フォト
無料ブログはココログ

輿水酒店ホームページ

« つまようじ! | トップページ | 心の荒みを無くす! »

2020年9月13日 (日)

盛り塩!


令和2年9月13日(日)三島市輿水酒店輿水誠司

 居酒屋の玄関口などで、お皿の上にお塩が盛られていることがあります。
「盛り塩」と呼ばれ、「縁起担ぎ、厄除け、魔除け」などの意図があります。
由来は諸説あるのですが、古くから伝わる日本の風習といわれています。
塩は海から生まれた生命にとって不可欠のものでもあります。
古来から日本人が海水でみそぎをしたり、葬式後にお塩をまいたり、神棚にお塩を供えたりしたのは、お塩が持つ清浄力や生命力に期待しての事といわれています。
またこうした塩の力は目に見えない存在に対しても効力を発揮すると昔の人は考えていました。
居酒屋の盛り塩には、人や運を招く縁起担ぎの意味が込められています。


« つまようじ! | トップページ | 心の荒みを無くす! »

コメント

お疲れ様です。
お寿司屋さんや、居酒屋さんなどでよく見かけますね。
昔、お店でお客さんが来ないので入り口に塩を盛ったそうです。
すると、牛車の牛が塩をなめにその店に来たとか。
お客さんをまねく盛り塩、それからどの店も始めたそう。
面白いですね。

おばちゃんさんありがとうございます。
牛車のお話、なるほど~です。
そうした面白い逸話、勉強になります。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« つまようじ! | トップページ | 心の荒みを無くす! »