フォト
無料ブログはココログ

輿水酒店ホームページ

« サビ抜き鉄火巻! | トップページ | お稲荷さん! »

2019年4月20日 (土)

お刺身!


平成31年4月20日(土)三島市輿水酒店輿水誠司

 武家が台頭してきました室町時代から「お刺身」という言葉が使われるようになったそうです。
それは魚の切り身を「切る」イコール「切腹」が連想され、縁起が悪いとして「刺身」と呼ぶようになったそうです。
また関西では「お造り」「つくり身」などと呼ばれています。
同じ様に武士の切腹を連想させるものを嫌うケースは他にもあります。
関東地方ではウナギの腹開きを嫌って背開きするほか、鏡開きでは刃物で切らずに、手や木槌で行うのが習慣になったといわれています。

« サビ抜き鉄火巻! | トップページ | お稲荷さん! »

コメント

お疲れ様です。
うちでも、お刺身です。
アニメ火垂るの墓では、お造りと言っていましたね。
関東と関西では、違うところがあります。
面白いですね。

おばちゃんさんありがとうございます。
狭い日本でも、地方により呼び方さまざまですね。
似た名前ならまだしも、全く違った呼び名に驚きます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« サビ抜き鉄火巻! | トップページ | お稲荷さん! »