フォト
無料ブログはココログ

輿水酒店ホームページ

« リモート! | トップページ | 豆腐リセット! »

2020年8月13日 (木)

冷酒の適温!


令和2年8月13日(木)三島市輿水酒店輿水誠司

 夏の日本酒はやっぱり冷酒で飲むことが多いかと思います。
冷酒の分析しますと、ある程度冷やすことでも感覚的な甘味度合いが下がりますので、リンゴ酸の酸味をよりフレッシュに感じるために、冷やして飲む効果があります。
吟醸タイプや生酒タイプがこれにあたります。
適温は吟醸タイプが8度~12度、本醸造、純米、生酒タイプが6度~8度ぐらいがオススメです。
氷の入った容器やグラスを冷やすことで、調整しているお店もありますね。
アルコールの特徴として氷温に近づくにつれ、粘着性が高まりますので、ウオッカを冷凍庫の温度で味わうと同様に一瞬甘く感じるように甘味度合いが増します。
しかし、芳香性は温度が低くなるほど希薄になりますので、氷温では好ましくない点も多いです。

« リモート! | トップページ | 豆腐リセット! »

コメント

お疲れ様です。
暑いです。冷たいものが有難いです。
お酒も、冷酒がいいみたいですね。
なんか、さっぱりいただけりようです。
グラスに注ぐと、シャーベット状になるのもあるらしい。
香りもいいと思います。

おばちゃんさんありがとうございます。
みぞれ酒というのがあります。
人それぞれの好みで、色んな飲み方があるのはとても楽しいです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« リモート! | トップページ | 豆腐リセット! »