フォト
無料ブログはココログ

輿水酒店ホームページ

« 春鹿の純米吟醸ひやおろし、入荷! | トップページ | のれん! »

2020年9月 9日 (水)

赤ちょうちん!


令和2年9月9日(水)三島市輿水酒店輿水誠司

 「赤ちょうちんで一杯やるか!」昭和の頃は飲みに誘う際の決まり文句のひとつでした。
赤ちょうちんと言えば一杯飲み屋や居酒屋の代名詞でもあります。
赤ちょうちんの起源は江戸時代後期と言われています。
それまでは白いちょうちんが一般的でした。
商売のうまくいかない一軒のお店が、目立たせようとちょうちんを赤く塗ったのが最初だそうです。
赤いちょうちんのお店は大繁盛して、それ以来、普及していったのでした。

« 春鹿の純米吟醸ひやおろし、入荷! | トップページ | のれん! »

コメント

おはようございます。
提灯ひとつにも、いわれがあったのですね。
赤札とか、あかのれんとか、赤は安い!の代名詞みたいになっています。
昔から、いろいろ工夫されているのですね。

おばちゃんさんありがとうございます。
赤色は牛も興奮させますものね。
赤が定番なら、逆に他の色の提灯も目立つ?

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 春鹿の純米吟醸ひやおろし、入荷! | トップページ | のれん! »