フォト
無料ブログはココログ

輿水酒店ホームページ

« こういう時こそ! | トップページ | 成人式! »

2021年1月 9日 (土)

サイレント インベージョン!

令和3年1月9日(土)三島市輿水酒店輿水誠司


 お正月から読み始めた本です。(読み途中)
「サイレント インベージョン」
~静かなる侵略~
(中国共産党は、オーストラリアを、いかにして操り人形にしたか?)
オーストラリアの大学教授の書、中国共産党によるオーストラリア支配計画実行中を暴いた実名入りの書。
大手出版社からの出版予定が、目に見えない力により2度発売中止になった話題の書。
昨今、チベットやウイグルでは人権侵害が罷り通り、一国二制度が約束されていたはずの香港も、昨年、中国共産党の侵略が勢いづいてます。
かつて、オーストラリアの前首相も前々首相も、最大の貿易相手国である中国を重視する政策の親中派でした。
そんな中2008年、オーストラリア国内で北京オリンピック聖火ランナーが走行中、チベット人権弾圧に抗議する少人数のチベット人とオーストラリア人の平和的デモに、赤い五星紅旗を掲げた数百人の中国人が包囲し、暴力により阻止が行われた事件が起きました。
しかもオーストラリア現地の警察は為すすべもなく無力、それを目撃した教授はとてつもない衝撃を受けたのでした。
疑問を持った教授は、調査を開始すると、驚くべき事実、恐るべき真実を知ることになります。
オーストラリアは移民が多い国家です。
人口2500万人中約100万人が中国人25人に1人が中国人の割合です。
大量の中国人留学生、大量の中国人移民者。
また中国系の富豪が、与野党の政治家や大学に多額の資金を提供したり、ビジネスにおいても買収されまくっている証拠が見つかります。
しかも、政界や経済界への資金提供も巧みに違法ではない方法で、まさに経済力による静かなる侵略です。
そして、経済を重視し過ぎたあまりに、いつの間にか、中国に「NO」と言えない政界経済界に偏り、中国人による工作活動だけでなく、買収されたオーストラリア人よる工作が政界や経済界の中枢にまで浸透してしまいました。
そしてついには、地方港を中国に99年租借を認めてしまいました。
これには、アメリカから防衛戦略上の観点から反発がありました。
そこでようやく、豪州保守派が国家的危機を感じ、ずぶずぶの「親中」から脱しようと、今現在モリソン首相は、舵を逆にきり始めてたのです。
国防力増強のため、米国、日本、英国などと協力する方針を打ち立てました。
しかし、それくらいで諦める中国共産党ではありません。
豪州から大量に輸入していた石炭を止め、肉、農産物、ワインには高い関税で、猛烈な圧力を掛けてきます。
また、買収されたと噂されている政界経済界の要人達が、オーストラリア経済の回復策にと、「再び中国を重視せよ」とモリソン政府に圧力をかけてきます。
かつて、渋沢栄一は「論語と算盤」を説き、道徳と経済の両輪を唱えてきました。
モリソン首相はチャイナマネーに屈服せず、両輪を回すことが出来るでしょうか。
オーストラリアは今現在も、揺れています。
日本もモリソン首相を応援して欲しいです。
中国共産党の侵略はオーストラリアだけではありません。
南モンゴルとパキスタンのバローチスタンは完落ち。
ニュージーランドは既に見えない侵略が成功?
中国移民の多いカナダ、やはりカナダでも中国共産党の影響力が問題視され、「サイレント インベージョン」と類似した本「クロウズ・オブ・ザ・パンダ(パンダの爪)」が発刊されました。
そして我が国日本はどうでしょう?
北海道と沖縄、新潟が心配されています。
中国系リゾート開発企業から資金を受領し警察の事情聴取を受けた議員が何人もいました。
チベット、ウイグル、香港と人権侵害で世界から非難を浴びる中、未だに国賓待遇による主席の来日を模索する勢力があります。
尖閣諸島に日本の漁船は近づけません。


かつて、江沢民時代、李鵬首相は「日本という国は20年後には消えてなくなる」と発言しました。
もちろん中国共産党が侵略し支配するという意味です、彼らは本気です。


中国共産党は脅威ですが、いびつな国家だと思います。
いくら経済力があっても、こういう国家に日本にはなって欲しくありません。
日本にはバランスの良い道徳経営を行う国であって欲しいです。
まさに渋沢栄一の経営哲学、「論語と算盤」を学びたいです。
と、いうわけで、2月から渋沢栄一が主人公のNHK大河ドラマが始まるそうなので、視聴したいと思います!
また、偶然ですが、1月13日(水)三島商工会議所の企画で「渋沢栄一の経営哲学」の講演があります。
「会場で受講」と「リモート受講」で何れも聴講無料です。
※詳細及び申し込みは三島商工会議所ホームページを参照ください。


 


皆様、一週間お付き合いくださり、ありがとうございました!


 


明日から高橋さんがブログ当番、担当してくれます。

« こういう時こそ! | トップページ | 成人式! »

コメント

お疲れ様です。
中国は、大きな国だし少数民族も多くあります。
自国を統一するだけでも大変だと思います。
日本人と考え方も、大きく異なります。
共産国は、言論や行動の自由が無いように思います。
日本がいいです。

おばちゃんさんありがとうございます。

人口2500万人中約100万人が中国人、4人に1人が中国人

とありますが、25人に1人ではないですか?

4人に1人だったら、それは台湾以上ですよ。。。汗

そうですね。
間違えました。
ご指摘ありがとうございます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« こういう時こそ! | トップページ | 成人式! »