フォト
無料ブログはココログ

輿水酒店ホームページ

« 砂時計ルール! | トップページ | Fukushima50! »

2020年3月15日 (日)

立春イベント!


(沼津経営塾ブログ当番と同じ内容になります。)
令和2年3月15日(日)三島市輿水酒店輿水誠司

 2月に立春に合わせた「立春朝搾り」のイベントを行いました。
輿水酒店にとって年初の大きなイベントです。
コロナの影響はまだ少ない頃でしたが、昨年の消費税増税や値上げにより、売上への影響も感じている次第でしたので、このイベントで勢いをつけようと気持ちも入りました。

「立春朝搾り」は、「酒屋」、「酒蔵」、「日本名門酒会」の協力企画で、毎年「立春の日」に日本全国37都道府県44蔵元、1083酒店が参加しました。
その日は早朝3時半に三島を出発し、島田の酒蔵に集合。
お酒のラベル貼り、箱詰めをお手伝いします。
「立春の日」の早朝一番に搾った縁起の良いお酒を、神社で奉納、お祓い、「無病息災」「商売繁盛」「立春大吉」等、公式参拝します。
そのお酒をトラックに積み込み、三島のお店に戻って販売しました。

お陰様で、「立春朝搾り」は早々に完売しまして、今現在は、4月に発売の姉妹品「かちこし!」のお酒の予約を受け付けております。

今でこそ、一大イベントになりましたが、最初は細々と始まり、毎年少しずつ積み重ねて徐々に大きなイベントになってきた感があります。

もう20年前になりますが、当時は私もサラリーマンから転身したばかりで、(どう、酒屋を経営していったらいいのか?)わからず、「日本名門酒会」さんの門をたたき、最初に参加させてもらったのがこの立春イベントでした。
「チラシを作ったり」、「お酒の説明を口コミで営業したり」、「予約販売の名簿を作ったり」、などなど、作業の一つ一つが仕事を覚えるのにつながり、基礎のイロハを学べたと思っています。

ただ、歳を重ねてくると初心も薄れ、段々とこうしたイベントが面倒になってくることがあります。
イベントをやるには、準備から後片付けまで、普段の仕事より遥かに手間暇がかかります。
立春イベントに限らず、ホコテンやお祭りの出店など、(止めたら楽になるなぁ…)という怠け心も湧いてきます。

でも、(注文してくださるお客様がいる!)、そして(継続してきたからこそ効果があった)のも事実ですし、まだまだ工夫の余地は考えれば、沢山のアイデアがあります。

これから「立春朝搾り」レポートを日本名門酒会に提出することになっていますので、反省も含めて、今後の展開やアイデアを捻出していきたいと思います。

とりあえず、年初のイベントを無事終え、ホッとしました。

« 砂時計ルール! | トップページ | Fukushima50! »

コメント

おはようございます。
早朝よりの作業ありがとうござます。
お陰様でご利益だけ頂いています(笑)
縁起物は、日本人の好きなことです。
初物も、皆さま喜んで求めます。
良いイベントだと思います。
「かちこし」も1本予約お願いします。
4/5でしたっけ?

おばちゃんさんありがとうございます。
こうして続けられるのも、お客様あってのことです。
感謝の気持ちを伝えていきたいと思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 砂時計ルール! | トップページ | Fukushima50! »