フォト
無料ブログはココログ

輿水酒店ホームページ

« 月に捧ぐは清き酒! | トップページ | 饗宴! »

2020年5月12日 (火)

開拓精神がウイスキー!


令和2年5月12日(火)三島市輿水酒店輿水誠司

 バーボンウイスキーといえばアメリカのウイスキーです。
バーボンはアメリカに移住したスコットランドやアイルランドの人達が、現地で手軽に手に入るトウモロコシやライ麦を使って蒸留して作ったのが始まりです。
「バーボン」の語源はフランスのブルボン王朝に由来します。
独立戦争のときにアメリカに味方した功績を称え、ブルボンを英語読みしたバーボン郡をケンタッキーにつくったのでした。
その地でウイスキーづくりが盛んだったため、いつのまにか「バーボンウイスキー」の名称になったといわれています。
現在バーボンウイスキーは8割がケンタッキー州でつくられています。
しかし、アメリカでつくられるウイスキーが全てバーボンかというと、そうでもありません。
トウモロコシが原料のバーボンウイスキーが80%、残りがライ麦が原料のライ・ウイスキー、これらと他の原料をブレンドしたブレンデッドウイスキーなどがあります。

« 月に捧ぐは清き酒! | トップページ | 饗宴! »

コメント

お疲れ様です。
ペニーレインでバーボンを🎶のバーボンですね。
ウイスキーいい香りです。WHISKYとWHISKEY2種類の綴りがありますね。
Eが無い方が、スコットランド産のスコッチでEがある方がアイルランド産のウイスキーだそうです。

おばちゃんさんありがとうございます。
ウイスキーのスペルのEの有無面白いです。
スコットランド産とアイルランド産の違い、とても勉強になります。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 月に捧ぐは清き酒! | トップページ | 饗宴! »