フォト
無料ブログはココログ

輿水酒店ホームページ

« ワインの樽! | トップページ | 夏詣酒が新聞に! »

2020年7月 5日 (日)

ジュニパーベリー!


令和2年7月5日(日)三島市輿水酒店輿水誠司

 お酒のジンの語源は原料のネズの実(ジュニパーベリー)からきています。
元々はオランダで薬用種として造られていたそうです。
蒸留される際にジュニパーベリーやボタニカルと呼ばれる薬草成分を加えて作るのがジンの大きな特徴です。
ジン独特の口内に広がる香りや鋭い切れ味は、こうした薬草成分の特徴が出ているものと言われています。

« ワインの樽! | トップページ | 夏詣酒が新聞に! »

コメント

お疲れ様です。
ジンってお薬の役目があったのですね。
日本でも、梅酒や薬草をつけたお酒があります。
健康であることが、とても大切なんですね。
お酒は、はじめ薬だったのかも。

おばちゃんさんありがとうございます。
お酒と薬は関係大いにありますね。
百薬の長と呼ばれる所以もあります。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ワインの樽! | トップページ | 夏詣酒が新聞に! »