フォト
無料ブログはココログ

輿水酒店ホームページ

« 立春イベント! | トップページ | Hop Step かちこし! »

2020年3月16日 (月)

Fukushima50!


(沼津経営塾ブログ当番と同じ内容になります。)
令和2年3月16日(月)三島市輿水酒店輿水誠司

 福島原発事故、現場に最後まで残り続けた名もなき人たちを、海外メディアはFukushima50(フクシマ・フィフティ)」と呼んだ。

先週、東日本大震災の福島原発事故を題材にした映画「Fukushima50」を鑑賞してきました。
この映画の原作にあたる作家門田隆将の「死の淵を見た男」を読み、とても感動したので、是非映画も観たいと思い、コロナ騒動のさ中ですが、対コロナ防備をして鑑賞してきました。
奇しくもあの日と同じ3月11日でした。

2011年3月11日 マグニチュード9.0 最大深度7の巨大地震が東日本に発生。
想定外の大津波が福島原発に襲いかかり、浸水により全電源喪失、原子炉を冷やせず、このままでは想像を絶する大被害をもたらすという状況に陥ります。
現場を指揮する吉田所長は、最悪の事態を避けようと、果敢な判断と適切な指示で周囲の人々を鼓舞します。
一方、パニック化する東電本店や官邸サイド、妨害と言われかねないマスコミ。
現場の奮闘むなしく事態は悪化、そして近隣地域に避難勧告がなされます。
残された方法はベントという手段。電源が喪失されているため、作業員が体ひとつで突入し、放射線量と時間を気にしながら手作業を強いられます。
その命懸けの現場を実話をもとに、忠実に再現したのがこの映画です。

映画を観て思ったことは幾つかあります。
まず、原発の危険性をあらためて感じました。
何重の安全対策を施したとしても、計算外一つで起こる事故、その被害の甚大さはとてつもなく大きく、将来にわたって何十年何百年にわたります。
将来、出来れば原発を無くしていきたいというのが率直な思いです。
次にリスクマネジメントです。
現場と東電幹部、首相官邸のコミュニケーションがちぐはぐで、混乱を招いことです。
地震に限らず、有事の際に日本という国は、迅速に有効な手立てが出来るのだろうか、という不安な思いになりました。
そして三つめは、良い意味での日本人の自己犠牲心です。
いくら責任があるとはいへ、一介のサラリーマンが会社の責任をしょい込んで死を覚悟する作業に、自ら手を挙げて挑むのは並大抵のことではありません。
事故を起こした責任は当然東電にあるとしても、それとは別に、現場の作業員の日本人的自己犠牲心を海外メディアも讃えたからこその、「Fukushima50」という呼び名なのだと思いました。
この現場作業員によるベントが成功していなかったら、被害はもっと甚大で、東京を含む半径250㎞、5000万人が被害対象だったといわれています。
私も今までは、福島原発の現場で働いていた人達に対して、(大変な目に遭われた)という同情心が先に有りましたが、原作を読み映画を観て思ったことは、現場で命懸けで戦った人達によって、我々日本人自身が(助けられた)、(救われたんだ)、という感謝の気持ちの方が大きくなりました。

原発事故の真実を後世に伝え教訓にするためにも、この映画や出来れば原作の「死の淵を見た男」を多くの日本人及び世界の人々にも観てもらいたいと思いました。


« 立春イベント! | トップページ | Hop Step かちこし! »

コメント

おはようございます。
大変な事故て、皆固唾をのんで見守っていたと思います。
一人一人では、どうにも出来ない事。
専門知識が必要です。
現場の方々の心意気、大和魂には敬意を表します。
今なお作業続行中ですが、みなさん首から機器を付けて、ロボットを使ってあたっていらっしゃると思います。
皆んなに知ってほしいですね。

おばちゃんさんありがとうございます。
今も続くこの影響が、いつまで続くのだろうか、と不安になります。
人類の根幹に関わることですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 立春イベント! | トップページ | Hop Step かちこし! »