけ種類がありますね。

一般的には、お燗に向くお酒は主質がドッシリとしたタイプです。

酸味に特徴のある山廃純米酒なども結構、お燗向きでオススメです。

2018年10月14日 (日)

気温1度で!

平成301014()三島市輿水酒店輿水誠司

 

だいぶ涼しい気候になってきました。

今年の夏は暑かったです。

経済研究所が調査しました消費に関する発表で、78月の平均気温が前年より1度上がると、ビールやエアコン、夏物衣料などの夏季商品の支出が2.5%増えるというデータがありました。

キリンビールの調査によれば、夏場だけでなく冬場でも気温が1度上がると、ビール消費が2%増えるという統計があるそうです。

だから暑い方がいいか、というわけでもありません。

暑いと日本酒やワインの消費は下がり、これから涼しくなると、日本酒やワインが上昇してきます。

輿水酒店的には日本酒やワインの美味しく感じるこの季節の方が嬉しいのですけどね!

2018年10月13日 (土)

スクウォッシュ!

平成301013()三島市輿水酒店輿水誠司

 

今月の21日に、三島ではまたハロウィンパレードをはじめ、数々のイベントが各地で計画されています。

仮装パレード、どんな仮装の方がいるのか、今から楽しみです。

さて、ハロウィンといえば、カボチャ。

オレンジ色のカボチャがシンボルマークでもあります。

カボチャを英語で言いますとパンプキン。

このパンプキンはかぼちゃはかぼちゃでもオレンジ色のかぼちゃのみ、パンプキンと呼ぶのであって、普段私達が見慣れている緑色のかぼちゃはパンプキンと呼ばれないのだそうです。

緑のかぼちゃは英語で「スクウォッシュ」というそうです。

日本のかぼちゃも何かアイデア出して人気出てほしいです。

2018年10月12日 (金)

ヒロシゲブルー!

00378

平成301012()三島市輿水酒店輿水誠司

 

 歌川広重の没後160周年だそうで、三島の佐野美術館や東京の太田記念美術館で広重特集をやっていました。

広重の五十三次は有名ですが、中でも沼津の絵が世界的に評価されているというのを先日初めて知りました。

沼津の黄昏図は、金毘羅宮へ向かう猿田彦面を背負った人物を中心に夕暮れ時の沼津宿が描かれています。

広重の絵で評価に挙がるのが、鮮やかなベロ藍(ベルリンブルー)と言われています。

ベロ藍はオランダから輸入された科学顔料で、これまで日本で使われていた植物由来の藍色(インディゴブルー)とは異なり、墨のように薄めれば透き通り、そのまま使えば濃紺となる画期的な絵の具だったそうです。

広重のライバル葛飾北斎がヒット作「富嶽三十六景」の中でこれをしたことから、浮世絵界でベロ藍ブームが巻き起こりました。

広重もベロ藍を作品に取り入れ、しかもモチーフによって濃淡を自由に操る腕前が高く評価され「ヒロシゲブルー」の世界を創り上げたといわれています。

「五十三次 沼津宿」の絵は1833年頃の作で、画面の半分以上を濃紺が占めていますが、空気の密度の濃さ・陰影をベロ藍での色調を変えて描き出している傑作と言われているそうです。

広重は人物の後ろ姿を描くことで、見る者に旅を回想し易くさせています。

月に照らされた明るい夜空や陰影が付いた川はベロ藍で着色され、ブルー美しさが際立っていると評価が高いです。

2018年10月11日 (木)

JALそば!

Img_0198

平成301011()三島市輿水酒店輿水誠司

 

 友人の小野さんから「馬の耳」通信が来ました。

お題は「マジシャンズ・チョイス」と「自分の中に一流を育てる」です。

「マジシャンズ・チョイス」は、トランプでお客さんなどに選ばせる場合など、マジシャンが上手く誘導しているという話です。

この「マジシャンズ・チョイス」は、普段のコミュニケーションでも、もめないための策として、とても有効だと思いました。

ちなみに、今月の「お馬様のお言葉」は、JALそば!でした。

 

2018年10月10日 (水)

ワインの試飲会!

