フォト
無料ブログはココログ

輿水酒店ホームページ

« 沼津経営塾! | トップページ | ジュニパーベリー! »

2020年7月 4日 (土)

ワインの樽!


令和2年7月4日(土)三島市輿水酒店輿水誠司

 ワインの木樽といいますと、「オーク樽」が一般的に呼ばれています。
オークを日本語に訳すと樫(かし)の木になるのですが、実際にワインの樽に使用されているオークは楢(なら)の木だそうです。
明治の初めごろにオークが樫と訳され、現在に至るまで樫と訳されることが日本では多いのだそうですが、落葉樹の楢の方が近いそうです。
楢にはタンニンなどのポリフェノール成分が独特の香味旨味を引き出してくれる性質があります。

« 沼津経営塾! | トップページ | ジュニパーベリー! »

コメント

おはようございます。
オークは、家具にも使われていますね。
硬い木です。
楢の木の方が加工がしやすいかも。
ワインとの相性が良いんでしょうね。
ワインやウイスキーの古い樽をプランターにしているところもあります。
御殿場のキリンシーグラムで売っていました。
今もあるのかな?
いい色になっていて、味があります。
もちろん、お酒の味も良いんでしょう。
カベルネが大きくなったら、植えたいなぁ…。

おばちゃんさんありがとうございます。
樫だと硬いすですね。
樽の再利用、インテリアとして雑貨屋さんでも見かけます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 沼津経営塾! | トップページ | ジュニパーベリー! »