フォト
無料ブログはココログ

輿水酒店ホームページ

« 三寒四温! | トップページ | 蛍の光とスコッチ! »

2020年3月25日 (水)

鯛の尾頭付き!


令和2年3月25日(水)三島市輿水酒店輿水誠司

お祝いに「鯛の尾頭付き」という文化が日本にはあります。
七福神のエビス様は釣り竿で鯛を釣り上げてますし、お祝い事に鯛の尾頭付き、など日本では鯛は馴染みの深いお魚ですが、日本以外ではあまり人気のない魚だそうです。
その鯛もこの2月から4月が旬の肴になります。
縄文時代の出土で鯛の骨が出たことから日本列島では古代より食べられていたことが分かりました。
江戸時代になると徳川将軍家への献上するリストにも鯛がありました。
当時は冷凍や冷蔵技術が無いので干し鯛だったり更には船で生け簀ごと運搬したりもしていたそうです。
鯛はそれだけ徳川家に好まれていたのですかね。
ただ、徳川家康が亡くなった原因が鯛の天ぷらによる食中毒ということですから、あんまり縁起良くない様な気もしますが…、その後も徳川家から鯛は好かれ、1762年の宝暦武鑑によれば88人の大名が徳川将軍に干鯛を献上している記録があるそうです。
ちなみに家康公亡き後、こうして鯛はその後も生き延びましたが、江戸城内での天ぷらは禁忌となったそうです。


« 三寒四温! | トップページ | 蛍の光とスコッチ! »

コメント

お疲れ様です。
鯛の尾頭付き、御頭付きだとばかり思っていました!
尾っぽの尾と頭つで尾頭付きなんですねー!
鯛も種類があって、真鯛 ちだい、連子鯛などは店頭に並んでいます。
鯛の塩焼きやお刺身美味しいですね。
今の時期、真鯛は 桜鯛と呼ぶそうです。
旬ですね。

おばちゃんさんありがとうございます。
鯛も種類が沢山ありますね。
味も値段も色々あります。
違いがよく分からず、私は食べてます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 三寒四温! | トップページ | 蛍の光とスコッチ! »