平成301010()三島市輿水酒店輿水誠司

 

 ワインの試飲会に行ってきました。

その中でもシャンパンやスパークリングワインなど、いわゆる「泡モノ」が沢山展示されていて試飲出来ました。

私は「泡モノ」大好きなので、ついつい長めに試飲してしまいました。

幾つか良いものがありましたので、仕入れて、また輿水試飲会などでも出してみたいです。

「泡モノ」は夏の暑い時だけでなく、クリスマスや年末年始の贈答品など、これから年末に向けての売れる季節ですので、品ぞろえしておきたいと思います。

 

2018年10月 9日 (火)

三嶋暦 発売!

平成30109()三島市輿水酒店輿水誠司

 

今年も、あと3ヶ月ですか!早いですね。

そして、来年平成31年の三嶋暦も発売となりました。

三嶋暦の会さんから委託を受けて、輿水酒店で販売させてもらっています。

A4サイズの大が500円、小サイズが300

歴史に名を刻んだ三嶋暦、興味を持つと面白いです。

三嶋暦記念館もご興味ある方、三嶋大社近くにありますので、

お近くにお寄りの際はぜひご見学ください。

伝統の三嶋暦をお楽しみください。

2018年10月 8日 (月)

衝動買い!

平成30108()三島市輿水酒店輿水誠司

 

シカゴ大学の研究で2000人の男女を対象に、金銭管理アプリを通じて200万件の証取取引データを集めた実験が掲載されていました。

具体的には、クリスマスの季節のような衝動買いが増える時期と、何もイベントが無い普段の時期を比較チェックを全員の性格特性データを絡めて比較してみたそうです。

その結果、ある傾向がでました。

 

神経症傾向が低い人(感情が安定している人)は、クリスマス商戦にお金を使う。

逆に神経症傾向が高い人(感情が不安定な人)は、クリスマスほどお金を使わない。

 

開放性が低い人(好奇心がない人)はクリスマス商戦にお金を使う。

逆に開放性が高い人(好奇心がある人)は、クリスマスほどお金を使わない。

 

誠実性が低い人(不真面目な人)は、クリスマス商戦はお金を使わない。

逆に誠実性が高い人(真面目な人)は、クリスマスほどお金を使う。

 

と言う結果が出ました。

感想としては「意外」というか、ほぼ私の予想と真逆でした。

 

好奇心が高い人は、何となく衝動買いしそうに感じますが、日常的に色んな興味をもって買っていて、あえてクリスマスはさほどでは無いのかもしれませんね。

また誠実性は、クリスマス期は「ヒトにプレゼントする!」という誠実さゆえに、消費行動が促進されているのかもしれませんね。

 

こうしてデータでみれる実験は面白いです。

2018年10月 7日 (日)

神無月日本酒 ひやおろし試飲会!

平成30107()三島市輿水酒店輿水誠司

 

 昨日は日本酒の試飲会を行いました。

お天気が心配でしたが、20人以上の方がご来店してくださいました。

お酒は秋のお酒「ひやおろし」がメインでした。

番外編に「にごり酒」を出したのですが、思いのほか、皆さんから好評を得てよかったです。

昨日は一段と話も弾みまして、私自身も楽しい時間を過ごさせていただきました。

また、日本酒だけでなくワインやおつまみ等を沢山お買い上げいただき、誠に感謝申し上げます。

 

2018年10月 6日 (土)

料理との相性!

平成30106()三島市輿水酒店輿水誠司

 

 日本酒と料理の合わせ方の考え方の一つで、日本酒を料理のソースに見立てた相性のことが日本酒の本に掲載されていました。

例えば、

・湯豆腐に対して、乳製品的な風味がクリーミーな印象を与える「特別純米酒」を40°℃程度のお燗にして合わせる。

・大根とニンジンのなますの風味に、華やかさと甘味を加えるように、果実香が華やかな純米大吟醸を合わせる。

・地鶏焼きに、タレをつけ焼したかのように濃いトパーズ色した熟成古酒を合わせる。

・フォワグラに、ハチミツソースを添えるように熟成させた貴醸酒をあわせる。

 

などように日本酒のソース見立ての例がありました。

今度試しにやってみます。

2018年10月 5日 (金)

コイズミさん!

