フォト
無料ブログはココログ

輿水酒店ホームページ

« 三輪明神! | トップページ | ソルティ・ドッグ! »

2020年7月12日 (日)

お酒の奉納!


令和2年7月12日(日)三島市輿水酒店輿水誠司

 神事や仏事の際、お酒を奉納する機会があるかと思います。
古来より、お酒は祭礼や祭事に欠かせないアイテムとして重宝されてきました。
古代の人は、お酒を飲んで「酔う」という現象が、不思議で神がかったようなものと考えていたそうです。
それに加えてお酒の原料となるお米は、神様から賜った作物という考え方がありました。
昔はお米を作る作業も大変でしたし、更にお酒を造るのは難作業で、出来上がったお酒は大変貴重な存在だったのです。
自分達にとって、その大変貴重な物を神様に奉納することで、自分達の願いを叶えて貰おうと祈っていました。
こうしたことが型となり、大事な時やお礼参りの際など、お酒を奉納することになりました。
自分達の大切なものをお供えすることで、神様に喜んでもらったり、認めてもらおうという意味があったのですね。

« 三輪明神! | トップページ | ソルティ・ドッグ! »

コメント

おはようございます。
お酒よく使われていますね。
お寺さんに持って行ったり、上棟式にも備えられます。
お祭りでも使います。
お清めや、お供えなどなど…
神様仏様にちなんだ行事には、ほぼお酒が登場します。
大切な存在なんですね。

おばちゃんさんありがとうございます。
お酒は神事や祭事の儀式の必須アイテムです。
古くから歴史が受け継がれていることは凄いです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 三輪明神! | トップページ | ソルティ・ドッグ! »