(沼津経営塾ブログ当番と同じ内容になります。)

平成30105()三島市輿水酒店輿水誠司

 

 8月に仕入れ先の担当者から電話があり、9月から担当が変わりますという連絡をいただきました。

儀礼的に挨拶を済ませた後、何気に「次はどちらの方に移動されるのですか」と聞くと、「今月いっぱいで退職し、田舎に帰って働くことになりました。」とのこと。

「えっ…そうですか…。それはそれは…どうも…どうも…。大変お世話になり、ありがとうございました…。」

何気に聞いた質問に、意外な答えが返ってきて驚き、(どう受け答えしたらいいのか…)、とっさに思い浮かばず、何とも締まりのない挨拶で電話をきってしまいました。

特に深いお付き合いがある訳でもなく、取引もそんなに多くない仕入れ先だったこともあり、(まっ、いいか!)と思い、通常の仕事に気持ちを切り替えました。

そしてその日の仕事を終える頃に、何となく退職する彼のことを思い出しました。

彼の印象に残っているのは、担当者として展示会で初めて顔を合わせた時です。

「今度新しく担当するAです。コイズミさん、どうぞ宜しくお願いします。」

()「あのぉ、よく間違えられるのですが…、コシミズと読みます。」()

その後、他愛もない会話を続けていると、Aさんが「昨年のコイズミさんの仕入れのデータでは…」

(また…間違えたな…コイズミって…)と思いながらも、全く悪気が無く、不器用な感じだけど、むしろ人柄は良い感じな人だったので、スルーして会話を続けていました。

その後も、年に1度会うか合わないか、ぐらいのお付き合いでした。

ある時、一度、ワインを調べていて、片っ端から仕入れ先に問い合わせたことがありました。

どの取引先も「それは分かりません。何か分かりましたら連絡しますが、あまり期待しないで下さい。」という旨の答えがほとんどで、その後もそのワインに関しては何の連絡がありませんでした。

唯一Aさんだけが、「調べたのですけど、分かりませんでした。また何かありましら相談してください。」と連絡をくれました。

しかし、私はガッカリした感情を、つい、出してしまい、「そうですか、仕方ないですね…」と、調べてくれたことに対して、ロクにお礼も言わず、横柄な失礼な態度をしてしまった記憶があります。

その後もたまにお会いする機会がありましたが、彼は不器用な話しぶりで会話もあまりうまくなく、真面目で人柄の良い性格は伝わるのですが、二言三言、ご挨拶する程度のお付き合いでした。

よ~く考えてみると、不器用なところや、そそっかしい処など、(私と似ている部分があるなぁ)と思いました。

退職すると聞いて、何となく寂しくもあり、もっと会話をしとけば良かったなぁ、と思っても後の祭りでした。

思うところがあって、次の日、Aさんに電話をして

「Aさん、以前、ワインを調べてもらった時、私、失礼な態度をして申し訳なかったです。あの時、親切に対応してくれて、本当にありがとうございました。その時のことを思い出して、お礼が言いたくて電話しました。Aさんは誠実な方だから、もっと話しとけばよかったです…。新しい就職先でも頑張ってください。」

Aさんも喜んでくれて、また「次の担当のBのこと、どうぞ宜しくお願いします。」と退職するにも関わらず、最後まで誠実に対応してくれました。

私も、胸の奥の、何となく…つっかえていたモノが取り外すことが出来た気分になり、思い切って電話をしてよかったと思いました。

私も不器用を言い訳にしていると、せっかくの人との御縁を幾つも逃してしまっていると思いました。

誠実に、親切に、そして積極的に、人とのコミュニケーションを大切にしていきたいと思います。

 

1週間、拙い私のブログにお付き合いくださり、ありがとうございました。

次のブログ当番、高橋さん、お願いして宜しいでしょうか!

 

2018年10月 4日 (木)

秋の日本酒・ひやおろし試飲会!

(沼津経営塾ブログ当番と同じ内容になります。)

平成30104()三島市輿水酒店輿誠司

 

 今週末に、試飲会イベントを催すため、資料等の準備を現在すすめています。

近年輿水酒店では、こうした日本酒やワインの試飲会を主力イベントとして取り入れていまして、今月は日本酒とワインの試飲会を各1回、後は11月のホコテンと12月初めにも催す予定でいます。

日本酒の試飲会については、蔵元さんや日本名門酒会さんも協賛してくれて、試飲用のお酒を幾つか提供してくれてありがたいです。

その代わりに、試飲会でのアンケート結果や傾向などを参考資料として報告したりしています。

輿水酒店としては、試飲会の目的は、「お酒の販売促進」にあるだけでなく、お客さんとの親交を深めることにもあります。

試飲会に来てくれたお客様とは、なるべく一言でも多く話すよう、心がけています。

お客様の方から声をかけてくれたり、質問してくれたりした場合は、それに答えて話していますが、本人に向き合って話すプラス全体にも伝えるつもりで話すようにしています。

特に私の課題としては、ただ話すだけではなく、その場が明るく楽しくなる雰囲気づくりをするつもりで話すことです。

これは、本当に難しい課題なのですが、杉井さんや小野さんの話し方を見習って、少しでもお客様に楽しんで貰うよう、リラックスしてもらうよう心がけていきたいと思います。

今回は、丁度、先日のブログでも書きました日本ソムリエ協会のSAKE DIPLOMA(サケ・ディプロマ)一次試験の話や今度のティスティングの二次試験の話をしようと思っています。

中にはツワモノのお客様で、「その試験を受けてみたい!」という人も出てくるかと思います。

週末のお天気が少し心配ですが、参加してくれるお客様に喜んでもらえるよう、しっかりと準備をしたいと思います。

 

2018年10月 3日 (水)

沼津経営塾14周年に向けて!

(沼津経営塾ブログ当番と同じ内容になります。)

平成30103()三島市輿水酒店輿水誠司

 

 いよいよ沼津経営塾の周年事業も、あと一ヶ月に迫りました。

あの13周年から、もう1年が経つのかと思うと時の流れを早く感じます。

しかし、思い起こせば一年一年様々な出来事が記憶として思い浮かびますし、自分なりに積み上げてカタチにできたものもあります。

そう考えていくと、14年前のあの沼津経営塾発足当時…、隔世の感があります。

ココからは私の勝手な私感ですが、沼津経営塾は異業種交流会や他の会と比べると、とても個性がある会に感じました。

そこには杉井さんのリーダーシップや小野さんのソフト感が大きく反映されていたと思うのです。

会社経営ですからもちろん利益を求めていくわけですが、沼津経営塾では決算書の数字の利益の他にも、理念を掲げ実践することの社会的価値や、そもそも人としてどうあるべきか、という人生観を含めた人の価値を教えていただいたと私は思っています。

その象徴がトイレ掃除だったり募金活動でした。

掃除も募金も続けることで得たものは大きいです。

当初、掃除も募金も見た目を気にして躊躇することがありました。

しかし、掃除をやっているとキレイにすることに夢中になりますし、募金をしてくれる人への感謝の気持ちが湧いてきました。

あまり難しく考えず、自分の視野に入ってきたものに対して、素直に親切に接したり、お役に立とうと行動することで、相手も自分も幸せな気持ちになれるのだなぁと気づきました。

自分の価値は自分だけのものではなく、人や社会に良い影響を与えられる大人でありたいと思います。

14周年では、皆に幸せを与えられるよう、存分に沼津経営塾の価値、発揮したいと思います。

どうぞよろしくお願いします。

 

2018年10月 2日 (火)

お互いに!

(沼津経営塾ブログ当番と同じ内容になります。)

平成30102()三島市輿水酒店輿水誠司

 

 9月に東京で研修会があり、同業者の方達と話す機会がありました。

情報交換やアイデア発表などがあり、とても勉強になりました。

今やコンビニやドラッグストアでもお酒を販売するように、お酒の販売店件数は毎年増加しています。

それなのに、国内のアルコールの消費量(販売量)は減少しているのです。

つまり、需要と供給のバランスが合ってないので、既存の酒店が減るのは当然と言えます。

そうした現状の中でも、活動的な方々が多く、工夫をされていますし、努力もされていて、とても刺激をいただきました。

参加して思ったことは、既成概念にとらわれていない発想だと思いました。

元々お酒のギフトが多かったお店が、お酒以外のギフトに力をいれて成功したお店だったり、飲食店併設にしてところ、夜間より日中の飲食の方が利益を生むため、お酒部門を縮小したお店もありました。

輿水酒店は、定期的な試飲会イベントと、メッセージ木箱、名前のポエムボードなどを発表させてもらいました。

中でもメッセージ木箱と名前のポエムの独創性を評価してもらいました。

すると、休憩時間に、参加者の一人の方が来て、「詳しく教えてください」と言うので、写真の資料を見せながら説明していると、更に6人の方が興味持って寄ってきて、一緒に話に参加してくれました。

皆が(これは面白い!)とか、(オリジナリティある!)とか言ってくれるので、私の方も嬉しくなってきて、テンション上がりながら説明をしていました。

更にありがたかったのは、私の説明を聞きながら、皆が「コレ付け加えると更に面白いよ!」とか、「このパターンはどう?」とか、新しいアイデアや意見を言ってくれるのです。

先日、早速そのアイデアを使って、名前のポエムボード販売したところ、大変好評でした。

一人で考えていると、どうしても考えが片寄ってしまいがちですが、多くの方のご意見をきくことで、アイデア豊富になりますし、良い意味でバランスもとれるし、とにかく発想が自由で広がりを感じました。

こうした切磋琢磨できる仲間をつくることは大事ですし、私も人に与えられるよう、努力していきたいと思いました。

 

2018年10月 1日 (月)

10月1日は日本酒の日!

 (沼津経営塾ブログ当番と同じ内容になります。)

平成30101()三島市輿水酒店輿水誠司

 

 台風の影響いかがですか、皆様のお住まいや会社、大丈夫でしたでしょうか。

 

今日、101日はタイトルの通り、「日本酒の日」と定められています。

由来は、10月は新米が出て新酒の酒造りの季節であることと、十二支の干支の酉(とり)10月にあたり、酉という漢字が酒や酒壺を意味していたことが理由です。

 

さて、その日本酒に関してなのですが、4月ぐらいから地味にコツコツと勉強をしてきました。

実は8月末に、日本ソムリエ協会のSAKE DIPLOMA(サケ・ディプロマ)という資格の一次試験(筆記)があったのです。

一次で受験者の半数以上が振い落されたのですが、私、何とかギリで一次突破しました。

でもまだ難関の二次試験(ティスティングと論述)があり、今月受験します。

二次試験では4種類の日本酒と、2種類の焼酎のティスティング、そして論述問題が一問出ます。

ティスティングでは、日本酒の香りの表現を「果物」や「花」や「植物」等で表現し、味は「甘み」、「酸味」、「苦味」、「バランス」の程度をマークシートで選びます。

更には、原料のお米の種類を聞かれる問題が昨年出ました。

炊きあがったご飯を食べても「ナニ米?」か分からない私にとって、原料米を加工してお酒になった状態から、「ナニ米?」か推測して当てるのは、至難の業です。

自分から言い出すのも、何ですが…、

私にとっては中々てごわい試験です。

なので、不合格だったとしても、指差して笑い者にするのは止めて下さいネ!

当否のほどは、分かりませんし、自信も無いのですが、この受験に依って、私が既に得たものが三つはあると思いました。

一つは、「習慣」です。

ソムリエ試験の時もそうだったのですが、対象となる範囲が広く、勉強することも時間を設ける事も根気が要りました。

その中で、計画やスケジュールも含めて、地道にコツコツ積み上げることが出来ました。

二つ目は、「知識」です。

仕事において日本酒の知識は最低限ありましたが、更に掘り下げて学べたことは、今後大いに仕事に役立つと思いました。

お客様にオススメする際の説明も、色々な角度からバリエーションが繰り出せそうに思います。

また、試飲会や日本酒セミナーなどのネタとして、使える引き出しが増えました。

そして三つ目は「自信」です。

毎年、歳を重ねるごとに、どうしても保守的になりますし、意欲や気力も体力も衰えがちですし、挑戦する機会が減ってきていました。

今回、結果は別にしても、ある程度行動を起こせたことは、(まだやれる!)という自信になりました。

そして、考えようによっては、チャレンジは幸せだと思いました。

例えば、難しいクイズに挑戦した場合、答えは分からなかったとしても、アレコレ考えを巡らしたりするのは、自分の気持ちひとつで、楽しむこともできます。

お酒を舌で転がして、「原料のお米は、○〇米!」と当てるのは手品にも匹敵しませんかネ?

あまり難しく考えず、「特技が一つ増えることにチャレンジ!」と考えると楽しいです。

 

« 2018年9月 | トップページ | 2018年11月 »